世界が、あなたにだけ、いつも塩対応で辛く当たる理由

 

 

やっぱりね、

ゴーヤは苦いのが、

旨いよね!

 

 

 

あ¨ぁ~

苦ぇ~!!

だが、これがたまらんのだよ!

 

 

 

やっぱりね、

男たるもの、

ナッツぐらい、

顎で豪快に、砕きながら、

食べたいよね!

 

男だからね!!

 

 

 

 

あ¨ぁ~

固ぇ~!!

あれ?噛んでたら、

アゴ、なんか変な音する。

まあ、このくらい、大したことないっすわ!!アッハッハッハ笑

 

 

 

 

やっぱりね、

男たるもの、

ときに、ドリアンとか、食っちゃうよね!

やっぱ、男はドリアンっしょ!!

 

 

 

あ¨ぁ~

くっさ!!!

リアルで、ゲロしそうだわ!!

だが、これがまた、たまんないんだよ~!

アッハッハッハ笑

 

 

 

やっぱりね、

男が男を見せるときって言ったら、

レモンの丸かじりっしょ!

爽快っしょ!!

 

 

 

 

あ¨ぁ~

悶絶っすわ!!

すっぱすぎて、

両方のアゴが、狂いそうだわ!!!

だが、俺はね、負けないねぇ!これくらい、男なら楽勝だねぇ!!

 

 

 

 

 

あなたが、

歯を食いしばって、

苦しみながら、

好きなことを我慢しながら、

やりたいことにフタをしながら、

努力して、

身を削って、

頑張って、

 

 

 

 

何かに励んでいると、

いつの日か、やがて、

あなたは、

「努力した成果」

を手に入れる。

 

 

 

 

あなたは、

やっとこさ、

辛い思いをして、

長年頑張ってきた、

「努力の結果」を

手に入れたのだ!

 

 

 

 

わーい

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

 

パチパチパチパチ

8888888

 

 

 

おめでとー!!!

 

 

 

あなたは、

あなたが欲しいものを手に入れた。

 

 

 

 

 

だがしかし・・・

 

 

 

 

 

 

しかし、どうだろう・・・

 

 

 

 

あなたは、

同時に、

〇〇も手にすることになる。

 

 

 

 

 

 

それはつまり、世界が、

「塩対応」ベースの

厳しいものになっていく、

とうこと・・・ゴクリ。

 

 

 

 

 

あなたは、

人からほめられ、

求められ、

お金を得て、

尊敬されて、

認められる。

 

 

 

 

 

だが、同時に、

世界はあなたに厳しくなる。

 

 

 

 

 

 

よし、いいぞ。

もっとやれ!

お前ならできる!!

 

 

 

 

 

はいー!ボス!!

俺はまだ、やれるっす!!

 

 

 

 

 

おーし、頑張れ、もっと頑張れ!

お前ならできる!!

ドリアンを頭で勝ち割って、ナッツを鼻の穴に詰め込んでこそ、男だろー!!

 

 

 

 

 

あなたが、

努力して、

世界に対して、

 

 

 

頑張ろう、頑張ろう、

みんなのためにも、

頑張ろう、

 

 

 

って、

やればやるほど、

成果を出すほど、

あなたは、

みんなから

 

 

 

褒められる。

応援される。

求められる。

尊敬される。

お金をもらえる。

昇給する。

認められる。

 

 

 

 

 

しかし、同時に、

あなたは、

「塩対応」な厳しい成果も

一緒に受け入れなければならない。

 

 

 

 

それはつまり、

頑張りによって発生する、

苦しみ、

つらさ、

痛み、

我慢、

忍耐、

悶絶、

悲しみ、

寂しさ、

恥ずかしさ、

などなど・・・

 

 

 

 

 

だって、

それがあなたが

望んだ世界だから。

 

 

 

 

「頑張って成果を出す」

「やるからには、頑張らないといけない」

 

 

 

このような設定を

あなた自身がしてしまったがために、

あなたの世界は、

頑張りベースな世界に

変わっていった。

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、

あなたが欲しいものを得るためには、

あなたは常に、

「頑張り」を

差し出さなければならい。

 

 

 

 

と思い込んでしまった。

 

 

 

 

 

そうなると、

あなたの周りにも

あなたソックリな

同じく塩対応な人たちが

集まってくる。

 

お前、しっかり頑張れよ?俺を裏切るなよ?

 

 

 

 

 

で、

このような、

お塩な世界を

実はあなた自信が、

好んで選んでいるのさ!

 

 

 

 

って言ったら信じるかい?

 

 

 

 

あなたは、

甘くてチョロくて

スイートで、

愛される世界がある、

 

 

 

としたら、信じるかい?

 

 

 

 

そっちに興味があるかい?

 

 

 

 

 

興味があるなら、

また別の機会に、

それを書こうじゃないか。

 

 

 

 

興味がない場合は、

引き続き、

頑張れ。

(☆゚ω゚)b

 

 

 

じゃそゆことでー

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です