枠を解かしていくこと。自分の枠を見つめること。

 

 

 

〇〇大学を出て〇〇企業に入って、

結婚して子どもは2人つくって、

マイホームを買って、

車は〇〇で、ついでに

高級そうな犬が一匹。

 

 

 

っていうモデルが

幸せだし、誇らしいし、

理想だと思ってる人がいる。

 

 

 

 

アカデミックな学歴はないけれど、

学校なんかより、実社会に出て、

経験を積んで、

たとえば会社とか作って、

普通の人より稼いだり、

偉くなったりする。

 

 

 

そんで、

人が作った幸せのモデルにハマるより

自分の人生を自分のために生きられて幸せだ、

と思っている人もいる。

 

 

 

 

アカデミックな経験も、

社会経験もほぼ無いけれど、

ただ自分が好きなことをやって、

それに夢中になって、そして

自分自身に対する自信が満ち溢れて、

堂々と生きている人がいる

(例えば7歳なのにユーチューブで25億円稼ぐライアン君みたいにね)

 

 

 

 

そんで、今の自分を肯定していて、

それが幸せだって思ってる人がいる。

 

 

 

 

上にあげた3つのほかにも、

自分が幸せだと思う生き方が

たくさんあるのかもしれない。

(うえの3つは、大まかに分けたものにすぎないのかもしれない)

 

 

 

 

そんで、どれが自分にとって幸せか、

って選んで、それを自分の生き方として、

それを肯定できれば、

自分は最高に幸せだ!

ってなるはずだ。

 

 

 

 

なるのかな?

 

 

 

 

その選んだものの中にいると、

幸せになれる。

 

 

 

 

その選んだものの中だけを

見つめていると

幸せは続く。

 

 

 

 

その選んだものの外を決して見てはいけないよ?

見た瞬間、幸せの魔法が

解けてしまうから。

 

 

 

そう、それは幸せの魔法。

もしかしたら、時間制限付きの幸せかもしれない。

もしかしたら、MP制限付きの魔法かもしれない。

 

 

 

 

自分が幸せだと思い込んでいるものだけを見つめることを辞めて、

自分とは違う世界の生き方を見たとき、

幸せの魔法が解けてしまうことがある。

他者との比較が始まったために。

 

 

 

 

あれ、あっちの方が面白しろそうだ。

あれ、あっちの方がよさそうだ。

あれ、あっちの方が幸せそうだ。

 

 

 

 

あれれ、だんだん、

幸せじゃなくなってきた・・・

 

 

 

 

あれれ、もしかして、

今まで幸せだと思っていたものは、

幻想なのかもしれない。

 

 

 

 

本当の幸せはどこ?

 

 

 

 

本当の幸せは、とらわれないこと

 

 

 

 

それはね、例えば、上に挙げた3つ

(あるいはもっとあるかもしれない)

という「3つの枠」にとらわれないこと。

 

 

 

 

 

どれでもいいね。

どれもOKだね。

みんなありだね。

それぞれにイイね。

 

 

 

枠を溶かしてしまうのだ。

 

 

 

いろいろな生き方があり、

いろいろな人がいて、

いろいろな考え方がある。

 

 

 

そのすべてを1つずつ、

意識しなくなり始めたら、

枠が溶け出してくる。

 

 

 

そして、

すべての枠の存在を知ったうえで、

今自分がいる場所も、

今の自分も肯定できたなら、

それってとらわれが無くなったってこと。

 

 

 

 

あるいはね、

すべての枠の存在を知ることも

受け入れることも到底不可能なときは、

今いる自分の場所、

今の自分だけを見つめるのだ。

 

 

 

 

他に気を取られない。

他を気にしない。

自分は自分。

 

 

 

自分の内側だけを見つめ、

その世界を肯定し、

自信をもって生きるのだ。

 

 

 

 

枠を溶かし、すべてを肯定いていく外向きの力と、

自分自身を見つめ、自分の世界に生きていく内向きの力と、

どちらもあって、

どっちをとってもいい。

また、どっちもやってもいい。

 

 

 

 

ただ、常に自分を忘れずにね。

自分を忘れ、他者にとらわれはじめると、

幸せの火が消えてしまう。

 

 

 

だからあなたは、

今のままのあなたでいい。

そのまま堂々と生きていいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です