もう思い切って、私は○○ってことにしてしまおう

 

 

「人は自分が思った通りの人間になる」

(byアール・ナイチンゲール)

 

 

 

ずっと昔から、自分で自分のこと
○○って思っていた。

 

 

そうしたら、いつの間にか、
周りの人間も僕のこと○○って
思うようになった。

 

 

僕はずっと音楽がやりたくて、
ある日から起業して、
時間とお金をつくり、
好きな音楽をするための活動に充てきた。

 

 

でも、いつまでたっても、
自分で自分のこと「音楽家だ」なんて、認めていなかった。

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

僕の心の友 OGR(仮名)は、
僕のやってること、100%全て肯定してくれて、
自分の活動は、いつも全力で応援してくれている。

 

例えるなら、真夏の暑い日でも、全くのノーダメージで
ピンピンと背を伸ばし、笑顔満開で咲き誇るヒマワリのような存在。

 

人脈の広いOGRはいつも僕に
いろいろな人を紹介してくれるとってもやさしいヤツだ。

 

 

 

OGR「おーい、Koichi、これ俺の友達の山田(仮名)だ。」

 

Koichi「はじめまして、どうもKoichiです。」

 

山田「どうも、初めまして、山田です。」
「Koichiさんは、何をしてる人ですか?」

 

(以下K)

 

K「(自信なさげに)ええと、僕は、
音楽が好きで、普段はピアノとか作曲とかやってるんですけど・・・
(´σ’)シドロモドロ・・・」

 

K「実はパソコンが得意で、パソコン使って
いろいろな仕事をしています!」

 

山田「そうなんだー!すごいっすねぇ!じゃあ今度、
パソコン教えてくださいよー!!」

 

こうして、なんか知らんけど、いつの間にか僕は
「パソコン詳しい人」みたいな感じで周りに広まっていった。

 

 

また別のある日、

 

 

OGR「おーい、Koichi、今日は俺の友達の田中(仮名)を紹介すっぞ!」

 

K「おっす!」

 

K「あ、はじめまして、どうもKoichiです。」

 

田中「どうも、初めまして、田中です。」
「Koichiさんは、何をしてる人ですか?」

 

K「(自信なさげに)ええと、僕は、
音楽が好きで、普段はピアノとか作曲とかやってるんですけど・・・
(´σ’)シドロモドロ・・・」

 

K「ええと、本当はインターネットが得意で、パソコンで
輸入とかして生活しています!」

 

田中「マジっすか!すごいっすねぇ。」
「えー、輸入ってことは、英語とか使うんすか?」

 

K  「ええ、わりと、使いますねぇ・・・」

 

田中「そんじゃ、今度英語教えてくださいよー!!」

 

K  「いいですよーハハハァ~・・・」

 

こうして、なんか知らんけど、いつの間にか僕は
「英語できる人」みたいな感じで周りに広まっていった。

 

 

また別のある日、

 

 

OGR「おーい、Koichi、今日は俺の友達の谷ちゃん(仮名)が来てるんだけどさ、
みんなでBBQやるから来なよぉ!」

 

K「押忍!」

 

K「あ、はじめまして、どうもKoichiです。」

 

谷ちゃん「こんにちは、初めまして。」
「Koichiさんは、何をしてる人ですか?」

 

K 「(自信なさげに)ええと、僕は、
音楽が好きで、普段はピアノとか作曲とかやってるんですけど・・・
(´σ’)シドロモドロ・・・」

 

K「いや、本当はインターネットが得意で、パソコンでお金を稼いで、
なんとか、かんとかやっております!」

 

谷ちゃん「マジっすか!すごいっすねぇ。」
「是非、僕にもそういうの教えてくださいよ!!」

 

K  「いいですよーハッハッハァ~」

 

 

こうして僕は、どんどん器用貧乏になっていくのであった。

 

 

 

「人は自分が思った通りの人間になる」

 

 

 

僕が自分で自分のこと「音楽やる人」って認めていないから、
周りも僕のこと、「音楽してる人」て認めてくれない。

 

 

自分には才能ないと思っているから、
自分にはセンスないと思ってるから、
自分なんか、大したことないって思ってるから、
自分で自分に自信が持てないから、

 

 

周りもそれを察知して、
その通りに扱ってくれる。

 

 

本当はそうじゃない。
そんなの本当の自分じゃない。

 

 

自分は○○になりたい。
本当の自分は○○なんだ。

 

 

自分が最初に自分のことを○○って認めない限り、
世界は自分のことを○○って見てくれない。

 

 

だから変わろう。

そう思った。

 

 

ある日、決めた。

 

 

自分をゲームの中の主人公に見立て、
勝手に設定を変えた。

 

 

ゲームの中で、思い通りのキャラクターを
創造していくように・・・思いのままに。

 

 

「自分には根拠はなくても、常に自信がある」という設定にした。
「自分は音楽家だ」という設定にした。
「自分は芸術のセンスがある」という設定にした。
「自分はピアノを弾く人」という設定にした。
「自分は作曲をする人」という設定にした。

 

 

(自信たっぷりに)

 

K「どうも、アタクシ、ピアニストのKoichiです。どうも。」
K「どうも、アタクシ、作曲をたしなんでおります。フォッ、フォッ、フォッ。」

 

 

構わん、言いふらしてやれw

 

 

K「どうも、ワタクシ、音楽家です。どうも、ありがとう。」
K「ええ、アタクシ、どんな曲も書けますでございます。(ドヤッ)」
K 「イエス、アイアム、ピアニスト。サンキュー」

 

 

いいぞ、もっとやれww

 

 

「え!すごい!ステキ!」
「今度、演奏してくださーい♪」

 

K「ええ、いいですよ」

 

K「ん?・・・アレッ。。エェッ!! 」

 

K「あっ、はいぃ、も、もちろんですとも!(汗」

 

(おっしゃぁぁ、なんか知らんけど、依頼キタw)

 

 

今まで、自分のこと過小評価していたけど、
自分のこと、できるやつだって、
自分で自分のことを認めてみた。

 

 

自分は音楽家だなんだって。
そういうことにする。
(とりあえずでいい)

 

 

そしたら、周りも、自分のことを
「あなたは音楽家」って認めてくれる。

 

 

実績がなくてもいい、
実力がなくてもいい、
才能がなくてもいい、
ありのままでいい、

 

 

今の自分を売り込もう。
ええぃ、もう売り込んでしまえ。

 

(そういえば、昔書いた、今のままの自分を売り込むブログ記事はこちら

 

 

最初はお金のことなんか考えなくていい、
めちゃくちゃ熱くなれればいい、
楽しめればいい、
ワクワクできたらそれでいい、

 

 

今の実力で、今のレベルで、
今やれる精いっぱいを見せればいい。

 

 

完璧じゃなくていいし、
へたくそでいいし、
笑われてもいい。

 

 

まずは、一歩踏み出す。

 

 

すると、次の道しるべが、また開かれる。

 

 

だから、自分で自分は最高(supreme)の存在なんだって、
そういうことにした。

 

 

 

1 件のコメント

  1. ピンバック: 自分には才能がないと思っている方へ – 好きなことして生きていこうよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です