ジェダイの教えとは

 

 

このブログでは『心』

をテーマにしたことがたくさん書かれている。

 

 

 

 

 

それなのに、

なかなかテーマに

取り上げられないものがあるね。

 

 

 

 

 

心理学とか、

〇〇テクニックとか、

なんとかメソッドとか、

 

 

 

 

なんつーか、こう、

もっと具体的で、

実践的で、

実生活に役立ちそうなもの!

 

 

 

 

 

例えばさ、

知らない相手と瞬時に親密になって、

相手にYESを言わせる方法とかさ、

 

 

 

『街で出会うAランク女子と出会って10分以内に88%の確率でライン交換する方法』

とか書いたらめっちゃアクセスありそうじゃん、

めっちゃ人が読みたがりそうじゃん、

 

 

 

とか、、

 

 

『初対面の相手に好印象を持たせ15分以内に契約にサインをさせる方法』

とかさ、

飛び込み営業とかでめっちゃ使えそうじゃん?

めっちゃ人集まりそうじゃん?

 

 

 

とか、、、

 

 

 

 

『〇〇するだけでメルマガの開封率が25%あがる目からウロコなテクニック』

とかさ、

めっちゃ喉から手が出るほど欲しいじゃん?

需要あるじゃん?

 

 

 

とか、、、

 

 

 

『男のプライドを傷つけずに懐柔させて24時間ATM化する方法』

とかさ。

めっちゃ食いつきそうじゃん?

めっちゃブログ読まれそうじゃん?

 

 

 

 

みたいなさ。

 

 

 

 

そういう具体的な

○○テクニックを語った方が、

ブログ読まれそうじゃん?

めっちゃ人きそうじゃん?

 

 

 

 

と私も思いますです。

はい。

 

 

 

 

 

がしかし、

なんで心のことたくさん書いているのに、

そんな具体的な内容を書かないのか。

 

 

 

 

 

それはね、

 

 

 

 

なぜなら今はもっと

別のことに興味があるからです。

 

 

 

 

たしかに、そのような

具体的な心理テクニック的なもの

を効果的に使って、

実生活に役立てている人もいる。

 

 

 

 

 

 

Q.あなたの職業を「一見、悪徳に見えてただ〇〇してる風」に説明してください。

A.私の仕事は大衆を騙して操り、お金を巻き上げることです。

 

 

 

というのは冗談で、

たしかにマジシャンとかさ、

こう具体的な心理テクニックを使ってさ、

たくさんの人を幸せにすることもできる。

 

 

 

 

あとは、商売をやっている人たちはこういうの

たくさん知ってるよね?

ジャ〇ネット論法にハマってテレビを見た後に

電話注文をしそうになる、

みたいな。あれすごいね。(良い意味で)

 

 

 

だからね、心に関する

具体的なテクニック

というのは、とても大切なものだね。

 

 

 

 

それに自分だって、

無意識でそれを使っている時だってあるし。

否定をしているつもりはないですよ。

 

 

 

そういうのも大切な要素なのだ。

 

 

 

でもでも、そういうのも大切かもしれないけれど、

自分は今、『心』について、

もっと違う見方でとらえることに

興味があるのです。

 

 

 

 

それはね、

『対自分』的な見方。

 

 

 

 

相手を操ったり、

相手を誘導したり、

相手を動かしたり、

相手を意識すること、

 

 

 

ということよりも、

 

 

 

 

『自分自身の在り方』

これに興味があるのです。

 

 

 

 

 

なんかさ、

こんな風に思うんだよね。

 

 

 

 

相手を自分の思うように動かしたい、

自分の思うとおりに世界の事象をコントロールしたい、

 

 

 

の裏側にさ、

今の自分じゃダメダメだから、

今の自分じゃ愛されないから、

今の自分じゃ満たされないから、

 

 

だから外に働きをかけて、

外の力を利用したい。

外の影響を自分に取り込みたい。

 

 

 

 

っていうのをうっすらと

感じてしまったりするんだ。

 

 

 

 

 

ネットの世界で例えると、

わたしクラアント的な。

自分動かないと世界が動いてくれない的な。

メンドクサイ的な。

 

 

(逆にサーバーサイドになりたいわ。

お星さまになりたいわ。

木の蜜になりたいわ。

みんなが集まる的な。

イージーモード的な。

そっち乙的な。)

 

 

 

 

すなわちね、

外に意識が向いているっていうことはね、

「内側の自分(本来の自分)に自信がない」

と思い込んでいる自分を見つけてしまったような気がしたんだ。

 

 

 

 

すると人は、外に何かを求めるようになるんだ。

 

 

 

外に求めるようになると、

外に依存し始める。

 

 

 

外に依存し始めると、

依存先が危うくなったとき、

心が揺らぐんだ。

 

 

 

そうなると、

自分の思い通りにならない相手が許せないんだ。

自分の思い通りにならない世界が怖いんだ。

 

 

 

あれれ、

もしかしてここにも、

自分の中で

「恐怖OS」が発動してた?

 

 

 

 

って気づいたようなきがしてさ。

 

 

 

あ!でもでも、

マジシャンとかを否定しているわけではなくて!

あれはあれで人を楽しませるために、

わざと知っててそういう技を使っていてさ、

自分の在り方とはまた別の問題なのさ。

 

 

 

 

そうではなくて、

もし自分の在り方、

すなわち言い換えると、

心の奥底にどういう感情をもって

生きているか、という基準で考えたとき、

 

 

 

もし『恐怖』がベースにあって、

それによって動かされていたとしたら、

その恐怖ベースのOS上で、

いろいろな〇〇テクニックを動かしても

上手くいかないし、副作用が出てくることがあるのさ。

 

 

*この〇〇テクニックというのは、

OSの上で動かす、アプリみたいなものだね。

例えるとね。

 

 

心がハッピーで、手品が大好きで、

自分の大好きなことでお客さんを楽しませるマジシャンもいれば、

 

心が恐怖で、常にお金の心配をしていて、

手品でなんとか稼いでいかねば、と思っているマジシャンがいて、

 

 

同じことをしていても結果が違ってくるのさ。

前者にはのちにフォースの風が吹くのだ。

後者には、技を使ったあとに心に副作用が起こるのだ。

 

 

 

 

 

そんでさ、自分はさ、

小手先のテクニックよりも、

自分の在り方を変えることに

とても興味があるのだね。

 

 

 

 

そういうのを自分では勝手に

ジェダイの教えと呼んでいるのだ。

 

 

 

 

そんでね、そのジェダイの教えはね、

心についての考察がね、

とても広大で深くてね、

 

 

 

ときどき心理学とか○○心理テクニックとかと

かぶる時もあるかもしれないけれど、

おそらくどうやら、そういう分野を超え、

もっと広範囲で深い感じがするのだね。

 

 

(この教えの抽象度の高い所へ上っていくほど、

〇〇学とか、なんかそういう枠でくくる行為自体が、

徐々に意味をなさなくなってくる、

そんな風に思えてくるのだね。)

 

 

 

で、なおかつ重要なのは、

自分の心の幸せについての気づきがたくさんあるのだ。

 

 

 

そこが一番重要なミソなのだ。

 

 

 

そういうのは、結局、

具体的な〇〇方法を学ぶ動機なわけでしょ?

 

 

 

結局最後は、みんな

「幸せ」がゴールなわけでしょ?

 

 

 

そんでそれは遠くもないし、

難しくもない。

 

 

 

それはそこにある、

在り方さえ変えれば。

的な。

 

 

 

でも自分、なかなか変われない的な。

毎日、ぐるぐるしちゃう的な。

自分責めちゃう的な。

 

 

 

まあ、時にそんなこともありますがね、

まずは「あり方」という概念を認識できるかどうか、ってこと。

 

 

 

そんでさ、

「あり方」ってさ、

セルフイメージのことなんだと思うけど、

 

 

 

この器をどれだけ広げられるかなあ、

と考えているうちにさ、

気づいちゃったんだよ・・・

 

 

 

 

器が広がれば、

具体的な方法は勝手に手に入るか、

あるいは具体的であればあるほど、

アウトソースできんじゃん、

他力が勝手に入るじゃん、

 

 

 

とうことに、

今までの自分の小さな数々の体験談を経て、

だんだん気づいてきてさ、

「具体的な方法ばかり身に着けるのはいらね」

「いらないもの学ぶ時間モッタイネ」

ってなったのね。

 

 

 

誤解がないように言うと、

「具体的な方法自体がいらない」じゃなくて、

自分にとって本当に大切なものって

たぶん、1つか2つくらいで十分ってこと。

*それ以外のものはお荷物になる可能性がめっちゃ高い。

 

 

 

*そーいえば、それらのことも過去記事に

いくつかまとめて置いたけど、

どの記事だったか忘れてしもた。。。

 

 

 

ま、そういうわけで、

具体的な方法身に着けるより、

自分の在り方を磨きたいな、

常に幸せゾーンにいたいな、

 

 

 

みたいな。

幸せOSをフル稼働させたい的な。

器がデカいとおかず山盛り乙的な。

今日もご飯が上手い的な。

 

 

 

だから自分は

ジェダイの教えなの。

 

 

 

もちろん、

完璧な人間はこの世にはいない。

誰だって具体的な方法はそりゃ使うし、

使うこと自体が悪いことじゃない。

 

 

 

でも、それ以上の

大きなジェダイの力を使っている人たちを見ると、

すごい希望なのだね。

 

 

 

「ああ、手放していいんだ」

「ああ、それ別に学ばなくていいんだ」

「それは自分には必要ない」

「論理武装しなくていい」

「外側を固めなくていい」

「完璧にならなくていい」

「強くなくていい」

「自力で稼ごうとしなくていい」

「戦闘力を上げようとしなくていい」

「頭良くならなくてもいい」

「仕事できるようヤツにならくていい」

「立派に見せなくていい」

「イイ人に見せようとしなていい」

「人望あるように振る舞わなくていい」

「無理に自分以外にならなくていい」

 

 

 

 

削ぎ落していくさきに

本当に必要なもの1つだけ

それだけが残る。

 

 

*この「本当に必要なもの」

っていうのは人それぞれ違うのね。

そんでもって、それはあなただけのモノなのね。

複製できないのね。

 

 

 

 

それに近づくための

ジェダイの教え。

 

 

とても大切なのだ。

 

 

この記事だけ初見で読んだ人は、

「なんのこっちゃ?」

って思うだろうね。

 

 

 

でもこのブログたくさん読んでくれてる人は、

もう僕が言いたいこと分るでしょ?

そっちの世界を知ってる人、

けっこうこのブログに来てるでしょ?

 

 

初見のひとは、

ぜひぜひ、他のブログ記事も読んでみてね。

 

 

 

そんじゃ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です