最後まで好きなことが見つからなかったあなた。ズバリ〇〇不足!

 

 

この記事は、

「好きなことの見つけ方シリーズ」

第3弾の記事として書きました。

 

 

まず初めに、

パート1:

好きなことがわからない本当の理由

こちらの記事

 

 

次にパート2:

それでも好きなことが見つからない*あなたが変わる4つのゲーム

こちらの記事

 

 

の2つの記事を書いてきました。

 

 

 

考え方としては、
パート1、パート2、パート3(当ページ)と
上から順番にすべて繋がっています。

 

 

 

この記事を読む前に、

パート1とパート2の記事を順番に読むと、

理解がより深まりやすくなります。

 

 

 

ということでパート3。

 

 

結局、

最後まで、

どうあがても、

 

 

好きなこと見つからなかったあなたへ

 

 

 

そんなはね、

 

 

 

ズバリ、〇〇不足でしょう!

 

 

 

〇〇を探すヒントは、

パート2の記事に書いてあります。

 

 

 

パート2の記事で書いた

「あなたが変わる4つのゲーム」

 

 

 

これをちゃんと試しているのに、

それでも満たされないあなた。

あるいは、そもそも

このゲームに対して、

やる気が起こらないあなた。

 

 

 

 

あなたにはぜひパート3を読んでいただきたいです。

なぜなら、そんなあなたは、パート2で書いた

「あなたが変わる4つのゲーム」を準備が、

まだできていないのです。

 

 

 

 

パート2で書いたあなたが変わる4つのゲーム。

これは、あなたが、あなた以外の誰かに対して

行うゲームでした。

 

 

 

でも、その4つのゲームを心から

楽しんで実行できるようになるには、準備が必要です。

それにはまず、あなた自身が最初にこのゲームで満たされている必要があります。

 

 

 

 

パート2で書いた「あなたが変わる4つのゲーム」

をしても自分が一向に満たされないあなたは、

このゲームをやる対象を、

「他人」ではなく、「あなた自身」へ

切り替えてください。

 

 

 

 

結論から言うと、

 

 

 

 

パート2のゲームをしても、

好きなこと見つからない、

満たされない、やる気ない、

充実しない、むなしい、

 

 

 

 

そんなあなたは、

 

 

 

 

ズバリ〇〇不足なんです!

 

 

 

 

今まであなたは、

自分自身を必要以上に

厳しくて、自分に我慢ばかりさせて、

自分に辛いことばかりをやらせてきました。

 

 

 

 

それにも関わらず、

あなたは、頑張っている自分自身に対し、

「よくやってるね」とほめたり、

ねぎらったり、

癒したり、

可愛がったりしてこなかったんです。

 

 

 
そんなあなたの心は、

 

 

 

ズバリ〇〇不足!

 

 

 

 

愛情不足!

肯定不足!

ねぎらい不足!

癒し不足!

ほめ不足!

 

 

あなたは、あなたの心に

いろいろな栄養分を与えずに、

ずーっと、

厳しく扱ってきた。

 

 

 
頑張り屋で、

努力家で、

意識高い系で、

見栄っ張りで、

周りを気にしすぎて、

人の目を気にしすぎて、

他人の評価に応えることに優先で、

自分が楽しむことよりも、

点数やお金や名声稼ぎに夢中になって、

 

 

そうやって、

そんなことばかりやって。。。

 

 

 

 

あなたの心ないがしろ。

あなたの心はいつも二の次。

あなたの心は無視される対象。

(そんなことより、頭脳を鍛えなくちゃ!って)

 

 

 

資格取得に夢中、

勉強に夢中、

仕事に夢中、

競争に夢中。。。などなど

 

 

 

そうやって競争するために

頭ばかり鍛えて、

競争するための道具ばかり身に着けようと

必死になって、

 

 

 

そのとき、

あなたの心の声は、

あなたに届いていない。

 

 

 

 

 

あなたの心は、

悲鳴を上げているか、

疲れているか、

グッタリしています。

 

 

 

 

パート2の記事で書いた4つのゲーム

1.「ありがとう」っていうゲーム

2.人にやさしくするゲーム

3.寄付するゲーム

4.奉仕するゲーム

 

 

 

これをやってうまくいかなかったあなたは、

このゲームをやる対象を、

「他人」ではなく「あなた自身」

へ切り替えてみよう。

 

 

「あなたが変わる4つのゲーム」を

他人に対してやる前に、

まず、自分自身に対して行ってください。

 

 

 

 

つまり、パート2で紹介したこのゲームを

パート3では、以下のように行うのです。

 

 

 

 

1.自分に対して「ありがとう」っていうゲーム

2.自分に対して優しくするゲーム

3.自分にご褒美を上げるゲーム

4.自分に対して奉仕するゲーム

 

 

 

あなたはパート3の手順で、

このゲームをやるべきなのかどうか?

 

 

 

 

それはね、もし、あなたが

下記のような考えを

常日頃から持っていたとしたら、

あなたは、やったほうがいいかもしれない。

 

 

 

「今の自分はまだまだ」

「結果を出さないと」

「尽くさないと」

「もっと頑張らないと」

「これくらいできないとみっともない」

「今頑張らないと、将来困る」

「〇〇するべき。」

 

 

 

などなど。

 

 

こういうのが口癖で、

こういう世界観が常識だと思っているあなた。

 

 

 

そんなあなたは

何にもしていない自分を、

「いつもありがとう」

って言って労わってください。

 

 

 

 

結果を出していない自分に対しても、

やさしくしてあげて、

認めてあげてください。

 

 

 

 

頑張ってないときでも、

自分に対してご褒美を上げてください。

 

 

 

人のため、世間体のため、親のため、〇〇のために・・・

 

 

 

その前に!

 

 

 

まずは、

あなたの心が欲していること、

その時したいこと、

やりたいこと、

行きたい場所、

食べたいもの、

心躍るもの、

 

 

 

あなた自身の心が欲しているものを

第一優先にして、

奉仕してあげてください。

 

 

 

 

最後の最後まで好きなこと

見つからないあなたは、

もう一度、パート1パート2

そして当記事「パート3」を

順番に読んでみてください。

 

 

 

すべてつながっていて、

そして水の流れのように、

電気の流れのように、

すべて順番通りに、感情の流れが流れます。

 

 

順番通りに行うのです。

 

 

 

順番を間違えると、

機械と同じように、

心の仕組みもうまく作動しません。

 

 

 

自分を満たされて、

自分に余裕が生まれるからこそ、

他人に対して思いやれる余裕が生まれたり、

好奇心やワクワクを見つけ、自分の好きなことへ

発展させていくことができるのです。

 

 

 

 

 

本当に大切なことは、

他人の評価を気にしたり、

世間体に合わせたり、

人の基準で競争することではありません。

 

 

 

 

あなた自身が、ずっと幸せの状態を保ったまま、

心も体も健康なまま日々を過ごすことです。

 

 

 

 

といういことで、

最後の最後まで、好きなことが見つからないあなたは、

これらの4つのゲームを、あなた自身に向けて、

ぜひやってみてください。

 

 

 

4つのゲームが何のことか、

まだよくわかっていないあなたは、

パート2をちゃんど読んできてくだされ。

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

パート3(当記事)をちゃんと実践して試して、

それでも解決しないというあなたは、

パート4がありますので、

ぜひ、それを読んでみてくだされ。

 

 

 

心の問題は何層にも分かれいて、

パート2で大丈夫な人もいれば、

パート3で大丈夫な人がもいる。

あるいは、

パート4まで読まないといけないともいるでございます。

 

 

 

心の問題は、理解と

実践と、その順番が

とても大切なのです。

 

 

 

パート2はこちら↓

「それでも好きなことが見つからない*あなたが変わる4つのゲーム」

 

パート4はこちら↓

「好きなことの見つけ方4「〇〇を辞める」

5 件のコメント

  1. ピンバック: 働かずに好きなことしていきたい人向けの超ひも理論入門 – 好きなことして生きる

  2. ピンバック: それでも好きなことが見つからない*あなたが変わる4つのゲーム – 好きなことして生きる

  3. ピンバック: 稼ぐ生き方もらう生き方 – 好きなことして生きる

  4. ピンバック: 実はあなたはすでに好きなことをしている(Everybody love somebody) – 好きなことして生きる

  5. ピンバック: 好きなことの見つけ方4「〇〇を辞める」 – 好きなことして生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です