好奇心と喜びを持つだけで、結局は努力して知識身に着けるの同じ効果なのだよ

 

 

 

白い鳥

「ヤマーダ まーだまだ安いんだ~♪

ヤマダの安さは ハンパじゃないよ~♪

デンデンデンキは・・・」

 

 

 

 

白い鳥

「あっ!」

 

 

 

 

アーケード街にあるUFOキャッチャー。

 

 

 

白い鳥

「カワイイ鳥さんのみいぐるみだ!」

 

 

 

白い鳥

「めっちゃほしい!!」

「特にあの一番上のやつ、めっちゃ、カワイイ!!」

 

 

 

ぬ~ん

UFOキャッチャーの中にある一番かわいいヒヨコ

 

 

 

 

 

白い鳥

「よーし!今から君を取ってあげるね!」

 

 

 

 

 

ウィイイイイン

 

 

 

白い鳥

「・・・(真剣)」

 

 

 

 

白い鳥

「お、キタキタキタ。ポジション最高!」

 

 

 

 

白い鳥

「よし!つかんだぞ!」

 

 

 

白い鳥

「いけいけー!ひっぱれー!引っこ抜け~!」

 

 

 

ぐぐぐぐ・・・

 

 

 

 

 

うぬぬぬ・・・

 

 

 

 

ふもふふふ・・・

 

 

 

 

 

抜けた!(すぽっ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い鳥

「・・・」

 

 

 

UFOキャッチャーのキモいぬいぐるみ

「うう~ん、実に7年ぶり。久しぶりの地上だ。」

「私を召喚したのは誰だ?」

 

 

白い鳥

 

 

 

UFOキャッチャーのキモいぬいぐるみ

「さあ、召喚者よ!これから私を大切にしたまえ!」

 

 

 

 

白い鳥

「このまま、そっと帰ろう・・・」

 

 

 

あなたが知っていることは氷山の一角

 

 

あなたが知っていること、

あなたが見てきたこと、

あなたが当たり前と思っていること、

 

 

 

それらは、すべて氷山の一角。

 

 

 

 

なのかもしれない。

 

 

 

 

あなたの中にある常識は、

この世界のありのままの姿の

ほんの0.02%程度、

なのかもしれない。

 

 

 

 

それを知るには、

たくさん勉強をして、

知識を蓄えればいいのか?

 

 

 

 

うん、それも1つの手かもしれないね。

 

 

 

でも、それは必要がある人はすればいいけれど、

必要ない人は、そんな大変なことをする必要はない。

 

 

 

 

知識を蓄えなくても、

感情が教えてくれる。

 

 

 

 

あなたが怒っているとき、

イラつくとき、

驚いているとき、

受け入れられないでいるとき、

理解しがたいと思うとき、

 

 

 

 

そんなときの感情は、

あなたが、あなたが知っている世界と

あなたが知らない世界の境目にいるときに

起こるんだ。

 

 

 

 

「ありえない!」

「普通はこうするだろ!?」

 

 

 

と思う心の裏側に、

あなたは自分が知ってる世界が正しいんだ、

という思い込みがあり、

 

 

 

あなたの世界を超えた何かに遭遇した時、

あなたは恐怖心を覚え、

あなたの世界が壊されると無意識に思い、

それを必死に守るのだ。

 

 

 

そこに感情が生まれる。

 

 

 

 

でもありのままを見たとき、

そこにはまた別の世界への扉が

隠されていたりするのだ。

 

 

 

 

そっちの世界へ行くには、

喜びや楽しさや好奇心の感情で、ありのままを

受け入れていくことなんだな。

すると、すんなりチョロく、そっちの世界へ行けるんだな。

 

 

 

それを知らない人たちは、

がむしゃらに努力して、本当はしたくないけど、

勉強して、やっとこさ理解しようとするんだ。

(あ、勉強が好き、ワクワクするっていう人はチョロい側の人間だね。そこんとこ勘違いしないでね)

 

 

そこんとこ、よろしく!

 

 

そんじゃ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です