自由と不自由、幸福の関係について中二病が「待ってました!」とばかりに得意気に語るログ

 

 

ふぁっはっはっは

ふぁーっはっはっは(草

ぬわぁっはっはっはぁああ!

 

 

 

(-_☆)

我が名は樹(いつき)

また会ったな!

 

 

 

 

前回の樹(いつき)登場シーンはこちら↓

「抽象度が高い低いの意味を中二病が上から目線で語るログ」

 

 

 

(-_☆)

我は第7宇宙の高次元生命体と

意識的つながりを持つ、

高等種族である、

ということは前回も

説明したとおりだ。

 

 

 

 

(-_☆)

そして、この樹(いつき)

の体は、仮の姿である。

この低次元惑星「地球」

で活動をするための

仮の器(うつわ)

であることは、

もう承知の事実だろう。

 

 

 

 

(-_☆)

この左目の眼帯のことは

触れてはならない禁則事項である。

生命の起源に関する、

重要な事項を解く鍵なのだ。

ということも、すでに前回、

説明済みなはずだ。

 

 

 

 

(-_☆)

そして、前回同様、

あまりうるさくしていると、

私はカーチャン、

いや、樹の母に怒られてしまう。

それだけは絶対に避けなければならない。

だから今宵も、静かに、

話してくれな?

頼むぞ!

 

 

 

 

 

(-_☆)

それじゃいくぞ。

 

 

 

(-_☆)

なに?

自由と不自由、幸福の関係について

教えてほしいだと?

 

 

 

(-_☆)

前回の説明ですでに

分っていると思うが、

私は闇の組織「ダークナイツ」

に追われている身。

 

 

 

(-_☆)

あまり話をしている時間はない。

だが、よかろう。

お前は特別だ!

今回だけ、話してやろう。

 

 

 

 

(-_☆)

まず、自由と不自由の関係についてだが…

 

 

 

(-_☆)

おい!

それは過去ログに書いてあるはずだ!

まずは、この記事を読むがいい↓

 

「『自由』が『不自由』の中にあるから光り輝くのだよ」

 

 

 

 

(-_☆)

前回の記事は、

さしずめパート1だな。

今回の記事は、

パート2「続き」として

読んでもらいたい。

 

 

 

 

(-_☆)

前回の記事で、

自由と不自由の関係性については、

なんとなくわかったはずだ。

そして、今回は、自由と不自由の関係について、

まだ語り切れていないところがあるから、

もう少し詳しく話したいと思う。

そして最後に、自由と幸福についても語りたいと思う。

 

 

 

(-_☆)

まずは、自由と不自由の関係についての

続きだ。

 

 

 

(-_☆)

そもそも、聞きたいのだが、

自由とはいったい、なんだろうか?

 

 

 

 

 

(-_☆)

今宵(こよい)、私を召喚したお前を含め、

我々はみな、「自由」を求めたがる。

時間的にも経済的にも、

自由になりたいと思っている。

 

 

 

(-_☆)

しかし、われわれは、

自由について、

曖昧にしか定義できていないような気がする。

 

 

 

 

(-_☆)

「自由とは何か」を探っていったとき、

「自由とは何か」について考えれば考えるほど、

我々は気づいてしまう。

 

 

 

(-_☆)

我々は、どこまで言っても、

不自由の枠にとらわれていた、

ということを。

 

 

 

(-_☆)

最初の小さな自由を獲得した瞬間、

お前は気づくのだ。

「ああ、たった今、自由になった」

「しかし、たった今、同時に気が付いた。

私はさらなる上の不自由にとらわれている」

 

 

 

(-_☆)

「え?何を言っているかわからないって?」

よかろう、1つ例を出して

説明しよう。

 

 

 

 

(-_☆)

たとえば、お前は、

学生とする。

そして、たった今、

今日のすべての授業が終わり、

お前は解放された。

自由だ。

家に帰れるし、

途中でコンビニにも寄れる。

なんでもできるぞ。

 

 

 

 

(-_☆)

お前は、つい先ほどまで、

「学校」という枠にとらわれていたが、

この瞬間、それから解放された。

 

 

 

(-_☆)

だがしかし、

お前は同時に気が付く。

抽象度を1つ、上にあげてみる。

するとどうだろう。

 

 

 

(-_☆)

抽象度が1つ上にあがった世界で、

また1つ、お前を縛る「枠」

があることに気が付くはずだ。

 

 

(-_☆)

お前を縛る「枠」。

これは言い換えると「不自由」のことだ。

 

 

 

(-_☆)

学校という抽象度の低い枠、

から解放されたお前は、

学校より1つ抽象度の高い「枠」

の世界へ放り出されたわけだ。

 

 

 

(-_☆)

ん?

「抽象度」の意味を忘れてしまっただと?!

おいおい、冗談はよしてくれ。。。

私とお前が最初に出会ったときの夜を

忘れたのか?

その時に、

抽象度の高い低いについて、

夜が明けるまで説明したではないか。

 

 

その時の記事は↓

「抽象度が高い低いの意味を中二病が上から目線で語るログ」

 

 

 

(-_☆)

ということで話を続けるが、

「学校」という枠より、

1つ抽象度の高い枠は何か?

と言えば、、、

 

 

(-_☆)

そうだな。

たとえば、社会だ!

学校を出たお前は、

外に出た瞬間、

道路交通法を守って、

法の通りに安全に道を歩かなければならない。、

交通違反をしてはいけない。

それから「人間関係」も、

「学校内の人間関係」という枠から、

「社会の人間関係」へと切り替わる。

 

 

 

(-_☆)

学校内で通じるコミュニケーションは、

校外では通用しないものも、中にはある。

そして、お前は、

「社会の人間関係」という枠にいる限り、

強制的にその枠の中のルールに沿って、

コミュニケーションを行う。

そうしなければ、生きていけなくなるからな。

 

 

 

(-_☆)

きっと他にもまだまだ、

たくさんの枠(不自由)

があるだろう。

それは各個人で気づいていくものだ。

 

 

 

 

 

(-_☆)

そして、お前がどれだけ、

自由を求めて、

たくさんの枠を破っていったとしても、

かならず不自由の枠が、

自由の上に覆いかぶさっている。

ということに気が付く。

 

 

 

(-_☆)

人に雇われるのが嫌だ。

そう思って独立する。

するとどうだろう、

お前は、満員電車とか、

上司の命令とか、

そういう枠から抜け、

自由になる。

 

 

 

(-_☆)

しかし次に気が付く。

客の要望にこたえなくてはならないし、

売り上げの一部を、

国に納税しなければならない。

せっかく会社という枠を出たのに、

また新たに客とか国家などの枠の存在に気づくのだ。

 

 

 

 

(-_☆)

顧客対応を完全自動化し、

インターネットを使い、

国を超え、合法的に納税を避け、

時間的にも経済的にも自由

になったとしよう。

 

 

 

 

(-_☆)

しかしそこでもまた気づくのだ。

新たなる不自由の枠の存在を。

それはたとえば、肉体とかだ。

 

 

 

 

(-_☆)

ああ、肉体から離れられない。

どれだけ時間とお金を手に入れても、

肉体の制約からは逃れられない。

 

 

 

 

(-_☆)

体はいつまでも健康に保っていないといけない。

 

 

 

 

(-_☆)

そして、健康になっても、

まだまだ、不自由の枠は出てくる。

 

 

 

(-_☆)

ああ、寿命の制約からは逃れられない。

不老不死にならないと、

この制約からは逃れられない。

 

 

 

(-_☆)

本当の自由って何だ?

 

 

 

(-_☆)

たとえばさ、

「あー今から、俺の肉体を

分子レベルまで分割して、

うち38%を冥王星にワープさせて、

残りを地球で変化させて、

なにか新しい生物として生まれ変わりたい。

そして残り38%の冥王星にワープした

俺の細胞を使って、新しい星を作りたい!10個ほど。」

 

 

 

 

(-_☆)

というようなハチャメチャな自由は、

おそらく、

2897年先までいかないと、

実現できないのではないだろうか?

 

 

 

(-_☆)

これでよくわかっただろう。

自由はいつも必ず、

不自由の枠の下に存在している。

 

 

 

(-_☆)

この枠とうのは、

抽象度の高い低いに限らず、

あらゆるレベルで存在する。

 

 

 

 

(-_☆)

だがしかし!

 

 

 

 

 

 

(-_☆)

不自由の枠を超えて、

自由になれる唯一の方法がある。

とすれば、

お前は信じるか?

 

 

 

(-_☆)

ああ、そうだ。

あるのだ。

それが、

これから話す、

「自由と幸福」についての関係性だ。

 

 

 

 

(-_☆)

さあ、今宵もまだ長い。

先へ続けるぞ。

 

 

 

(-_☆)

先ほど話した、

「不自由の枠」の存在に

気が付いてしまったがために、

我々人類はいつまでたっても

「自由」を獲得することはできない、

 

 

 

(-_☆)

そう嘆いているのではないか?

 

 

 

(-_☆)

だがな、安心しろ。

自由は獲得できる。

今この瞬間、

たった一瞬で獲得できる。

 

 

 

(-_☆)

不自由の枠は打ち壊せるのだ。

囚われから解放できるのだ。

 

 

 

 

(-_☆)

それはな、

お前自身が、

「自分は自由である」と

気づくことだ。

 

 

 

 

(-_☆)

どんな環境であれ、

どんな状況であれ、

どれだけ不自由で、

どれだけ縛られていようとも、

お前に「自由でありたい」

と思える意志があれば、

自由になれるのだ。

 

 

 

 

(-_☆)

それは、

どんな環境であれ、

どんな状況であれ、

どれだけ不自由で、

どれだけ縛られていようとも、

今その状況で気が付ける、

たった1つの小さな、

些細な幸福を見つけられた時だ。

 

 

 

 

(-_☆)

たとえば、

出された飯がマズかった。

それは絶望かもしれないが、

小さな望みを見つけるのだ。

 

 

 

(-_☆)

どんなにマズい飯でも、

そうだな、例えば、、、

ああ、栄養分がある。

これを食べたら、

また1日、生き続けられる。

 

 

 

(-_☆)

そういう風に、

小さな幸福を見つけることができる。

 

 

 

(-_☆)

例えば、

ああ、事故に会って、

寝たきりの生活になってしまった。。。

私は不自由だ。

 

 

 

(-_☆)

しかしな、

ああ、まだ、息ができる

ああ、まだ、思考ができる

ああ、まだ、この世の変化を観察し、

楽しむことができる。

 

 

 

(-_☆)

このように

些細な幸福を

見つけていくことができる。

 

 

 

(-_☆)

そう、

つまり、

我々は、

 

「幸福になるという自由」

 

を持っている。

 

 

 

(-_☆)

ここに気づけると、

不自由の枠から解放される。

 

 

 

(-_☆)

なぜならな、

「幸福になる自由」とは、

自由な意思によるものだ。

 

 

 

(-_☆)

そして、お前の意志そのものには、

初めからなんの制約もないのだ。

 

 

(-_☆)

意志だけは自由だ。

お前だけのものだ。

誰も介入することはできない。

 

 

 

(-_☆)

その意思を持ち続けることができるのは、

お前を含めて、我々人間だ。

 

 

 

(-_☆)

そうなんだ。

我々は初めから自由だったんだ!

 

 

 

(-_☆)

ということだ。

 

 

 

(-_☆)

どうだ。

わかったか?

ぬわぁっはっはっはぁああ!

 

 

 

 

J( ‘ー`)し カーチャン

コラ!ゲンゴロウ(本名)!

何時だと思ってるんだい!

いい加減、静かにしなさい!

 

 

 

(-_☆)

カーチャン!

ちょ、ま!

わ、わかってるって汗!

あっちにいっててくれ、焦!

 

 

 

 

(-_☆)

ああ、いかんいかん。

今日はもうこれ以上はマズい。

とうとう、闇の組織

「ダークナイツ」の妨害攻略が、

始まったようだ。。。

 

 

 

(-_☆)

すまんが、今日はここまでにしてくれ。

ああ、もうこんな時間か。

もうじき、夜が明ける。

 

 

 

(前回と同じくだり)

ーーーーーーーー↓

 

 

 

(-_☆)

世界が夜から朝へ変わる瞬間(とき)、

ダーク(闇)からライト(光)へと

変わる瞬間(とき)、

 

 

 

 

(-_☆)

つわものどもが眠り付き、

子どもたちが目を覚まし始める、

暁の刻(あかつきのこく)、

 

そのとき、私は戻ることができる。

第7宇宙の高次元生命体が住む亜空間へ。

 

 

 

(-_☆)

ふふふ

貴様と話ができて楽しかったぞ。

 

 

 

(-_☆)

我が名は樹(いつき)

また私を必要としたとき、

夜と朝が入れ替わる瞬間に、

空へ向かって私の名前を呼ぶがいい。

 

 

(-_☆)

我はいつでも貴様の味方だ。

闇の組織「ダークナイツ」の

妨害工作があろうと、

いつでも駆けつけやる!

 

 

 

(-_☆)

それではさらばだ。

Uoa Atam, Aba, Ras!

 

我ら第7宇宙の

知的高等生命体の言語で行う、

知的な挨拶だ。

 

 

 

それでは俺はいくぞ!

 

 

 

(-_☆)

アディオス!

フハハハハハハ

フーッハハハハハハ!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です