【絶対厳守の秘密ルール】ヴィパッサナー瞑想・・・

 

 

禁断のヴィパッサナー瞑想について、

詳しく説明したいと思います。

 

 

この記事は、

センスを高める方法(上級編の入り口)

の続きです。

 

 

集中状態を作ってパフォーマンス高めたいとか、

潜在意識を書き換えたいとか、

いいアイデア思いつきたいとか、

悩み無用な人生を送りたいとか、

 

 

 

日々、いろいろな欲望があって、

いろいろ調べてたら、

「瞑想」というものに行きつきました。

 

 

 

「瞑想」と一口にいっても、

ものすごい種類があって、

どれも1つ1つ奥が深く、歴史もあるそうです。

 

 

 

それで、瞑想とか、そっち系の世界は

サッパリわからない僕ですが、

分からないなりに調べた結果、

 

 

最終的に「ヴィパッサナー瞑想」

というやつに行きつきました。

 

 

ヴィパッサナー瞑想についての

一般的な意味とか、概要については、

Wikiとかそこらへんのネット上にいくらでも

転がっているので、下のリンクとかからたどって、

各自ご参照ください。

 

 

ヴィパッサナー瞑想とは・・・

 

 

 

僕の記事では、もっと、もっと

もーっと深い部分について

説明します。

 

 

じゃ、続き↓

 

 

 

 

まず、僕が、S.N.ゴエンカ氏が創立・運営している

ヴィパッサナー瞑想センターを選んだ理由。

 

 

 

簡単にまとめると、

 

どうやら、この人が教えているヴィパッサナー瞑想には、

1.宗教色が一切ないこと。

2.この活動の資金はすべて寄付から賄われていること。

3.世界中で実施されていること。

 

 

という3つの需要な要素が全てそろっていたからです。

 

 

この3つの要素がそろっている状態が、

僕がこの瞑想を選んだ決め手となりました。

 

 

 

この3つの要素を、僕なりの解釈でもう少し、

詳しく展開してみると・・・

 

 

1.宗教色がない➡つまり宗教の教義みたいなものがなくて、

2500年続いている瞑想自体を

何も足すことなく、何も付け加えることなく、

「伝統芸能」のごとく、完璧に受け継いていくことが

目的だから。

宗教間の分派で起こる「自分たちの教えが正しい」という思い込みと、

それを広めるための競争が起こらない。

 

2.活動資金はすべて寄付から賄われている➡

これまでに多くの方の支援によって支えられている。

ということは、それだけ多くの人たちから必要とされ愛されているということ。

政治利用した資金集めが目的でもないし、

企業としての営利目的でもない。

100%純粋な寄付によるもの。

 

 

3.世界中で実施されてる➡

つまり、世界中の多くの人々に受け入れられている。

しかも2500年続いている。

この教え自体が、時と場所を超えて普遍的なものとなっている。

 

 

 

そんな感じ。

 

 

 

まあ、その瞑想が正しい、正しくないは、

正直、僕にとってあまり

こだわらない部分です。

 

だって僕自身の目的は、

瞑想することじゃなくて、瞑想を通して

目的とするものを得たい、と思ってるから。

 

 

集中力を高めたいし、

生産性を上げたいし、

悩みを消したい

不安、恐怖を克服したい

 

 

 

とか。

 

 

みたいな個人的かつ現実的な目的のためです。

 

 

 

 

それではヴィパッサナー瞑想のルールについて説明します。

 

 

ルール:

 

1.瞑想は瞑想センターで行われ、その期間は10日間である

2.瞑想期間中は施設内から出ることはできない

(本人の希望による途中退場はあり)

3.瞑想期間中は、菜食のみである

4.瞑想期間中は、他の者たちと一切の会話をしてはならないし、

目を合わせてもいけない。

5.ペンや紙を使用して、できごとの筆記をしてはならない

6.瞑想期間中は、インターネットや携帯電話、パソコンなどの通信機器は使用できないし、外部との連絡も一切禁じられている

7.瞑想期間中は、激しい運動をしてはいけない

 

などなど。

 

 

厳しい戒律があり、2500年前から続いている

伝統的な手法に一切手を加えることなく、

また、一切省くことなく、

厳格にその瞑想法を継承している。

 

 

 

話できないし、ネットも電話もできないから、

これに耐えられない人は、途中で離脱していく。

 

 

菜食に関しては、割と、みんな慣れる。

 

*ちなみに、10日間頑張って修行し、

瞑想センターを出た後に、

俗世界で食べた新鮮な市場の魚定食が

めちゃくちゃ、めちゃくちゃおいしく感じた!

 

 

 

ちなみに、どうしても緊急時や、

体の不調などを訴えるなど、

最低限のコミュニケーションが必要な時は、

施設にいる係の人にだけ、話をすることができる。

 

 

だから、いたって人道的だし、とくべつ危険な施設、

という感じはなかった。

ちなみに、S.N.ゴエンカ氏が創設した系統の

ヴィパッサナー瞑想の施設は世界中にあり、

日本の施設も、もう10年以上も問題なく続いているそうだ。

 

 

 

とはいえ、10日間も仕事を休んで、

このような修行をするには、

それなりに準備がいるかもしれない。

 

 

 

ちなみに、参加していた人たちは、

実にいろいろな職種の人たちだった。

 

 

 

旅人

経営者

コンサルタント

コーチ

会社員

ニート

学生

サーファー

ノマドワーカー

芸能人

その他大勢・・・

 

 

 

実にいろいろな人たちがいた。

 

 

 

 

ちなみに、僕が言ったのは春。

なぜかというと、たまたま4月ある日、

施設の受け入れ人数に空きがあったから。

そんだけ。

 

 

 

でも、施設の人が言っていた。

「春が一番おすすめの時期だよ」

「盆地だから、夏は暑いし、虫、蛇が出るし、

冬はめちゃくちゃ寒い。」

「今は快適に瞑想できるよー」

 

 

 

と言っていた。

なので、僕はラッキーな時期に、

たまたま参加できることになった。

 

 

 

 

もし興味がある人は、

健康面の上でも、あまり体に負担がかからない気候が

続くような日に行くことをお勧めします。

 

 

 

それでは、前置きが長くなりました、

お待ちかねの瞑想体験談。

 

 

 

もう、言葉でうまく説明することができない、

ものすごい体験!

不思議な不思議な感覚器官の世界。

 

 

 

ヴィパッサナー瞑想体験1日目が始まる・・・

 

 

つづく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です