先に出すと入るっぽい【ジェダイの教えシリーズ】

 

 

そーいえば、すっかり忘れとった。

このブログでも同じみ

「ジェダイの教えシリーズ」のことをに関して、

体験談を書こうと思ってたけど、

 

 

 

毎日毎日、忙しかったり、

なんかそれ以外のアイデアとか考えが、

ぶわぁ~って絶えず、あふれ出してきて、

そーゆーのをブログに書きまくってたら、

体験談を書くのをすっかり忘れてしまってたわ

 

 

 

 

今日は「神社ミッション」的なことの

結果について書こうと思います。

 

 

 

 

その前に、神社ミッションとは・・・

人気のない寂れた、ご利益のなさそうな神社に

人知れず、ただ一万円札を奉納するだけの、

一見すると、まったくもって意味のなさそうな、

勿体なさそうな、そんな行為。

 

 

具体的なやり方の動画は★こちら★

 

 

 

 

そんで、この行為をする目的とはなんぞや。

 

 

 

 

ということなのだけれども、

これはつまり、

「与えたら失う」という設定と、

「失ったら死ぬ」という恐怖

2つから解放されるために行うものです。

 

 

(今、軽い口調で分かりやすく説明しましたが、

もしかしたら、厳密にはもっと深い意味があるかもです。)

 

 

 

 

そんでその設定やら、恐怖やらについては、

もう昔のブログ記事で書いたので、詳細については、

こっちを読んでくだされ。

 

 

 

 

 

むかし、実際に、神社ミッションを行ってみたのだけれども、

それ以来、僕の脳みそには、

「お金に関するコマンド」が1つ増えました。

 

ーーーーーー

【お金に関するコマンド一覧】

・稼ぐ

・増やす

・使う

・もらう

・せびる

・ねだる

・寄付する

*ただ与える(←NEW★)

ーーーーーーー

 

 

 

「寄付する」と「ただ与える」

はちょっと似てるけど、違うなって

気づいた。

 

 

 

寄付は「○○のために使う・使ってもらいたい」

っていう思いが入っている。

 

 

たとえば、社会貢献のためとか、

地震災害のためとか。

 

 

 

それとは別に「ただ与える」というのは、

もう、どんな使われ方をしてもいいけど、

あと、使う理由もないけれど、

ただ、与える。無目的にただ、与える。

 

 

 

 

それが神社ミッションで手に入れた、

もう1つのコマンドでした。

 

 

 

 

そんで、実生活で、

ときどき、思い出すように、

それを行っていました。

(癖付けないと忘れてしまう。)

 

 

 

 

この前のブログ記事でちょっと書いたのだけど、

あの日、知らない誰かにお金をあげた。

 

 

 

 

ただあげた。

見返りも何もなく。

 

 

 

 

 

そしたら、その次の日、

電話がかかってきたのだ。

 

 

 

 

 

不動産屋さん

「コーイチさん!家が売れました!」

 

 

 

 

 

 

そうそう、

最近、このブログは、

「心のこと」

「好きなこと」

「ジェダイの教えシリーズ」

的なことを中心に書いているけども、

 

 

 

 

実は昔は、

不動産のことをたくさん書いていたのだよね。

(僕は、モノを安く仕入れて高く売る、ということが得意で、

ときどき古い家を仕入れて高く売るとかもしておりました)

 

 

 

 

 

そんで、今年も、

家が1つ売れたのであった。

 

 

 

 

この家は、周りが新築だらけに開発されて、

古い家はここだけという、

とてもおいしい立地だったので、

前に仕入れていました。

 

 

 

 

 

そして不思議なことに、この家は売りに出して、

たった2週間というマッハ期間で秒で売れたのでした。

(フツーはね、家を売る時は、もっと時間がかかるものなのだ。

売りに出しても数か月~数年というゆっくりな時間がかかったりする)

 

 

 

なんで今、家を売っているのかといと、、

実は大好きな音楽活動に集中しすぎていて、

もう家のことをすっかり忘れていたのです。

もっと前から売ろうと思えばうれたのですが、

もう音楽のこと以外のことを考えるのもめんどくさくて、

不動産の方は、最近までずっと放置していたのでした。

 

 

 

 

 

あの日、どっかの知らない誰かに「金をくれ」って言われて、

「いいよ。ハイ。」つってあげたら、

その次の日、いきなり不動産屋から、電話が来たのでした。

 

 

 

 

神社ミッションの効果なのかどうか、

科学的にはわからんけども、

なんとなく、感覚的に、

こーゆーことが割とあるなという感じはするのです。

 

 

 

 

 

「与えると入る」

この感覚。

 

 

 

 

 

うまく言語化できないのだけれども、

なんか実際に小さいものから大きいものまで、

そーゆー体験があったな、そーいえば、

という感じで、なんか感じるのです。

 

 

 

 

そんで、誤解が無いように言いますと、

僕は(今となっては)もう不動産にそんなに力を入れたいわけではないのです。

このブログのプロフィールにも書いてある通り、

僕は音楽が大好きで、もうずっと音楽に情熱を注いでおります。

 

 

 

昔は「得意なことでお金を稼ぐ」だったですが、

今は「好きなことだけをして、生きていきたい」

という強い思いがあって、

 

 

 

だから、もう、手元にある要らないものを

いろいろと手放しているのです。

 

 

 

もう何年も前にアメブロに不動産の記事を

沢山書き残してあります(興味がある人はリンクより、読んでみてください)

 

 

 

もう、不動産屋さんくらい、家のことを知ってしまい、

今となっては、家を仕入れて高く売るのは、

ほんとうにカンタンに感じます。

 

 

 

がしかし、その自分にとって「得意なことで稼げる」という方法も、

今はもう手放してもいいと思っています。

(手放さないと次へ行けない、と思っています)

 

 

 

 

だって「得意なこと」をすることに時間を使っていたら、

「自分が本当に好きなこと」(音楽)にそそぐ、

時間がどんどん無くなってしまうから・・・

 

 

 

 

だから、手放すために売りました。

そして売れた利益はすべて、

「得意なこと」じゃなくて「好きなこと」(音楽)

に注いでいこうと思っています。

 

 

 

 

ちょっと余談になりましたが、

神社ミッションってほんとうにおもしろいです。

 

 

 

他にも些細なことで、

たくさん経験していたはずなのですが、

今はちょっとまだ思い出せない・・・

(普段から書いておかないとね)

 

 

 

 

 

そして、晴れてこの家を売ることになったのですが、

そのあと、ちょっとした事件が起こります。

 

 

 

先に言うとこの事件は、

結局、無事解決するのですが、

その事件をどうやって解いたかというと、

それは次回へ続く。

 

 

 

 

そんじゃ