2022年 仮想通貨はまだ遅くない?

2022年 仮想通貨はまだ遅くない?

仮想通貨投資をスタートした際に、はじめの悩ましい問題は投資する仮想通貨についてですよね。そこで今回は、初心者におすすめ出来る仮想通貨をご紹介していきたいと思います。

仮想通貨とは?その特徴は?

仮想通貨とは、ブロックチェーンという技術を使用して作られた通貨の総称です。仮想通貨は、国のように特定の誰かが発行しているわけではなく、参加している人たちの間で管理されているのが特徴です。仮想通貨の特徴として以下の点が挙げられます。

  • 国家や銀行など通貨の発行母体を持たない(例外あり)
  • 通貨の価格が大きく変動する
  • プラットフォーム上で使用されることを目的とした通貨が多い

仮想通貨は法定通貨と違い、実物が存在しませんが、デジタル上に保管され金銭的な価値を保有しています。多くの仮想通貨は国家や銀行などの通貨の発行母体を持たず、非中央集権で運営されているのが特徴です。仮想通貨取引所にて毎日取引されているため、価格が大きく変動し、日によって通貨の価値が変わっているものが多いです。

おすすめ仮想通貨銘柄ランキング

ビットコイン(BTC)

まず、おすすめの仮想通貨として挙げられるのが「ビットコイン」です。ビットコインは、一番最初に開発された仮想通貨です。仮想通貨の代名詞的な存在であるビットコインは、未だに仮想通貨で最大の時価総額を誇っています。基本的に仮想通貨取引所ならビットコインを扱っているので、入手のしやすさという観点からも初心者におすすめの仮想通貨となっています。

ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨を指す「アルトコイン」は、ほとんどビットコインの技術を土台に開発されています。

イーサリアム(ETH)

次に、おすすめな仮想通貨として「イーサリアム」が挙げられます。2022年3月時点で、ビットコインに次ぐ価値を持つのがイーサリアムです。アルトコインの代表的な存在で、その大きな特徴は「プラットフォーム」として機能している点です。

イーサリアムのブロックチェーン上では、スマートコントラクトを利用したものが多数構築されています。イーサリアムの価格はイーサリアム単体の価値というよりも、イーサリアムプラットフォーム自体の価値とも言え、大きな可能性を秘めています。

アイオーエスティー(IOST)

アイオーエスティーは、独自のPoB(Proof of Believability)というコンセンサスアルゴリズムを採用した仮想通貨です。アイオーエスティーが採用しているPoBは、ノードの報酬付与に際して「アイオーエスティーの保有量」「SERVI(貢献度)」といった要素を計算します。

PoBを採用することにより、PoWで発生しがちな寡占化を防ぐことが可能になっています。

また、イーサリアムのようにプラットフォームとしての側面を持ち、スマートコントラクトを実装していることから、ブロックチェーン上での開発を行うことが可能です。

最後に

仮想通貨はまだまだ発展途上ではあるものの、大きな可能性を持った通貨が多数存在しています。仮想通貨はそのバリエーションが多く、口座を開設をした後に多様な選択肢の中からきっとあなたが投資したいと思える仮想通貨に出会えるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.