風の時代に突入して1年

風の時代に突入して1年

昨年末に「風の時代」に突入して、もうすぐ1年。2021年もあっという間に年の瀬である。本ブログの読者のみなさんは、この1年をどのように生き抜いてきただろうか。

昨年末ごろの流行情報の1つとして様々なメディアやSNS等で目にした「風の時代」というキーワード。2020年から2021年にかけて、まさに時代が変わり、価値観も大きく変わり始めたところであるが、ここで改めて「風の時代」について触れ、これからの生き方について考えてみたいと思う。

 

風の時代って?

2020年12月22日に木星と土星がみずがめ座で大接近(=グレートコンジャンクション)したことにより、スタートした「風の時代」。西洋占星術では、12星座を4つのエレメントに分けて考えているが、これまでの約200年間 「土」の星座で起きていたグレートコンジャクションが約200年ぶりにみずがめ座、つまり 「風」の星座で起きたことから「風の時代」に突入したのである。

参考:西洋占星術の4つのエレメント

【火】 おひつじ座・しし座・いて座

【水】 かに座・さそり座・うお座

【土】 おうし座・おとめ座・やぎ座

【風】 ふたご座・てんびん座・みずがめ座

 

どんな時代になる?

「風」は、「知性」や「情報」を象徴する。今後は知性やコミュニケーションなど、カタチのないものが意味を持つようになり、「目に見えないモノ」に価値を置く時代になる。「目に見えるモノ」に価値が置かれていた「地の時代」の世界から、より自由で、抽象的な世界への変化は、例えば仮想通貨やキャッシュレスへの移行にも通じるところがありそうだ。

また、想像力や思考力が重要視されたり柔軟性が必要になると言われている、これからの時代。「個の自由」を意識して、自分の好きなことや、やりたいことに対して素直に行動することが大切になっていくだろう。

 

押さえておくべきポイント

「風の時代」には、モノに執着しない生き方や型にはまらない価値観が広まり、自由で多様性に富んだフレキシブルな世の中がやってくる。そんな中で、

 

  • 場所にとらわれない住まい方や働き方
  • ミニマリストな生活、モノへの執着の解放
  • 常識にとらわれず、型にはまらない「自分らしい生き方」
  • 肩書の優劣のないフラットな社会
  • お金の価値観の変化/モノの価値から体験の価値へ

 

など、自分を大切に、人と違うことをする勇気と思い切りのよさがポイントになっていきそうだ。

 

結びに

このような大きな時代の転換期において、僕たちは新型コロナウィルスという、まさに「目に見えない脅威」に直面してきた。日々の生活が一変したことで、時間の使い方や働き方、家族・友人との関係性など自分と向き合う時間を持つ方も増えたことだろう。これまでの古い価値観から、新しい価値観への移行期となっている今、既存の価値観にとらわれることなく、自分が満足できるように生活をアレンジしていくのが時代の特徴だ。ただひたすらに頑張り続けるのはもう終わりにして、風のように軽やかに、自分らしさを加速させよう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *