最弱へ向かうと最強になる帝王学

 

「あなた最弱です」

「あなた超弱いですー」

「あなた弱すぎてお話にならんですーぷぷぷー」

 

 

 

って言われたら、あなたはどう思いますか?

 

 

 

 

ムカつきますか?

悲しくなりますか?

そんなことない!って反発しますか?

 

 

 

 

どうも、日々

最弱を目指している 僕 です。

 

 

 

最弱っていいなー

最弱ってステキですー

最弱ってらくちんですー

 

 

 

だって、

最弱になると最強になれるから

 

 

 

 

例えば、赤ちゃんって、

弱弱しくて、たった一人では

何もできない最弱の状態です。

 

 

 

そう、僕らは最初、

最弱(=最強)の状態から

人生がスタートしました。

 

 

 

 

最弱が何で最強なのかって?

 

 

 

 

だって、赤ちゃんは、

常にVIP待遇です。

 

 

 

ちょっと泣けば、

お父さんもお母さんも駆けつけてくれて、

ご機嫌を取ってくれたり、

ご飯をくれたり、

オムツを替えてくれます。

 

 

 

 

 

赤ちゃんは

「何もできない」存在で

すでに価値があります。

 

 

 

 

金持ちの家の猫は最弱です。

 

 

 

 

空調の整ったくつろげる家、

おいしい缶詰と、カリカリフード。

みんなに可愛がられ、もふもふされ、

 

 

 

ひとたび、

んにゃんずうぇい

ヴぁぁあ¨あ¨あ¨

 

 

 

 

 

 

 

と唸れば、

 

 

「どーちたのー?だいじょうぶでちゅかー」

「ご飯かな?ご機嫌悪いのかな?」

って買主が心配してくれて、

世話を焼いてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もう、その猫、たった一匹では、

野生には戻れません。

一人でネズミの一匹も取れません。

(まぁ取るネコもいるけど・・・)

 

 

飼いならされた猫は

野生の厳しい環境では

そう簡単には生き延びられないのです。

 

 

 

 

だって、最弱だから。

 

 

 

 

でも、みんなから可愛がられ、

VIP待遇され、

おだてられ、

甘やかされ、

 

 

最強な存在でもあるんです。

 

 

 

 

大富豪ゲーム

 

大富豪ゲーム、

一度はやったことあるでしょう?

 

 

トランプの2のカードが

最弱であり、最強です。

(革命がおこると、最弱になる)

 

 

 

それで大富豪ゲームで例えるなら、

多くの平民は、まるで

トランプの5とか6のような感じ。

 

 

 

勉強して、努力して、

仕事頑張って、

何とか上へ上へ登ろうと、

日々がむしゃらに働く。

競争する。

 

 

 

 

そうして、進学したり、

出世したり、

何かを達成したりする。

 

 

 

まるでトランプの5や6が

頑張って、8とか9とかになる感じ。

 

 

 

でも、能力だけで、

頑張りだけで、

10とか11とか12とか

13とか、そういうカードに

登り詰められない。

 

 

 

もともと金持ちとか

もともと才能があるとか、

もともとコネがあるとか、

 

 

 

そういう要素がいるから。

(もちろん、そうじゃない場合もあるけれど)

 

 

 

それは例えると、

農民(5や6のカード)から、

いきなり王様クラスになるより、
貴族から王様クラスになる方が、行きやすい。

 

 

貴族は、コネも、力も財力も、一族の力も、教養もあるから。

 

 

 

だから思うのです。

 

 

 

 

無理じゃね?

 

 

 

 

で、頑張って、

がむしゃらになって、

汗水たらして

 

 

11、12、13のカード!

 

って目指して登り詰めるより、

 

 

 

 

さっさと、へっぽこな自分を認めて、

さっさと降参して、あきらめて、

そんなへっぽこな、

ありのままの自分を愛して、

とっとと2の最弱カードになっちゃいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もが2のカードになれる

 

最弱になるには、

 

 

競争とかやめて、

頑張りとか辞めて、

見栄の張り合いとか辞めて、

世間体とか繕うのやめて、

見えない敵と戦うのやめて、

 

 

 

 

 

自分を好きになること

 

 

最弱な自分、最低な自分も、
ダメな自分も含め、自分を愛する。

 

 

自分を好きになれば、人生は愛される方向へいく

 

 

バタバタ頑張りをやめて、
ラクラクポンコツになる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなことに一生懸命
それ以外はポンコツであることを認める

 

 

好きなことは無意識で、
勝手に頑張る。
そもそも、あまり頑張ると思っていない。
子供が夜中までゲームに熱中するのと同じ。

だから、苦労なく上っていける。

 

 

それとは反対に、

好きじゃないこと

は、頑張らない。
やらないと決める。

 

 

 

そしたら、

「あたい、ポンコツだったんだ!」

って気が付く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、ポンコツなあなたの代わりに
それを得意としている誰かが、
ある日、ペッって現れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが嫌いなこと、

それは誰かが好きなこと。

 

 

「自分ポンコツなんです、テヘッ@」

(๑ゝڡ◕๑).

 

 

って認めて、

やりたくないことを

その人たちにお願いする。

 

 

 

そしてその人たちに感謝する。

 

 

これがジェダイの教えの帝王学。

 

 

 

僕はどういう風にしているか?

 

 

好きなことは登るように努力できる。

というか、努力じゃないな、

好きなこと=熱中・没頭かなー

 

そんな感じ。

 

 

そんで、

好きじゃないことは、

さっさと自分がポンコツであることを認め、
そっちの道の険しい山は登らず、

 

どんどん下まで降りて行って、

下の下まで行って

 
ボクちん、登れません。

助けてくだちゃい!

あばばばあ~

٩( ᐛ )و 

 

 

 

ってやって、

最弱っぷりを見せつける。

 

 

 

恥?

 

 

なにそれ?

 

 

 

 

 

好きじゃないことはやらない!

(気が向いたらやる、

心がやりたい、って思えたときやる)

 

それ以外は基本、やらない!

 

 

というか

 

 

や・り・た・く・な・い

 

 

YARITA★KUNAI

 

 

鎗田・区内

 

 

 

やらないか

YARANAIKA

 

 

ヾ(゚д゚)ノ いやだー

 

 

 

 

税金計算

いやだー!

商工会にお願いするー

 

 

 

肉体作業系

いやだー!

マッスルな友達にお願いするー

 

 

料理

毎日は嫌だー!

お金払って外食するー

人にその都度、奢ってもらうー

 

 

 

 

生活のための仕事

嫌だー!

だから、最低限にするー

あと、人からお金をもらうー

儲けのしくみ考えるー

 

 

 

何ゆうとんねん!

 

 

生活のための仕事、

辞められないから

苦労しとんねん!

 

 

 

「仕事しなければ生きていけない!」

って世界だと、

努力で登る世界から抜け出せない。

 

 

 

だ★か★ら

 

 

思い切って、

 

 

最弱になっちゃうのです。

 

 

今日のテーマでございます。

 

 

世の中には、ただ住まわせてくれる人だっているぞ!

タダで家くれる人もいるぞ!

メシおごってくれる人いっぱいいるぞ!

何もしてないけどお金くれる人もいるぞ!

 

 

 

例えばね、

 

 

 

このブログ記事が面白いと思ったら、
下のビットコインのお財布(ウォレット)に
投げ銭してねー!

 

13vV72AyGXHReTSmpqWXyc675YBrAzgAfi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいな(笑)
あっはっはっはwwww

 

 

 

そこのアナタ、

いいんだぞー

いいんだぞー

言うのはタダだぞー!

 

 

試しに言って、

チャリンチャリン入ってきたら、
超ラッキーじゃん!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか知らんけど、ある日誰かが、
投げ銭してくれるかもしれんぞー(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恥?

 

 

 

なにそれ?

 

 

 

いや、そういうの、

けっこうあるのよ僕w

 

 

 

 

そんで、話を戻すと・・・

嫌いなこと辞めて、
嫌いなことそもそもうまくできない
へっぽこな自分を認めて、

そんで、好きなことに熱中しよう!!

 

 

*ちなみに、好きなことわからないって言う人、
こっちの記事を順番に読んでくださいね

 

 

(´o`;)

 

「ちょ、ちょっとまってください!」

 

 

(´o`;)

「地球上のみんなが赤ちゃんみたいな

最弱になってしまったら、
地球が滅びるじゃないですかー」

 

 

(癶;:゜;益;゜;)

(ఠൠఠ )

「うわー大変だあああー!!!」

 

 

 

(癶;:゜;益;゜;)

(ఠൠఠ )

「あ¨あ¨あ¨ー!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーガーうめぇ

 

 

 

 

 

大丈夫ですよ知らんけどー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫な理由はこちら

 

 

 

だって、好きじゃないことは最弱なままでいて、
その分、好きなことに時間もお金も情熱も費やせるから、
それを突き詰めていけば、自分の好きなことにおいて、
最強へ向かっていくじゃないですか?

 

 

ゲームめっちゃ好きな人
テニスめっちゃ好きな人
魚の研究めっちゃ好きな人
人を笑わせるのめっちゃ好きな人
建築の研究めっちゃ好きな人

 

 

適材適所ってあるでしょ?

餅は餅屋ってことわざあるでしょ?

 

 

自分の不得意は他人の得意ごと。
自分の嫌いなことは他人が大好きなこと。

僕は料理とか(今は)あまり情熱持てないけど、
料理作るの好きな人がいて、その人に任せる。

そうやって適材適所でやった方が、
世の中上手く、効率よく回る。

 

 

 

のにのに、

なのに、

だのに!

 

 

明治時代から続いている
「みんな平均的になんでも正しくこなすことが正解」
っていう大量の平準化された人々を育てる
「古い制度の学校教育」が未だにずっと続いてる。

 

それが今の時代に合ってなくて、
効率悪くて、やっとこさ、

しているそんな段階。

 

 

 

・・・まいっか。

 

 

 

だからいいの。

好きなことやってていいの。

それ以外は、最弱でいいの。

アナタへっぽこでいいの。

 

 

 

 

認めよう。

認めて最弱になって

そして、

最強になっちゃえー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です