好きなこと嫌いなこと2極のバランス取る大切さ

 

 

おいっす

 

 

 

今日はね、

「好きなこと」と「嫌いなこと」の

2つを交差する「バランス」

について書きたいとおもいましゅ

 

 

 

 

 

基本的に、

めんどくさがりで、

家事とかそんなに好きじゃない

僕ですが、

 

 

 

 

 

最近、毎日、

「ちょこちょこ掃除」

を習慣化づけるようにしております。

 

 

 

 

なぜ「ちょこちょこ掃除」なのか?

 

 

 

 

これは個人的にやりやすい方法だからです。

 

 

 

 

とたえば、

一日中、集中して、

大掃除をしたとしても、

 

 

 

僕の場合、

5日後にまた、

いろいろと部屋が荒れだします。

 

 

 

 

10日もすれば、

部屋の中には、洋服の山が

できあがります。

 

 

 

だから、一日ですべてを終わらせる

「こんまりメソッド」は僕には、

ちょっとレベルが高すぎたので・・・

 

 

 

 

「これくらいなら自分にでもできる!」

というちょこちょこポイントを見つけては、

毎日、ちょこちょこと掃除をしております。

*もちろん、こんまりメソッドは、ピッタリの人には、

素晴らしいものでもあります。

 

 

 

 

 

なんでそんなに家事が嫌いなの?

 

 

そりゃ、だって、

好きなことをしていると、

(僕の場合はピアノとかね)

 

 

 

それ以外のことが、

めんどくさくなって、

どーでもよくなってくるんです

 

 

 

 

「好きなことを〇」として、

「好きなこと以外をx」

という感じで、

分断してとらえてしまったんです

 

 

 

 

 

 

ほー

(続けたたまえ)

 

 

 

 

 

でも気づいたんです。

 

 

 

 

好きなことができるのは、

好きじゃないことが支えているおかげ

 

 

 

 

好きなこと、

絵を書いたり、音楽をしたり、

本を読んだり、歌を歌ったり、

筋トレしたり、ゲームしたり、

編み物したり、くつろいだり、

 

 

 

 

あなたの好きなことができるのって、

あなたに好きなことをさせてくれる環境のおかげ

 

 

 

 

それって、たとえば、

いっぱいあるけれども、

 

 

 

その代表的な1つが、

「自分の部屋」とかね

 

 

 

 

好きなことをさせてくれる環境である

「自分の部屋」をないがしろにして、

好きなことだけ続けていく

 

 

 

 

それって、やがて、

環境は荒れ果て、部屋は汚れ、

結局最後は、

好きなことができない環境

(汚部屋)となる

 

 

 

 

 

だから、環境問題なの!

 

 

 

 

環境問題と好きなことは

密接に関連なの!

 

 

 

 

 

環境とは、

 

 

 

 

 

自分のエクステ。

自分の外部。

自分を存在させてくれる存在。

自分が生きられるための場所。

 

 

 

 

 

すなわち、

自分が好きなことをできるための空間

 

 

 

 

 

だから、エクステンション。

自分も外の世界も、一緒。

 

 

 

 

 

自分ばかり磨いて、

自分の外側(エクステンション)を

置き去りにしてしまうと、

それはやがて、

 

 

 

 

持続可能じゃなくなる

(部屋はゴミが散乱し、虫が湧き、ホコリまみれになり病気になりやすくなり、衛生的に悪い)

 

 

 

 

 

だから、好きなことをするとき、

好きなことをさせてもらえる要因

について気づき、そこにも愛情を注ぐ

 

 

 

つまり、言い換えると、

部屋を掃除してあげるとかね。

 

 

 

 

 

嫌なことと嫌なことの違い

 

 

ちょっと話を深堀する前にいつものおさらい。

 

 

 

いつもこのブログでは、

「嫌なことやめちゃえ」

「嫌いなこと手放しちゃえ」

的な事を書いているけれども、

 

 

 

それと、今回の話の「嫌なこと」

は全然違う話だと思ってくだされ

 

 

 

というか、一緒にすると

うまくいかなくなる

 

 

 

 

数式で書くとこう↓

嫌いなこと ⊂ 嫌いなこと

好きなこと ⊂ 嫌いなこと

*嫌いなことには2種類ある

 

 

 

もっとかみ砕いて言うと・・・↓

 

 

 

つまり、

「好きなことわかんなーい」の状態で、

ずーっと嫌な事ばかりしてるのと、

もう人生ずーっと嫌なことだらけ。

 

 

 

 

 

「あ、これがあるから頑張れる!」という

ことがなく、

仕事から生活から、すべて嫌なことばかりの状態・・・

 

 

人生(嫌なこと) ⊂ 仕事(嫌なこと) ⊂ 今この瞬間(嫌なこと)

 

 

 

もちろん、100%嫌なことの状態の人はいないだろうけれど、

(もしいたら、生きていないだろうけど)

 

好きなことより嫌なことに意識が向いている状態。

 

 

 

 

それとは逆に、

「好きなことあるー!」状態のとき、

好きなことやっている中に、

必ず嫌なことが出てくるときがある。

 

 

 

 

たとえば、

好きなテニスを続けていると、

必ず、嫌いなテニスの練習、

というものが付いて回る

 

 

 

 

もっと小さい例で言うと、

「ご飯食べたーい!」(好きなこと)の中に、

「料理めんどくさーい!」(好きなことの中の嫌なこと)

が含まれる。

 

 

 

「好きなことするための嫌なこと」

 

これってつまり、

嫌な事より好きなことの方に意識が向いている状態

 

 

そんで今回の「嫌いなこと」というのは、こっち(後者)のお話です↑

 

 

 

 

 

好きなことと嫌いなことのバランス

 

前に書いた記事

「嫌なことやめると好きなこと見つかり嫌なことができるの法則」

 

 

でも書いた通り、

「好きなことの中にある嫌なこと」

にはレベルがある。

 

 

 

好きなこと純度を高める=好きなことの中にある嫌なことを減らしていく

 

という反比例の方程式のような状態ができあがる

(なんのこっちゃ?の人は、前回の記事をリピートする↑)

 

 

 

 

で、今回の記事は、

反比例の話じゃなくて、

バランスの話。

 

 

 

 

現状のお話。

 

 

 

 

一気に、嫌なことを手放していく、

というお話ではなくて、

 

 

 

今この時点で、今の現状でできる

最善のバランスをとる

 

 

 

 

 

ほー

 

 

 

 

 

それはつまり、

好きなこと=嫌なこと

っていう感じで均衡がとれていること

 

 

 

 

好きなことしたい=部屋の掃除もしなきゃ

好きなことしたい=ちゃんと寝なきゃ(休まなきゃ)

好きなことしたい=ちゃんと健康でいなきゃ

好きなことしたい=ちゃんとご飯も作らなきゃ(食べなきゃ)

 

 

 

 

みたいなバランスが取れているそんな日常。

そんな日々。

 

 

 

だって、永遠24時間、

一睡もしないでずーっと好きなこと

なんて、ありえないもん

(そんなのいつか死んじゃうじゃん)

 

 

 

 

 

それってつまり、

そーゆーバランスが取れている状態が

続いていれば、

好きなことが持続可能になる

ということにつながる

 

 

 

 

つまり、

今この瞬間の刹那的な「好きなこと」

から

未来まで続けられる継続的な「好きなこと」

へと変わっていく

 

 

 

 

だ~か~ら!

 

 

 

 

バランス重要だね

とゆーことでございますです

 

 

 

 

 

でね、もちろん、

いつも言っているように、

好きなことの純度を高めていくために、

少しずつできる範囲で嫌なことを手放していく、

という作業(さっきの反比例の方程式)も

可能だし、やっていった方がもっと好きなことが拡大するから

良いよね、つーことも、忘れずにね。

 

 

 

 

けっして

「嫌なことをがまんしろ」というお話では、

全然ないからね。

ちゃーんと読んで理解しないままだと、

すごい誤解したまま苦しい方向へ行ってしまうから、

気を付けようね

 

 

 

 

そんじゃ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です