あなたの目の前に嫌な出来事が出てきたら・・・

 

 

なんだか最近、

あなたの目の前に、

嫌な出来事が起こり始めた!

 

 

変な人が出てくた!

 

 

嫌なことを言われた!

 

 

 

 

 

ヒヨコ

「お前の髪の毛、焼きノリみたいだな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかダメ出しされた!

 

 

なんか否定された!

 

 

 

 

もしそんな目にあったら、

本当に嫌だよね?

たまらなく嫌な気分だ。

 

 

 

うんうん

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

 

 

 

 

そんなときは、

前に書いたブログ記事

「タマタマの理論」を思い出そうね!

 

 

 

 

そんでね、

嫌なことは溜め込まずに、

小まめに溜まった感情は

小出ししていこうね。

 

 

 

 

 

ヒヨコ

「自分の中から、溜まった不純物を出していく」

ヒヨコ「パラパラパラと。」

 

 

 

 

 

嫌なモノは出して出して、

どんどん出していこう。

 

 

 

 

 

どうだい?

落ち着いたかい?

 

 

 

 

冷静になって落ち着いてみて、

一息ついた後、

そしたらね、今度はね、

すこしだけ、探偵モードになってみよう。

 

 

 

 

 

ひよこ

「呼んだ?」

 

 

 

 

 

 

嫌なこと製造機になっていないか

 

 

 

嫌な出来事に出会ったとき、

こういう風にも考えてみるのだ

 

 

 

その出来事は自分が原因で発生したのでは?

 

 

 

 

もしかしたら「嫌なことを引き寄せた」

とかいう言い方をする人も

いるかもしれない。

 

 

 

 

シャーロック・ヒヨコ

「まあ、なんであれ、

自分の心の中で起こっている現象が、

目の前の現実世界で起こる現象と

リンクしている可能性を疑ってみるのだよワトソン君。」

 

 

 

 

 

あなたの目の前に手厳しい人が現れたとき、

あなたはまた同時に、自分自身に対して、

手厳しい対応をしているのではないか?

 

 

 

あなたを否定している人が目の前にあられたとき、

それはあなたが自分のことを否定しているとき、

なのかもしれない。

(タマタマの場合もあるけどね。)

 

 

 

 

でもタマタマじゃなくて、

なんかいつもそーゆー出来事に出会ってしまう

「しょっぱい世界」を生きているあなただとしたら、

あなたは自分で自分に対して、厳しい目で見続けているのかもしれない。

 

 

 

 

 

ヒヨコ

「ぶっちゃけましゅ。

エレベータノーの中でおならをした犯人は、ボクちんでしゅ!」

 

 

 

 

 

 

やさしさを忘れていませんか?

余裕をぶっこいて生きていますか?

堂々としておりますか?

安心して他人と接していられますか?

 

何かに怖がっておりますか?

 

 

 

 

名探偵はキャッチする。

 

 

 

一見すると何でもない状況でも、

その中から、「自分を苦しめる犯人」

へ繋がる証拠となる何かを、

鋭い感覚でかぎわけ、見つけていく。

 

 

 

 

さあ、あなたの自分の心探偵になって、

心を痛めつけている犯人を捜していこう。

 

 

 

 

ゆけ、シャーロック・あなた!

 

 

 

そんじゃ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です