一流のポンコツ

 

 

人から嫌われるとは、自分の気持ちに正直になること。

人の評価を得ようと頑張らないこと、これすなわち、ポンコツになること。

 

我々は、生まれながらにして皆、ポンコツである。 

 

by ポン・コッツウォルズ (11801~  )

 

——————————–

 

 

 

 

二流 (´θ`)

「あ〜今日も会社ダリィなぁ!」

「仕事めんどくさいのぅ、帰りたいのぅ」

 

 

 

部長( ゜灬゜ )

「二流くん、今日は朝一で会議だから、よろしくー」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

「ちょりちょりーっす」

 

 

 

 

<<会議室>>

 

 

 

議長(❐_❐✧)

「え〜今日の議題は・・・

なんちゃらかんちゃら」

 

 

 

上司A (›´ω`‹ )

「ほうほう。なるほど。」

 

 

 

二流 (´θ`)

「ああ、なんか知らんけど・・・

まぶたが重い、眠い・・zzz」

 

 

 

 

上司A (›´ω`‹ )

「なるほど。なるほど。」

「これについて、二流くん、どう思うかね?」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

「むにゃむにゃ・・・zzz」

 

 

 

後輩A (゚Д゚;≡;゚Д゚)

「ちょ、二流先輩、起きてください!」

「やばいっすよ!!」

 

 

 

 

 

<<ある日の午後>>

 

 

上司A (›´ω`‹ )

「あ、二流くん、君に頼みたいことが・・・」

「この仕組み、直しといてね」

 

 

 

二流 (´θ`)

「了解っすー」

「ちょりちょりっすー!」

 

 

 

二流 (´θ`)

「ああ、めんどくさいよー」

「調べるのに時間かかるよー」

「やりたくないよー」

 

 

 

二流 (´θ`)

「ああ、そうだ!」

(ひらめいた☆)

 

 

 

二流 (´θ`)

 

(オンラインチャットにて)

 

「ねー、これさ、直せるかな?」

「君ら、こういうの得意っしょ?」

「お金払うからさ」

 

 

 

インド人Youの友達(´⊙౪⊙`)

 

(オンラインチャットにて)

 

「ニリュウさん、マカセテクダサイネ」

「ワシラ、ITデキルネ」

「金イラナイヨ」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

(オンラインチャットにて)

 

「え!?まじで?」

「ちょーありがとうー!」

「ダンニャワード!!」

 

 

 

 

<<休憩時間>>

 

 

先輩A ( ´Д`)σ

「先輩Bってマジ仕事できるよねー」

「インテル入ってるわ〜」

 

 

 

二流 (´θ`)

「そうっすねー」

 

 

 

 

先輩A ( ´Д`)σ

「先輩Cってマジ仕事できるよねー」

「スペック高いよねー。Core i9くらい高いよねー」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

「そうっすねー」

 

 

 

先輩A ( ´Д`)σ

「おまえ、マジ仕事できないよな!」

「頭の中、ペン4レベルだろ?」

(Pentium4 超低スペックなコンピュータ)

 

 

 

二流 (´θ`)

「アッハッハ〜」

 

 

 

 

先輩A ( ´Д`)σ

「まったく、しょうがないやつだなー」

「おし、ラーメンおごってやるぞ」

 

 

 

二流 (´θ`)

「ウェーイw」

 

 

——————————————

 

 

 

 

そして年月は流れ・・・ 

会社を辞め、ピンになった二流。 

 

 

 

そんなある日、一流のポンコツに出会う。

 

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「と、まあ、わりと僕も昔は、

やんちゃなポンコツだったんですよ」

 

 

「どうです、すごいっしょ?」

 

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「会社員としては、そだねー」

「わりとねー」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「ど、どういうことっすか?」

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「君がポンコツでいられたのも、

給料という安定があったからだよー」

 

 

「ポンコツになっても、

どうせ給料出るし、いいやーって。」

 

「つまり最低限の安心が確保されてたのだよー」

 

 

二流 (´θ`)

 

「ぐぅ・・・」

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「君、会社辞めてから、割と頑張ってないかい?」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「ぬぬ。」

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「給料がないから、ポンコツでいられない」

「給与がないから、自分で頑張らなくちゃって」

 

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「つまり君、この世界を信頼しきってないんだよ〜」

「信じ切って身をゆだねていないんだよ〜」

「心の底にある恐怖を、ずっと手放せていないんだじょー」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「ズボーッシ!!」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「ああ、一流。」

「そのとおりさ」

「あんたの言う通りだよ!」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「でもね、俺はあんたのように

なりたいんだよ!」

 

「どうすりゃいいか、教えてくれよ!」

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「かんたんだよ〜」

「流れに身を任せれば良いんだよ〜」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「どういうことだよ!?」

「よくわかんねぇよ!」

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「肩の力を抜くんだじょ〜」

「今の君、カッチカチやぞ、カッチカチ。」

「ザブングルばりに顔引きつってるぞー」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「さ、さすが、一流」

「するどい・・・」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「でもさ、今更なんだが、

どうやって力を抜いていのか、

わかんなくなっちゃったんだよ!」

 

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「リラックスだよ〜」

「なんか、もういろいろテキトーだよー」

「もう、全部、任せちゃう感じ」

 

「ミラクルーミラクルー♪」

「あとはどうにでもな〜れっ!」

「エイッ☆」

 

 

二流 (´θ`)

「なんすか、それ」

 

 

一流 (* •ө•)

「流れにお任せ!魔法少女☆ミラクルポンコちゃん」

 

 

 

「流れにまかせるのじゃ」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「わかるよ、なんとなく、わかるよ!」

「で、でもさ・・・」

「こえーよ!」

「手放すの、こえーよ!」

 

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「もうね、人生は遊びみたいなもんよ?」

「もうね、いろいろ捨てちゃっていいよ」

「自分でなんとかしよう、っていうの捨てちゃっていいよ」

 

 

「そしたらね、天の流れに乗れるよ」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「天の流れ」

 

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「自分でなんとかしようとすると、

自分の範囲のことだけは、コントロールできる。」

 

 

「でもね、自分の範囲を決めてしまうと、

天から流れてくるものも受け取れず流れてしまう・・・」

 

 

「コントロールしたがゆえ、

自分のコントロールの外にあるものは、

想定外のもの、怖いもの、リスクのもの、

そうやって、受け取らずに拒否しちゃう。」

 

 

「頭がいいほど、慎重なほど、

計算してるほど、戦略立ててるほど

コントロールするほど、」

 

『自分はうまくリスク回避してる』

 

「とか思いこんでしまうけど、

そのかわり、大きなチャンス、

たった一人では到底手に入らないような

巨大なチャンスも同時に拒否しちゃう」

 

 

「だから、そんなのコントロール捨てちゃえーww」

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「うっわー、こ、こえー!!」

 

 

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「でね、流れの中には、

いらないもの、嫌なものも時々来る」

 

 

「でもね、身を任せるの」

 

 

「嫌なものも、ありのまま受けちゃうの」

 

 

「でもね、そうしたら、ときどき、

でっかい良いものが流れてくるから」

 

 

「そういうのに、乗っかっちゃうの」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「天の流れ、こ、こえー」

「で、でも乗りてぇ」

「そのビッグウェーブに」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「つまり、自分でどうにかするの辞めると?」

「この世界を信頼して、身を任せる・・・」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「あ!!」

「会社にいたとき、完全にコントロール捨ててたじゃん、俺!」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「一流!俺、なんか、掴んだよ!」

「なんか、思い出したよ!」

 

 

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「いいよー、今の君、力んでないよー」

「顔がゆるくなってきたねー」

 

「君には素質があるよー」

「ぼくちんには、わかるよー」

「君にはポンコツの才能があるよー」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「い、一流!!」

「ありがとう!気づいたよ!ありがとう!」

 

 

 

 

二流 (´θ`)

 

「捨てよう、いろいろ捨てよう」

「手放そう。」

「身を任せて、あとは、

テキトーに遊ぼう・・・!」

 

 

 

 

一流 (* •ө•)

 

「おや、何やらでかい流れがきたようだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です