「損してでも〇〇しろ!」の本当の意味

 

 

あ~あ、

またやっちまった

 

 

 

 

何を間違えたか、週末の午後に、

みんな大好き、

「スタバ」

に何気なく足を運び入れてしまった。

 

 

 

 

 

それの何が悪いのか?

 

 

 

 

 

スタバは好きだよ。

コーヒーもおいしいよ。

ケーキうまうま。

 

 

 

 

だけど、

失敗したでござる。。。

討伐失敗でござる。

誠にかたじけない。。。

 

 

 

 

週末のスタバは混むのだな。

そんで、ひとごみは苦手だし。

週末は注文するまでに

長く待たないといけない。

注文した後、席は満席で

一向に座れない。

 

 

 

まったくもって、

快適じゃないのだ。

楽しい気分じゃないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

しかしこれは

 

 

ワシのミス。

ワシが悪かった。

タイミングが悪かった。

スマンソンデシタ!

 

 

 

 

だからね、

コーヒーあきらめて、

損切りしよう。

 

 

 

 

 

ワシが今日言いたいことこれね!

損切り!

 

 

 

 

 

君らちゃんと、

ふだんから

損切りしてる?

 

 

 

 

ってこと。

 

 

 

 

 

そうそう、

人生の損切り。

 

 

 

 

 

すっごく大切なことなのだ。

めちゃくちゃ大事!

 

 

 

 

損切りって

株とか投資とかFX

だけの話じゃないよ!

 

 

 

リアル世界で起こる話だよ!

 

 

 

 

リアルに実生活においても、

「損切り」の考えは適用される。

そしてリアルにその後の人生の結果に

影響が出る!

 

 

 

損切りできない人は、

ずるずると

損失額を大きくして、

やがて、

一番の大損をこいてしまう。

 

 

 

 

 

ガチです。

 

 

はい、ガチです。

 

 

 

「損してでも〇〇しろ!」

 

 

 

 

 

〇〇の中には何が入るでしょう?

 

 

 

 

 

それはズバリ、

 

「気分の良さ」

 

 

じゃ!

 

 

 

 

とたえば、

あなたがどこかのお店に入って、

何か食べ物か飲み物など、

注文しましたとする

 

 

 

そして、

出てきたものを一口食べてみたら、

思っていたよりマズかった!

 

 

 

 

そしたらね、

もうその瞬間に

損切りするの!

 

 

 

 

あ、マズぃ。。。

私の選択ミスったわ。。。。

 

 

 

 

そしたら、

我慢してそれ食うの辞めるの

 

 

 

 

え~!!

勿体ない!!!

 

 

 

うん、もったいないね。

 

 

 

でも、何がもったいと思うの?

 

 

 

ちゃんと定義してる?

ちゃんと意識できてる?

 

 

 

お金がもったいないの?

食べ物がもったいないの?

 

 

 

 

しかしワシ思う。

しかしワシ曰く、

 

 

 

 

あなたの気分が損なわれるのが

いっちばん勿体ない!!!

 

 

 

 

例えば安い物を買わずに、

高くても自分の心が満足する本当に良いものを買ったほうが、

結果、大切に使うから長持ちするし、

買った後もずっとじわじわと良い気分が長続きするし、

かえって無駄にお金使わない。

 

 

 

 

例えば、

心地の良い状態を保つことを、

日常生活において心がけていれば、

イライラしないし、

あなたはストレス発散のために、

普段から無駄な散財をしない。

 

 

 

 

 

 

そっちのほうが、

かえって勿体なくない件。

 

 

 

 

 

いったい、何が勿体ないの?

みんなが何気なく言ってしまう

「勿体ない」ってそれいわゆる

「常識」ってやつじゃない?

あなたの中で、いったい何が

本当に勿体ないことなのか、

ちゃんと定義できてるかのう?

 

 

 

 

 

 

僕はお金よりも、

物質よりも、

何よりも、

自分の心、心地よさを

最優先することを

定義したい!

 

 

 

 

それはね、

つまり言い換えると、

こういうこと↓

 

 

 

目の前の小さな利益にこだわって、

何かを我慢すると、

心の心地よさを我慢すると、

別の機会に、別の方法で、

何年か後に、あと後になって、

溜まりにたまって、あとで

お金や労力やストレスが発生し、

かえって損をしてしまう法則。

 

 

 

 

 

だからね。。。

 

 

 

何かを買ったり、何かを試したり、

何かに挑戦したり、どこかへ行ったりして、

自分の心にとって良い結果(心地よさ)

が得られないのであれば、

それは勿体がらず、

あきらめてすぐに手放してしまおう。

(それが損切り)

 

 

 

 

例えば、お店に入って、

ドリンクを注文したけど、

なんかお店の居心地が悪い感じがする、

なんか気分サゲ↓な感じする。

なんか運気下がる感じする。。。

 

 

 

そしてね、もし注文したお茶や

コーヒーをまだ飲んでないのなら、

それを誰かにあげてしまえ。

そんですぐに店を出るのだ!

(我慢しないで環境をソッコーで変えるのだ!)

 

 

 

すっげー重要なこと。

 

 

それにさ、

人に良いことしたり、

人に与えるという行為をすると

人は一瞬で幸せな気分になれるのだ、

というのはこっちのブログにも昔書いた通りじゃ↓

 

それでも好きなことが見つからない*あなたが変わる4つのゲーム

 

 

 

 

そんでその行為は、

立派な損切りじゃ。

 

 

 

 

 

株やFXやその他の投資と全く同じで、

あなたの人生も損切りできないと、

どんどん損が膨らんで、

結果、多大な不利益を被るのだ!

 

 

 

 

たとえば、

我慢してマズい料理を食べてたら、

気分が悪いまま、

その日は過ごさなければならい。

 

 

 

 

「料理まずいねぇ、、、」なんて、

そんなん、パートナーとの会話も弾まないし、

テンションさがりますし、

相手も、ネガティブなこと言われるより、

明るい言葉の方が、無意識レベルでどんどん、

良い関係になっていくし。。。

 

 

 

 

まずい料理食べた後、

なんか満足いかない、

欲求不満の気分のまま、

遊んだりして、幸せになれるかい?

仕事したりして、仕事がはかどるかい?

 

 

 

 

すっげー人間関係に影響出るぞそれ逆に。

 

すっげー生産性悪いぞそれ逆に。

 

すっげー不運なこと起こりやすくなるぞそれ逆に。

 

 

 

 

だから、

あなたの心が嫌な思いをしたら、

気分を損ねてしまったら、

ソッコーで逃げね。

 

 

っていうことは、

こっちのブログで書いたことじゃ↓

嫌なもの嫌な人嫌な環境から秒速で逃げよう!

 

 

 

 

逃げるなんて卑怯な!

最後までやり通さないと!

そんな相手に申し訳ない!

いや勿体ないから・・・

 

 

 

とか言ってる人は、

たぶんそれ、

何かの誰かの常識プログラムを

無意識のまま、分らずに

あなたの頭の中で発動しちゃってるんだな

 

 

 

 

そんでそれ、サゲプログラムだな。

サゲプロフェッショナルだわそれ。

サゲプロダクションだわそれ。

いろんな意味で損失拡大サゲプロだわそれ。

 

 

 

 

 

運がいい人も、

幸せな人も、

世渡り上手な人も、

良く助けれらる人も、

優秀な投資家も、

いけいけドンドンのビジネスマンも、

そっちじゃないのさね

 

 

 

「あ、やっちまった、テヘ★

それはもういいや。

(損切りでいいや)」

 

 

 

って言って、

あっさり、

ケロっと、

自分の失敗を認める

自分のミスを受け入れる

自分の執着を手放す

 

 

 

 

はい、次ー!

 

 

 

って言って、

次の良いもの、

良い投資、

良い人生、

良い選択、

よい機会、

良いチャンス、

 

 

 

どんどん先へ進んじゃう。

 

 

 

それがちゃんと損切りできる人の思考。

言い方を変えると、

損切りできる人は、過去の失敗に

くよくよ執着しない。

 

 

 

損切りできない人は、

損を出したことを認められず、

認めたくないから、ずるずると

我慢して、手放せないで、

どんどん悪いほうへ行ってしまう。

 

 

 

その違いは、投資の世界だけじゃないんですわ。

リアル世界でかなり結果に差が出てくるんですわ。

 

 

だからね、

日々日常生活で、

できる範囲で、

1.自分の気持ちに正直になる、

ってことと、

 

2.自分の失敗やミスを素直に認める習慣をもつ、

ってことと、

 

3.認めた失敗やミスを執着なくすぐに手放す、

ってこと、

 

 

4.手放したお金、チャンス、機会、

つまり損切りしたものに対して、

いっさいくよくよしない、

ってことと、

 

 

 

5.次のチャンス、面白いこと、ワクワク、

そっちにすぐに意識を持っていく、

っていうこと。

 

 

 

 

この一連の流れをつかむことじゃ。

 

 

 

そうそう、

損切りとは、

感情コントロールなのだ!

(洗練された投資家の人たちはこれを無感情に機械的にでできてしまう)

 

 

 

まあ、できる範囲で、

小さなことから、

損切りを意識してためしてみると

よいぞなもし。

 

 

 

 

っていうブログを

スタバ出てドトールで書くわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 件のコメント

  1. ピンバック: 決断はチョロくできるときが吉 – 好きなことして生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です