口癖からわかる自分のセルフイメージ

 

 

 

口癖。

 

 

 

それはあなたが無意識に、自然に

発する言葉。

 

 

 

つまりそれは、

心の深いところにプログラミングされた

あなたの思考の癖。

 

 

 

 

あなたの思考の癖は、

あなたが発する言葉として

表現される。

 

 

 

 

だから、口癖を見たら、

あなたの心の状態が

見えてくるときもある

 

 

 

あなたはいつも、

何を思い、

どんな言葉を放っているのだろう

 

 

 

 

あなたの口から自然と出てしまうこと

あなたが普段から考えていること

あなたがこの世界をどう見ているかということ

言葉がそれを教えてくれる

 

 

 

 

ネコ「うんちうんちうんちうんちうんちうんち・・・・」

 

 

 

 

 

でもでも、自分の口癖って、

なかなかわかんないよねー

 

 

 

 

たとえば、自分がユーチューバーだったとして、

常に自分の言動を記録している人だっとしても、

やっぱり「素の自分」は隠そうとして、

そんで、みんなに良くみられようするために、

「作った自分」を演じることがあるから、

 

 

 

 

なかなか難しいものですねぇ

 

 

 

 

 

ネコ「飯くれ飯くれ飯くれ飯くれ飯くれ・・・」

 

 

 

自分の口癖を知る方法

 

 

そしたらやっぱり、

自分の口癖を知る方法としては、

「素の自分」を出せる人たち、

つまり家族とか友達とか恋人とかに、

 

 

 

「ねえねえ、自分の口癖ってどんなの~?」

 

 

 

って聞いてみるのもアリですな!

 

 

 

 

「あんた、いつも〇〇って言うよね!」

みたいに言われるかもしれないし。

 

 

 

 

自分で自分を観察する習慣

 

 

そんで自分でも、自分の口癖とか、

思考パターンとか、

今の心の状態を

確認することができたりするのだ。

 

 

 

例えばね、

日記を書くとか、ブログを書くとか、

そーゆー行為の中で、

 

 

 

自分がそのとき思ってしまったことを

文字として確認することができる。

 

 

 

 

もちろん、これは、

ユーチューブと同じで、

「100%素の自分」ではないかもしれないけれど、

 

 

 

でも、それでも

自分の思っていること、

感じていること、

そーゆーのを表現するとき、

その表現の方法の中に(つまり言葉)の中に、

その手がかりを見つけることができる

 

 

 

 

たとえば、ネガティブなことを書いてしまったときとか。

「あ、今自分、何かに対して怒っているのかな・・・?」

「ということは、自分の過去の何かがトリガーなのかな?」

 

 

 

という風に、

「自分の言葉から逆にたどっていって、

その源を突き止める」という探偵のようなことを

やるのだ。

 

 

 

たとえばね、

僕はよく「そんじゃ」とか

「そんで」っていう風に書くね

(記録してあるとわかりやすいね)

 

 

 

 

そんで、ネガティブなことや

ポジティブなことを言っているとき、

「なんでそれを言ったのだろう」って

考える習慣を持つと、

 

 

 

すごく心と近くなれる。

 

 

 

 

心を観察すれば、

自分が自分の軸からズレてしまったときも、

修正しやすくなる。

 

 

 

 

もしあなたがネガティブな口癖を

沢山言うようら、

「なんでそういう言葉をたくさん言うのだろう」

って思うところから、

探偵ごっこがはじまるのだ。

 

 

 

 

シャーロックホームズみたいになって

その原因をさぐるのだ

 

 

 

これはね、習慣づけないと

なかなか忘れちゃうんだよね

 

 

 

でも、このブログを読んでいるあなたは、

たぶん、割とけっこう、

心のことに興味を持ってる人だから、

 

 

 

興味を持っていれば、

少しずつ、習慣づいていく

 

 

 

ちょっとずつ、

探偵ごっこをしてみよう!

 

 

 

そんじゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です