他人の関心ごとに興味を持つだけで世界一の貢献になる

 

 

 

 

自分はいるだけで価値がある

 

 

 

 

 

何もしなくても、

何もできなくても、

何も解決できなくても。

 

 

 

 

 

あなたは価値がある。

 

 

 

 

 

この世界で、

一番の価値がある行為。

それは、

 

 

 

 

相手のことを100%理解してあげること

 

 

 

スキルを身に着けることでもなく、

聡明な解を持っていることでもなく、

アドバイスを与えることでもなく、

問題を解決してあげることでもなく、

 

 

 

 

相手を理解してあげること。

 

 

 

 

うんにゃ、

もっと正確に言うと、

 

 

 

 

あなたが相手を100%理解しよう、

と思うのではなく、

 

 

 

 

相手があなたによって100%

「理解された!」

と感じたとき、

 

 

 

 

それがこの世界でもっとも価値のある瞬間。

 

 

 

 

この境地を得た者は、

もう人生コンプリート。

死んでもいい。

 

 

 

 

 

ちょっとやそっとの理解じゃなくて、

もう毛穴の隅々まで、

細胞の隅々まで、

100%完全に理解される、

 

 

 

 

完全に理解してもらえた感

受け入れてもらえた感

共感してもらえた感

 

 

 

 

感だけでいい。

科学的に論理的に事実上、

100%理解するというより、

 

 

 

 

相手にとって

「あなたは私(相手)を100%理解してくれた!」

と相手に思われたとき、

それは「理解された感」

 

 

 

 

そのとき、人はもう

「死んでもいい」ほどの境地。

人生コンプリート感。

 

 

 

 

 

涙を流すかもしれない。

魂が震えるかもしれない。

目の前が光でパッと明るくなるかもしれない。

 

 

 

この境地を得た人は、

あなたをめっちゃ好きになる。

相手にとって「あなた=神」

くらいの存在。

 

 

 

もちろん、ここまで

「理解された感」を相手に提供できる人は、

そうとうヤヴァイレベル。

お釈迦様とか、キリストとか、

多分、そーゆーレヴェル。

 

 

 

 

 

この地球上、すべての人々はみな

「理解されない地獄」に生きている

 

 

 

ちょっとでも話を聞いてもらいたい。

理解してもらいたい。

受け入れてもらいたい。

愛されたい。

 

 

 

 

道行く人にあいさつするだけで、相手はうれしい。

知らない人にちょっと親切にされるだけでも気持ちがいい。

SNSでイイねをもらうだけで、うれしい。

良いコメントを与えただけで、超喜ぶ。

 

 

 

 

そーゆー人々でこの世は溢れている。

(もちろん、自分も含めてね)

 

 

 

 

人々を救うのは、

確かにスキルかもしれないし、

能力かもしれないし、

アドバイスかもしれないし、

聡明な答えかもしれないし、

具体的な解決をしてあげることかもしれないし、

正しい道を示すことかもしれない。

 

 

 

 

だけど、本当の意味で人々を救うのは、

 

 

 

 

何もしないでも、

何も持たなくても、

何も実績が無くても、

 

 

 

 

ただ「理解された感」

を相手に提供できただけで、

もうそれだけで十分。

 

 

 

 

そうであるなら、

全力で傾倒して聞いてあげればいい。

街には、ネットには、世界には、

理解されたい人々で溢れている。

 

 

 

 

僕らはアレコレ身に付けなくていい。

相手よりスゴくなろうとしなくていい。

 

 

 

 

ただ見つめてあげる。

そんな在り方だけあればいい。

自分はそんな存在だけで価値がある。

 

 

 

 

 

 

そんじゃ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です