好きなことしてると心がずーっと平和だなぁ

 

今月は旅に行きたかったのだけど、

割と行けそうな雰囲気じゃないから、

「今僕にできることは何か?」と問い続けて、

 

 

 

とりあえず、ネットで作品を作り続けた。

 

 

 

検索アルゴリズムもハックせず、

流行にも乗っからず、

ノウハウも一切使わず、

 

 

 

 

とにかく

「どーやって」という問い(思考)

そのものを捨て去り、

 

 

 

 

ただひたすら、

自分が心躍ることだけ、

自分の世界観オンリーだけ、

自分が幸せになる作品だけ、

 

 

 

 

そーやって、ガチ目に

「超ハードモードの縛りプレイ」

にこだわった。

 

 

 

 

 

案の定、

ピクリとも

反応しなかった。

 

 

 

 

ハードすぎた。

 

 

 

 

がしかし、

 

 

 

それでもあきらめずに、

とゆーか、

もう周りのこととか、

結果とかどーでもいいや、

とあらゆるすべての煩悩と

自我の欲望を捨てて、

 

 

 

 

 

とにかく、

「好きを殺さないこと」

「自分のコロロに嘘をつかない(妥協しない)こと」

「自分の心がはしゃぐこと」

 

 

 

 

を守り、

作品を作り続けてたら、

少しずつ変化は起こるものです

 

 

 

 

 

 

だんだんと、少しずつ、

誰かに引っかかり始め、

めっちゃ褒められ始め、

フォローされ拡散され、

 

 

 

 

でもでもでも!

そんなことが起ころうとも!

それでも自分は!

 

 

 

 

そーゆー煩悩を捨てる!

自我を増幅させることを捨てる!

執着して、一喜一憂することを捨てる!

 

 

 

 

 

と思いつつも、

やはりうれしくて嬉しくてさ!

 

 

 

 

 

イヤッホォーイ!

 

 

 

 

 

と心の中で

叫んでみる!

(いや、実際に叫んだ)

 

 

 

 

一回、波を生み出せれば

もうこっちのものさ!

 

 

 

 

あとは、

やり続けて、

この波をどんどん

大きくしていけばいいだけ。

 

 

 

 

とゆーのは、

昔の僕のような

「頑張る教の考え方」

 

 

 

 

 

だ~か~ら!

 

 

 

 

 

やっぱ捨てよう。

 

 

 

 

こーゆー状態に

執着すること自体も

捨て去る!

 

 

 

 

 

誰かに評価されてもされなくても、

フォローが増えようが減ろうが、

もうそーゆー世界は捨てて

 

 

 

 

完全に

「運の世界」

に入っていきたい。

 

 

 

自力で波を作れたからと言って、

このまま自力で走り続け、

波を大きくするのではなく、

 

 

 

 

これもたまたまのこととする。

自力の波なんてこだわらないこと。

他力の世界を忘れないこと。

運やその時の流れに身を任せること。

 

 

 

 

そして、その上でさらに、

他力にすらこだわらないこと。

 

 

 

 

そーならなくてもいいや

そーなってもいいや

どっちでもいいや

 

 

 

 

 

というスタンスで、

自分が自分以外の世界の原因によって、

無意識のうちに自動的に操作されてしまう

「オートマトン化」から

抜け出していきたい。

執着を捨てたい。

 

 

 

 

そしてだんだん気づいてきた。

 

 

 

こんな風に書いてる時点で

まだまだ囚われている自分がいる

ということを。

 

 

 

 

「楽」の境地にいるとき、

どっちかっていうと

 

 

 

 

 

「わ~」

 

 

 

 

アホの境地だから、

言葉すらいらない。

もう感情だけの世界。

 

 

 

 

ま、それでも

今の僕は、だんだん、

コツがつかめてきている!

掴んできているぞ!

 

 

 

 

と思ふ今日この頃。

 

 

 

 

 

とりあえず、

今できるレベルで、

今この瞬間、喜べることを

やり続ける。

 

 

 

その軌跡の毎日を、

感謝し続ける。

 

 

 

 

とりあえず、

そんな感じ。

 

 

 

 

 

今できることを

出来る幸せ。

好きなことを出来る幸せ。

 

 

 

 

そんな今日この頃。

 

 

 

 

 

パッションだけで進むんじゃい!

 

 

 

 

 

 

 

そんじゃーね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です