心の声を聴くための3ステップ

 

 

 

 

「心の声を聴きましょう」

的なことをよく耳にするけれど、

「なにそれよくわからん」っていうことが

あるかもしれないので、

心の声を聴くとはなんぞやについて、

書こうと思う。

 

 

 

そんで、最終的には

心の声を聴くための3ステップについて

書いていこうと思いますが、

 

 

 

 

その前に「心の声って何?」ってことと、

あと「それを聞いてどうすんの?」ってこと

をまず最初に書いておこうと思う。

 

 

 

 

 

そもそも心の声って何?

 

 

心の声って、

自分の心の奥底で感じていることを

意識的にすくいあげて、

自分でも気づかなかった本音を知ること的な。

 

 

心の声って、

心の下の方に、奥深くに隠されてて、

普段は見えない状態なの。

 

 

 

なんでかっていうと、

「思考」っていう雑音が、

何層にもなって、心の声の上に

重なって積もり積もっていて、

普段は「心の声」って雑音に邪魔されて

聞こえなくなっちゃうから。

 

 

 

それはね、意識的に「聞こう」

って思わないと、なかなか

見つけることができないのだ。

 

 

 

 

そんで心の声を聞いてどうすんの?

 

 

究極は、このブログでも何度も書いているけれど、

「ありのままの状態になる」

っていうことなのだ。

 

 

そんで、そこまで深く追い求めるのは、

なかなか時間がかかるかもしれない。

 

 

 

ま、そこまで行かないとしても、

「心の声を聴く」というのは、

とても大切なのだ。

 

 

 

 

なぜなら、あなたの本当に思っていることが

わかるし、(本人でも自分の心の本音に

気づけないことはよくあることなのだ)

 

 

 

それから、心の声を聴けるくらい、

頭の中の雑音が減っていくと、だんだんと、

「安心感」が得られ、その後、安心感から

「自信」へと繋がっていくから。

 

 

 

そんで「頭の中の雑音」とは「思考」のこと。

現代人は「思考すること」が当たり前になっている。

「考えることは偉いことだ」的な風に捉えられている。

 

 

 

「自分の頭で考えなさい」

とか言われると、なんか正論な感じする。

立派なこと言われている感じする。

 

 

 

で、それはそれで大切なのだけれども、

実は「考えない」も「考える」と同じくらい大切なのだ。

 

 

 

日常生活において、「考えること」で

問題を解決したり、何かを作ったりして、

実際に社会にとても役立つ行為なのだけれど、

 

 

 

だけれど「考える」をやりすぎると、

「悩み・不安」も増幅していくのだ。

頭の中がごちゃごちゃしだすのだ。

 

 

 

しかも情報化時代において、

「考える要素」(ネタ)である情報が

朝から晩まで、次から次へと

矢継ぎ早に流れていく。

 

 

 

もはや「考える」を通り越して、

ただやみくもに情報を

何の脈略もなく、頭でさばいている状態、

に陥っている場合もある。

(本人は考えているつもりでもね、

そもそもそれは、ただ単に刺激を求めていただけっていうね)

 

 

 

 

そんなことばかりしていたら、

本当にあなたが求めていたこと、

すなわち心の声を、いつしか、

見失ってしまう。

 

 

 

 

考えすぎたゆえに、

不安や悩みを抱え込んでしまったあなたが、

 

 

 

 

あなたが本当にしたいこと。

本当に感じていること。

見失っていたそれらを再発見すること。

 

 

 

 

そんなとき心の声を聴くのだ。

 

 

 

 

 

じゃステップ↓

 

 

 

 

1.雑音を遮断する

 

 

まずはここから。

 

頭の中のパーティータイムは

いったん中止しよう。

 

 

 

外からの情報をあえていったん

遮断してみる。

 

 

 

SNSもやめてみる。

テレビもユーチューブも

刺激物をいったん、やらない。

 

 

 

「え~!!SNSない生活なんてありえない!」

「え~!ゲームがない人生なんて、廃人のような人生だ!」

 

 

 

 

うんうん。

わかります。

 

 

 

一生辞めなくていいからさ、

一時だけでいいのさ。

心を落ち着かせるためにさ、

少し「考えない」を感じる生活を

知ってみるところから始めてみても

いいんじゃないかな?

 

 

 

 

雑音(情報や思考)があるうえで、

心の声を聴くのは、無理があるのだ。

 

 

 

 

ステップ1でやることはまず、

「雑音を消す」なのだ。

 

 

 

 

心が落ち着いたら次ね↓

 

 

 

 

 

2.思考を辞める

 

 

静かな環境、

落ち着いた状態、

情報を遮断した状態、

 

 

 

これらを作ったら、

そのうえで、

「考えない」をするのだ。

 

 

 

 

「考えないをする」が

最初はめっちゃ難しいかもしれん。

 

 

 

 

人は「考えるな!」って言われるほど

つい考えてしまう。

 

 

 

何もせずボーっとしていると、

次から次へと雑念が入ってくる。

何か考えずにはいられない。

 

 

 

 

そんときはね、ちょっとしたコツ

があってね、

 

 

 

「呼吸」を意識してみるといいよ。

 

 

 

何か考えてしまったら、

「呼吸」に意識を向けてみる。

そしたら雑念が弱くなっていく。

 

 

 

これを繰り返していき、

だんだん雑念が減っていったら次ね↓

 

 

 

 

3.今この瞬間を感じる

 

 

「考えるを辞める」

「考えない」

を実際に行うための効果的な方法として、

「感じる」がある

 

 

 

 

「考えるな!」って言われも、

ついつい考えてしまうのが人間だし。

なかなか難しい・・・。

 

 

でも、「感じる」をすればいいんだ!

って思うと、ちょっと楽になる感じする?

 

 

 

 

何を感じればいいの?

 

 

 

 

感じる対象は自分の肉体。

自分の体に今この瞬間、

起こっていることを感じる。

 

 

 

たとえば、

「ああ、背中がかゆい」

これも今この瞬間起こっていること。

 

 

 

 

体に起こっていることを自分の感覚器官で、

感じることだけに集中していたら、

とりあえずは「考える」をしなくて済む。

 

 

 

そんな感じ。

 

 

 

 

これは心の声を聞くための

かんたんな3ステップね。

 

 

 

本当はもっと細かい手順があるけれど、

かんたんにざっくり言うとそんな感じ。

 

 

 

そんで、もっと深く知りたい場合は、

このブログ内にあるセンス系の記事

読んでみてちょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です