幸せな人・運がいい人・風吹く人生

 

 

 

波動貴志くん(はどうたかし)

(●´✪∀✪●`)

42さい、独身。

無職、コネなし、彼女なし。

 

*仕事はできないけど、いつも元気。

笑うことが大好きで、毎日が楽しい。

つられて、まわりのみんなも明るくなってしまう。

 

 

 

薄井幸子ちゃん(うすいさちこ)

J(´く_`‹ )し

24歳、未婚。

大手企業に勤めるキャリアウーマン。

まじめで勤勉、会社や人のために尽くすことに生きがいを感じる。

人に迷惑をかけることが大嫌い。

常に努力を惜しまない性格。

最近、プータローの彼氏に悩まされている。

 

 

 

 

朝:

 

 

 

 

 

 

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「ひゃ~、今日もお日様がキラキラですぅー!」

「ぼくちん、感動ですー!」

「今日も波動が高い感じするですー!」

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「あ、朝から暑い・・・」

「は、はやく仕事の支度しなくちゃ・・・」

どんより~

 

 

 

 

 

 

朝起きた後は・・・

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「お散歩ルンルンですぅー!」

「あ、お花だ!超綺麗ですー!感動ですー!」

「犬さん、かわいいなぁー(ほっこり)」

「今日も波動が高い感じするですー!」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「今日も満員電車・・・がまん、がまん・・・」

ム~ン

「う、うわぁ、となりのオッサン、く、くさい・・・」

ドアが開く(プシャー)

「あ、降ります、おりますぅ~(誰か通してぇええ)」

 

 

お昼

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「なんか、気分的に今日は、カレーが食べたい気分です~」

「波動的に、インドカレーです~!」

「うわぁ、めっちゃ旨い!!(感激)」

「波動が、波動が、今日も高いです~!!!」

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「シェフさん、今日のカレーもばっちぐーですぞ!」

「YOUは天才!カレージーニアス!よっ、カレーの王子様!」

 

インド人シェフ (´⊙ е ⊙`)

「ハドウサン、いつも、アリガトウネ」

「そんなに褒められると、ワタシ、ダンス、おどっちゃうネ」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「お弁当作って節約、節約。」

「あ、もうこんな時間。あと、15分で食べましょ」

「お茶も水筒で、私、地球環境にも貢献してます」

 

感動、ナッシング(し~ん)

 

 

不幸な出来事が起こっても・・・

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「あ!?電車乗り間違えてる・・・ウケるw」

「このまま、見知らぬ土地へぶらり一人旅とかしたら、

きっと何か感動なできごとが起こるんじゃないかなワクワク」

「それって波動、高し!!キラキラ」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「ああ、電車乗り間違えている!!私って、ほんとダメね・・・ミジメ」

「ああ、もう今から帰ったら、すぐに寝る時間んだわ、トホホ」

 

 

 

嫌みを言われても・・・

 

小学生たち(´∀`*)(o‘∀‘o) (っ´∀`)

「あ!ノージョブのオッサンだ!」

「今日も、プラプラしてるよ~、100円奢ってやろうか?」

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「え!?いいの!? やったー!!」

「アイスとか買っちゃうよー。」

「ちみたち、次いでに、ジュースも奢ってくれないかい?」

 

 

母ちゃん J( ‘ー`)し

「貴志や、あんた、いつ結婚するね?

仕事はどうするね?

ほんと、しょうもない!!」

 

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「母ちゃん、心配してくれてるの!?ありがたいねぇ、うれしいねぇ(しみじみ)」

「こんな母ちゃんの息子で、僕はラッキーだよ!」

 

母ちゃん J( ‘ー`)し

「貴志や・・・(だめだこいつ)」

 

 

 

上司 ( ´Д`)y━

「おい、薄井。なんなんだこの資料は!?」

「ぜんぜんなっとらん!」

「はい、作り直し~♪」「ハイ徹夜~♪」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「す、すみません・・・。」

「すぐに作り直します。」

(この、クソはげ上司が。

今にみてろよ・・・ぐすん)

 

 

嬉しいことをいわれても

 

おともだち( ●´Д`●)σ

「貴志くん、チミはいつも、明るくて元気だね~」

「僕はそんな君がすきだじょー」

 

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「ありがとう★」

「僕は愛されてるなぁ、幸せだなぁ!」

「これって、波動高いこと!!

そんな僕、波動貴志。(キラキラ)」

 

 

プータロ彼氏 (´-ω-`)

「さっちゃん、君はいつも仕事できるねぇ」

「がんばってるねー」

「今日はぼく、メロン食べたい」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「そ、そんなことない!」

「私なんて、会社じゃ、まだまだなんだから!」

(てめぇ、そろそろ働けや)

 

 

 

神さま ★降臨★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神さま (´θ`)

「ひょーっひょっひょw」

「貴志くんはいつも、明るくて元気だなぁ」

「楽しいこと、嬉しいことが、好きなんじゃなぁ」

 

 

 

神さま (´θ`)

「そんな貴志くんには、ほれ、

幸運の風を吹かせよう」

 

 

神さま (´θ`)

「ふ、ふぅ、ふぅぅうううう~~~」

 

 

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「あのね、なんかしらんけど、最近、6億円の宝くじ当たったの~!」

「きみにもすこしあげるね」

キラキラ

 

おともだち( ●´Д`●)σ

「貴志くん、チミはいつも、何か持ってるじょ~」

「ツイてるじょ~」

 

 

神さま (´θ`)

「ふ、ふぅ、ふぅぅうううう~~~」

 

 

貴志くん (●´✪∀✪●`)

「あのね、なんかしらんけど、最近、可愛いカノジョができたのだ!!」

「すっごくかわいいんだよ!」

「今度、君にも紹介するね!」

キラキラ

 

おともだち( ●´Д`●)σ

「貴志くん、チミはいつも、何か持ってるじょ~」

「モテる男だじょ~」

 

 

 

 

神さま (´θ`)

「ひょーっひょっひょw」

「幸子ちゃんいつも、イライラして、セカセカしとるのぉ」

「悲しんだり、どんよりしたりすることが、好きなんじゃなぁ」

 

 

神さま (´θ`)

「そんな幸子ちゃんには、ほれ、

不幸の風を吹かせよう」

 

 

 

神さま (´θ`)

「ふ、ふぅ、ふぅぅうううう~~~」

 

 

 

上司 ( ´Д`)y━

「おい、薄井。分かってると思うが、

会社も最近、業績が厳しい。

だからな、率直に言うとな、仕事辞めてくれ」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「ぴ、ぴぇええええ!!!」

 

 

プータロ彼氏 (´-ω-`)

「さっちゃん、君はいつも仕事できるねぇ」

「がんばってるねー」

「あのね、新しいカノジョができたから、お別れなのね」

「バイバイね」

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「き、貴様ぁあああ!!」

「貴様に今まで、いくらつぎ込んでいたと思っとるんじゃぁあああ!」

 

 

 

そして独りぼっちになった幸子ちゃん

 

~~~~~~~~~~~

海辺

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

 

 

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「か」

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「カモメがぴゅーぴゅー」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「な」

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「渚のジョニー~♪」

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「う、うぁあ¨あ¨あ¨あ¨あ¨ん」

(泣きじゃくり、顔ぐっちゃぐちゃ)

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「上司め!彼氏め!」

「そしてこの世界め!」

「よくも私を弄んでくれたわぁああ!!」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「海のバカヤロー!!!!」

(2時間ほど発狂していた・・・)

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「バ、バカヤロ、、ゴホッ、ゴホッ

「は、発狂しすぎて、もう声でない・・・」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「あ、あれ、なんかもうどうでもよくなったわ・・・」

(なんかスッキリ)

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「私、何が間違っていたんだろう・・・」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「私は幸子、薄井幸子。」

「幸せの子、と書いてさちこ。」

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「そう、私は、幸せの子なの。」

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「私、幸せになりたい!!」

(切実)

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「神様、おねがい、私、幸せになりたいの!」

 

 

 

 

そのころ神は・・・

 

神さま (´θ`)

「ドーナツうめぇw」

(もぐもぐ)

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「神様、おねがい、私、幸せになりたい・・・」

(´Д⊂グスン

 

 

 

天使ちゃん °ʚ(*´꒳`*)ɞ°.

「まあ、かわいそうなさっちゃん。」

「何か私にできることないかしら・・・」

 

 

天使ちゃん °ʚ(*´꒳`*)ɞ°.

「そうだ!(ひらめき)」

 

 

 

<心の声になる天使ちゃん>

 

 

 

心の声

「さっちゃんへ。

さっちゃん、笑いなさい。

自分に素直になりなさい」

 

「さっちゃんは、幸せの子。

いつも笑って明るく楽しく過ごしなさい」

「そうすれば、風が吹くわ」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「!?」

「ん、今なんか、きこえた!」

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「・・・笑いなさい、楽しみなさい・・・か」

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「そういえば私、最近、全然わらってなかったなぁ・・・」

 

 

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「そうか!

昔みたいに、小さい頃のように、

無邪気だった子供のころのように、

いつも明るく笑ってニコニコ、楽しく過ごせばいいじゃない!

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「なんでいままで気が付かなったんだろう・・・」

 

 

 

「なりたい」

「そうなりたい」

 

 

「なろう!」

 

 

 

幸子ちゃん J(´く_`‹ )し

「私は幸子。しあわせの子。」

「幸子はね、さっちゃんっていうんだ、ほんとだよ♪」

「いつも明るくニッコニコのさっちゃんだよ♪」

 

 

 

神さま (´θ`)

「フォォーッ、フォッ、フォッ、フォッ」

「今日もどこかで、明るく楽しい声が聞こえるぞい」

「今日も風を吹かそうぞ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です