この世の全てに対して全責任を持つ神様ゲーム

 

 

神「さあ、これからは、君がこの世界の神じゃぞ」

 

 

神「わしはもう引退だ。君に私の権限、

すなわち、神であることの権限を授けよう」

 

 

 

神「神であることの権限、それを持てば、

君は今日から、神として、この世界を

自由に作っていくことができる」

 

 

 

神「さあ、行きなさい」

 

 

神「新しい世界で、思う存分、表現をしなさい」

 

 

神「そして君の理想の世界を築くがいい」

 

 

神「あとは任せたぞ〜」

 

 

神「じゃ、わし、リタイアするから〜」

「ハワイのビーチでのんびりして、ギャルと戯れるから〜」

 

 

 

神「ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ」

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「という夢を見たんだよね」

 

「あまりにリアルな夢だったよぉ」

 

「これって、なにかの啓示かな?」

 

「ま、いいや」

 

「じゃ、とりあえず、今日から僕、神様ね」

 

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「アハハ〜なんだそれ、面白いじょ〜」

 

「チミが今日から神様ね、わかったじょ〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

天の声

 

「あ〜言い忘れたけど、

この世に起こるあらゆる全てのことは、

全部、創造主である君に責任があるから」

 

 

 

「そこんとこ、ヨロシクー」

 

 

 

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「うわー、今なんか変な声が聞こえたじょ〜」

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「ああ、たぶん、元神様からだね」

 

「でも、全てに責任があるってどういうことかしら・・・??」

 

 

 

 

 

 

 

 

この世の全て100%に対して責任を持つゲーム

 

 

 

 

天の声

 

 

今君が見ているもの、

触っているもの、

認識しているもの全て、

君が作り出している

 

 

だから君は、君が作り出した世界に

100%責任を持つのじゃ

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「え?何言ってるのー?」

「この家は僕じゃなくて、大工さんが作ったしー」

「僕が着てる服は、お店で買ったんだよぉ?」

 

 

 

 

天の声

 

たしかに、一見するとそうかもしれないが、

実はそういう現実を君が映し出している

 

 

 

大工さんも服屋さんも、

家も、街も、木も、太陽も、

今見ている全て、

今認識している全ては、

君が創造している

 

 

 

君の頭の中の記憶が

それを君に見せている

 

 

 

そういう仕組

そういうゲーム

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「な、なにそれ怖い」

「マトリックス的な何かですかー」

「なんかそういうアニメあったよね昔」

 

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「アハハハ〜面白いじょ〜」

 

 

 

 

 

天の声

 

 

そこで笑っている君のお友達も

君の脳が君にそう見せている

 

 

 

 

すべて君が作っている現実なのじゃ

 

 

 

だから、君は

この世界に対し、100%

責任をもつことじゃ

 

 

 

それがこの世界のルールじゃ

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「う、うわー、マジですかー」

「なんか僕、選ばれし者的な何か?」

 

 

 

 

 

天の声

 

 

ま、そういうゲームなのじゃ

そういうことにして、

ちょっと世界を自分の思うように

作ってみなされ

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「何それ、ますます怖い」

「ま、いいか、ゲームだし」

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「アハハハ〜面白いじょ〜」

 

 

 

 

 

自分に対し100%責任を持つ生き方 

世界に対し100%責任を持つ生き方 

 

 

 

 

 

100%責任を持つとは、

文字通り、自分に起こるあらゆる全てを 

自分の原因とする生き方 

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「う、うわーアイス落としちゃったよぉ」

 

 

 

天の声

 

それ、君の責任じゃ

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「アハハハ〜」

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「う、うわー外出しようとしたら雨降ってきたよぉ」

 

 

 

 

天の声

 

それ、君の責任じゃ

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「アハハハ〜」

 

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「う、うわー、誰かが僕のクレジットカードで買い物してるよぉ」

 

 

 

 

天の声

 

それ、君の責任じゃ

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「アハハハ〜」

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「う、うわー、ニュースで俳優の〇〇が不倫だってさ。驚きだねぇ」

 

 

 

 

天の声

 

それ、君の責任じゃ

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「アハハハ〜」

 

 

 

 

 

 

見たもの、感じたもの、

周りで起こったこと、

 

 

認識できる全ての現象に対して、

 

 

100%責任を持つ。

 

 

 

そういうゲーム。

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「さあて、今日はもう寝るか」

「zzz〜」

 

 

 

 

世界

「お、神が休んだぞ

今のうち、俺達も休んどこ」

 

 

 

 

 

こういう考え方

こういうゲーム

 

 

 

 

一生にたった1度でいいからやってみる

 

 

もし1日出来たら、次の日もやってみる

 

 

また出来たら、どんどん継続してみる

 

 

 

 

 

常識的にはありえない考え方

常識的にはありえない世界

非常識で理不尽な世界

 

 

 

 

100%責任を取るってそういうこと

 

 

 

 

でも、そういうゲームだから

 

 

 

 

遊びと思ってやってみる

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「うわぁ、この前、アマゾンで注文した

魔法少女☆ミラクルポンコちゃん1/8フィギュアの首が取れた状態で届いたよ〜」

 

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「アハハハ〜」

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「んもぉ、笑いごとじゃないよぉ」

「さすがの僕も激オコだぞぉ」

 

 

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「でも君の責任だじょ〜」

「だって君神様だじょ〜」

 

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「あ、そうだった」

「僕神様だったんだ」

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「じゃ、何。フィギュアの首が取れてるのも、

僕が原因で、これを引き起こしてるって言うのかい?」

 

 

 

 

 

 

( ●´Д`●)σ

 

「そーだじょ〜」

「すべては神様のおぼしめしだじょ〜」

「君は神様だじょ〜」

「君の思考が、そうさせたんだじょ〜」

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「な、なにそれ怖い」

「僕そんなこと思ってないんだけどな・・・」

 

 

 

 

 

天の声

 

君は今そういうゲームをしておる

君が何を思おうが、どう言い訳しようが、

この世で起こる全ては、 

神である君の思考の結果なのじゃよ

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「う、うわー、僕もうやだよこんな世界」

 

 

 

 

天の声

 

 

君がこの世界に対し

「100%責任を取る」と決めたとき、 

世界は君に味方し始めるじゃろう・・・

 

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「世界に対し100%責任を取る」

 

 

 

 

 

 

天の声

 

 

君は、良いこと、幸運が来たら、

当たり前のように世界から受け取るが、

 

 

 

悪いこと、災難・不運が来たら、

世界に対して避難をし、受け取りを拒否しようとする

 

 

 

それは世界に対して100%責任をとってはおらん

 

 

 

だが、もし君が100%責任を取る、 

と決めたとき、君は世界を君自信にとって 

より良いものに作り変えていくことができるのじゃ

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「!!」

 

 

 

 

 

 

天の声

 

 

例えば、君は、

 

 

 

 

壊れたフィギィアを目の前にし、

怒りを表すこともできる

 

 

 

壊れたフィギィアを売ったお店に

クレームを言うこともできる

 

 

 

壊れたフィギィアを修理に出す、という道もある

 

 

 

「嫌な思いをした」と諦めて、

フィギィアのことは忘れてしまうこともできる

 

 

 

まあ、他にも思いつく限り

いろいろな道があるじゃろう

 

 

 

 

そしてどの道が「正解」かは

誰にもわからない

 

 

 

どの判断をしても、

また判断をした先に

新しい結果が生まれる

 

 

 

 

そしてその新しい結果すらも、

100%君の責任じゃ。

 

 

 

 

 

それがこの世界に対し

「100%責任を負う」

ということじゃ。

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「!!」

 

 

 

 

天の声

 

 

ただ、「100%責任を持つ」

と決めた者は、

 

自分の人生をより、慎重に大切に 

生きるようになるであろう 

 

 

 

 

 

誰かのせいにして避難することは簡単じゃ

 

 

それがたとえ、

 

人間が作ったルールだとしても・・・、

 

そうじゃな、例えば法律じゃ、

 

法的に見て、100%君が正しかったとしても、

 

それはしょせん、人間が作ったルールじゃ。

 

 

 

人間が作った法律に則って、君が正しかったとしても、

この自然界の法則に則って作られた世界に対しては、

君は責任を逃れたとは言えん。 

 

 

 

法的に100%君が正しくても、

もし誰かのせいで君に

災難が降り掛かったとしたら、

 

 

 

それを100%自分の責任として受け止める

 

 

 

それがこの世界に対し、

「100%責任を負う」ということじゃ。

 

 

 

それが「自分の世界の神様になる」 

ということじゃ。

 

 

 

「神様になる」と決めた者だけが、 

自分の世界をより良いものへ 

変える力を手にするのじゃ。 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「ぬ、ぬ、ぬぉぉぉぉぉっ」

 

「脳汁ぷっしゃぁぁぁぁぁ」

 

「神よー、あ、いや、元神よー」

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「わかったよー!」

「僕、すごく大切なことに気がつけたよぉ!」

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「ぼ、ぼく、良いこと、悪いこと、

全部受け止めて、神様になるよぉ!」

 

「立派な世界を作ってみせるよー!」

 

 

 

 

天の声

 

 

ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。

 

それが君の答えじゃな

 

よかろう

 

わしはもう引退じゃ

 

あとは君に任せるからのう

 

わしはそろそろビーチに戻るぞ

 

 

 

最後に、君の決意が聞けて、

 

わしも神様していたかいがあったぞー

 

 

 

それじゃ、新しい神様よ、

 

よろしく頼むぞー

 

さらばじゃー

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉ `)

 

「よーし、今日から僕が

新世界の神になる」

 

 

 

( ●´Д`●)σ

「アハハハ〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です