ハードモード人生の沸点を下げていこう

 

 

沸点を下げていこう

 

 

 

 

ドンドン下げていこう

 

 

 

 

笑いの沸点が下がると、

良いことばかり。

 

 

 

だって、何でもない

日常のつまらないことですら、

日々、おもしろいんだよ!

wwww

 

 

 

 

最高じゃん!

 

 

 

 

それに、嫌なことがあったり、

嫌なことを言われたり、

ものすごく落ち込んだり、

辛いことがあったりしても、

 

 

 

笑いの沸点がひくければさ、

めっちゃ刺激の強いお笑いを求めなくても、

日常の些細なことの中から、

クスクス笑えることが見つかってくる。

 

 

 

 

つまり人生のハードルがめっちゃ下がる!

 

 

 

 

 

合格ラインをどんどん下げていこう。

 

 

 

 

仕事の完璧度とか、

目標の達成率とか、

これだけやったら〇とか、

最低限これをできない人はダメとか、

 

 

 

そーゆー合格ラインをどんどん

下げていこう

 

 

 

 

下げれば下げるほど、

アレも許せる、

これも許容範囲、

それもいいよって、

 

 

 

なんでもかんでも

許せちゃう。

 

 

 

 

ゆるゆるになっちゃう。

 

 

 

 

つまり、人生イージーモード!

 

 

 

 

ダメな自分も、

ダメな他人も、

 

 

 

ハードルが下がれば、

全部許容範囲。

 

 

 

 

幸せの沸点も下げていこう。

 

 

 

 

アレが無いと不幸せ。

これができないと不幸。

こうならないと苦しい。

 

 

 

 

沸点が高いほど、

苦しい。つらい。

みじめだ。

かなしい。

 

 

 

 

だから幸せの沸点を下げていこう。

 

 

 

 

お布団の中しあわせ。

お風呂ぬくぬくしあわせ。

ごはんおいしいしあわせ。

息吸えること超しあわせ。

 

 

 

 

 

何かを目指したり、

成長したり、

今まで以上に得たり、

成果を出したり、

スゴイ挑戦をしたり、

 

 

 

 

っていうのと、

自分の感情ってやつを

いちいちくっつけない。

 

 

 

シンプルにコレ↑

 

 

 

感情は感情として、

別にとらえよう。

 

 

 

どんな時があって、

どんな状況でも、

自分の幸せ空間の

ATフィールドを守る。

 

 

 

その幸せの状態と、

それ以外のことをリンクさせない。

 

 

 

 

ただ、やることは淡々とやるし、

必要なことはやるし、

やりたくないことはやらなし、

やらざるを得ない状況になっても、

幸せフィールドとは別個にし、

切り離し、外の問題は外の問題として、

やっていく。

 

 

 

 

沸点を下げると、

この幸せ空間を作りやすいね。

 

 

 

この幸せ空間を

日々、守る、継続する

を人生の一番の優先事項として

 

 

 

 

その他のことは、2次的なもの

として取り組んでいきたい。

(おまけみたいなもん)

 

 

 

本来、そーゆー方が、

健康的なのかもね。

 

 

 

案外、そーゆー方が、

いろいろとうまくいく。

 

 

 

そー思うのであります。

 

 

 

 

そんじゃ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です