その好きなことがニセモノだとしたら・・・

 

ネコ先生

「好きなことある人ー!」

 

 

ひよこ

「ハーイ!♡」

 

 

 

 

「ほ~そりゃよかったのぅ~」

 

 

 

ひよこ

「ハーイハーイ♪」

 

 

ネコ先生

「さぞかし嬉しいじゃろうなぁ~」

 

 

ひよこ

「うぇ~いうぇ~い☀」

 

 

ネコ先生

「そんな中、希望をぶち壊すようで悪いんだけども、」

 

 

 

ネコ先生

「YOUのその好きなことが、ニセモノだとしたら、どうするかね?」

 

 

 

 

ひよこ

「え?」

 

 

 

 

 

ニセモノの好きなこと

 

 

 

好きで好きで仕方がないことが

本当は好きじゃなかった件

 

 

 

そんな壮大な勘違いがあるとしたら、

いや~、考えただけでも恐ろしや・・・

 

 

 

人生において、自分がすがれる

その何かが、幻想だとしたら・・・

 

 

 

恐ろしくて恐ろしくて、

考えたくもない。。。

 

 

 

 

何のためにそれをやるのか

 

 

そもそも、なんでそれをやっているのか。

 

 

 

なぜ、それが好きなのか?

 

 

 

その理由を、動機を

掘って掘って掘り続けて、

その先に本当に、

「情熱の元」となる

宝物が眠っているだろうか・・・

 

 

 

 

認められたくてそれをやるの?

人気者になりたくてそれをするの?

愛されたくてそれをするの?

実績が欲しくてそれをするの?

求められたくてそれをするの?

スゴイって思われたくてそれをするの?

有名になりたくてそれをするの?

モテたくてそれをするの?

偉くなりたくてそれをするの?

お金になるからそれが好きなの?

チヤホヤされたくてそれをするの?

 

 

 

 

 

いったいそもそも、なぜ、

あなたはそれが好きで、

それをするのだろうか。

 

 

 

 

そもそもを掘れば掘るほど、

その動機が見えてくる

(;゚д゚) ゴクリ・・・

 

 

 

 

恐怖 VS 好奇心

 

 

ああああ、なんということだ!

 

 

 

〇〇の愛を欲しかったんだ。

〇〇に愛してもらいたかったんだ。

 

 

 

愛が足りない。

愛されていない。

 

 

 

愛されないと怖い。

死んじゃう。

 

 

 

愛がほしい

 

 

愛がほしい

 

 

愛がほしい

 

 

 

怖い

 

 

怖い

 

 

怖いよぉ~

 

 

 

 

 

 

この夜空に浮かぶたくさんの星。

あの星のさらに向こうには、

いったい何があるのだろう。

 

 

 

 

この花のいい香り。

この香りは一体、

どこへ運ばれていくのだろう。

いったい何のためにあるのあろう。

 

 

 

 

この海の中には、

いったいどれだけの深さがあるのだろう。

そしてそこにはどれだけの生き物たちが住んでいるのだろう。

海はなぜ、青いのだろう。

 

 

 

 

ああ、ケチャップはなで

あんなに赤いのだろう。

なんで甘くておいしいのだろう。

ケチャップはなぜ黄色じゃないのだろう。

 

 

 

 

心の奥底に眠るモノ

 

 

さあ、あなたの心の奥底に眠るそれは、

いったい、どんなものだろう。

 

 

 

それは恐怖なのか。

それと好奇心なのか。

 

 

 

 

 

本当に欲しいものが見つかるとき

 

 

 

本当に本当に欲しいものが見つかるとき、

今まですがっていたソレが、

「あ、これ本当は好きじゃなかった」と気づくとき

 

 

 

「あ、もう興味なくなったわ」

と手放すとき。

 

 

 

でもでも、

そんな恐ろしいことはできない。

そんなはずがない。

 

 

 

自分の信じるそれは、

まぎれもない真実。

 

 

 

それが幻想であるはずがない。

 

 

 

 

さあ、あなたはどっち!?

 

 

 

 

 

とはいえ、100%白黒はっきりする人間なんて

まれだよね。

 

 

 

 

そりゃ、好奇心の中に少しくらい、

恐怖が入ることもあるし、

恐怖の中にも、すこしの希望を持っていたりする。

 

 

 

それでいいのです。

だって人間だもの。

完璧な人なんて一人もいない。

 

 

 

 

それでもいいたいこと

 

 

 

ただ、一つ言えることは、

本当の自分に気づいたとき、

「今まで必死に大切に守っていたものが、本当は捨てても良かったものだったんだ」

って気づくことがある。

 

 

 

好きだけど、好きじゃなかった!

(夢だけど夢じゃなかった―!)

 

 

 

なんて、自分でぐるぐる回っているときも、

あってもいいのです。

 

 

 

気づく人は気づくし、

気が付かない人はそのまま。

 

 

 

 

それでも、どんな自分にもOKを

出し続けていけばいいのです。

 

 

 

 

そんじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です