失敗は絶対不可避の通過点。失敗をたくさんした方がいい理由

 

どーも、Koichiです!

 

 

この記事では、
失敗をたくさんした方がいい理由について
詳しく解説していきたいと思います。

 

 

あなたは
「失敗」という言葉を聞いて
どのように定義しますか?

 

 

多くの人は、

 

 

失敗と聞いて、
感情的に嫌な感じと
連想すると思います。

 

 

失敗=

 

 

怖い
嫌だ
避けたい
怒られる
恥ずかしい
情けない
悔しい
負け
許せない
ダメな奴


 

 

失敗と聞くと
ネガティブな言葉ばかり
連想されるのではないでしょうか。

 

 

確かにそうですね。
僕も失敗は嫌です。

 

 

でも本当は
私たちは失敗を
短絡的な視点で見て
解釈しているに過ぎないかもしれません。

 

 

これらのネガティブな言葉は、
失敗したその瞬間だけを
表した言葉です。

 

 

本当の失敗とは
もっと長期的な視野に
基づくものです。

 

 

本当の失敗の定義とは次のようなものです。

 

 

失敗とは・・・

 

 

成功のもと
経験値
教訓
教え
人生の先生
また一つ賢くなった
成功までの道のりの一歩を進める大切なもの
成功という回答を消去法で導いていく際に出力される必要不可欠な1因子

 

 

などなど。

 

 

失敗とは、

 

 

物事が長期的に
時間をかけて大成していく上で
必要となる重要な要素です。

 

 

中にはたった一回で
成功することもあります。

 

 

でもそれは、
別の言い方をすると、
それは既にできる、
ということです。

 

 

既にできることを
繰り返すことに
なんの意味があるのでしょうか

 

 

何かに挑戦するとき
失敗は絶対に発生します。

 

 

でもそれがあって
挑戦がやがて成功するのですから、
失敗はとても重要なもの、

 

 

ということがわかります。

 

 

そうなってくると、
失敗をたくさんした方がいい
と言う理由がわかってくると思います

 

 

このことについては
ゲームに例えるとわかりやすいです。

 

 

例えば、

 

 

アクションゲームやシューティングゲームは
よく「暗記ゲーム」と言われます。

 

 

ゲームをクリアするまでに
どのタイミングで
どれくらい敵が出てきたり、
どこに障害物が出てくるかを
暗記しながら進めるゲームだからです。

 

 

ゲームをクリアするには、
ゲーム中に出てくる敵や障害物を
ほとんど無意識に対処していきます。

 

 

無意識に対処するには、
体で覚えるくらい同じゲームを
やり込む必要があるということです。

 

 

体で覚えるには、
それだけたくさんゲームをし
何度もゲーム中に死んでいはずです。

 

 

死んだ数は失敗の数です。

 

 

死んだ数が増えれば増えるほど、
ゲームの内容を体で覚えていき、
早くゲームをクリアすることができます。

 

 

失敗を繰り返せば繰り返すほど、
成功を体で覚えていくのと一緒です。

 

 

つまり、

 

 

失敗データ(経験値)を積み重ねるほど
そのデータの中から
たくさんの成功パターンを見つけせます。

 

 

であるなら、
失敗とは、できる限り若いうちから、
できる限り数多くした方が、
より多くの成功パターンを見つけられる

 

 

ということになります。

 

 

早く目標に達成し、
成功したい場合は、

 

 

できるだけ早く
できるだけたくさん
失敗を積み重ねていくことです。

 

 

成功者を別名
この様に呼びます。

 

 

成功者とは
成功していない人の何十倍、
何百倍も失敗を繰り返し、
最後まであきらめなかった人

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です