複数の最悪のシナリオを予想し、準備することが大切

 

どーも、Koichiです!

 

 

この記事では、

 

 

最悪のシナリオを
複数予想し、
準備することの大切さ

 

 

について書いていきたいと思います。

 

 

「備えあれば憂いなし」

 

 

ビジネスを行う上で、
備えはとても重要です。

 

 

特に初心者の方は、
意識したほうがいいです。

 

 

ゼロから始めること、
小さく始めること、
まずは生き延びること

 

 

の記事でも書きましたが、
初心者の方がビジネスを始めた後、
まず意識することは生き延びることです。

 

 

生存確率を上げるため
備えを十分に行う、
ということです。

 

 

もちろん、
副業でやられている場合は、
本業がまだ残っているので、
多少安心な部分はありますが、

 

 

完全に独立している場合は、
日々常に備えをしながら、
同時に成長していく、
ということが大切です。

 

 

余計なものにお金を使って
赤字、資金ショート、などのリスクに
陥らないよう気を付けます。

 

 

そして備えも大切ですが
もっと重要なのは、
リスクを想定できることです。

 

 

たとえば、
輸入ビジネスでは
次のようなリスクがあります。

 

 


仕入れミスによって在庫を抱える
支払い期限に間に合わず、
クレジットカードが利用停止になる
商品を入れた後に価格崩壊が始まる

 

 

比較的リスクがほとんどない
と言われている無在庫販売でも
多少のリスクはあります。

 

 


円安になって利益が圧迫される
商品配送が長くなるリスク
アカウントが停止になる

 

 

など。

 

 

その他にも、

 

 

輸入ビジネスに関わらず、
商売をやっていれば
さまざまなリスクが発生します。

 

 


仕入れ先が逃げた
仕入れた商品が届かない
仕入れた商品が偽物だった
仕入れた商品が壊れていた

 

 

など。

 

 

しかし、
実際にやり始めて
ビジネスに慣れてくると、

 

 

こういうことは
全て想定内の出来事として
対応できるようになってきます。

 

 

全てを想定内にする、
というのは、

 

 

考えられる限りの全ての
リスクとその対処方法を
あらかじめ知っておく

 

 

ということです。

 

 

知っていることは想定内。
知らないことは想定外。

 

 

ビジネス初心者の方は、
その業界のリスクについての
知識がありません。

 

 

知識がないので、
身にかかるリスクは
すべて想定外のことに
なってしまいます。

 

 

しかし、
想定外のリスクを
想定内にするには、
次の2つの方法があります。

 

1. ひとつずつ実際に経験して身に染みて覚える

 

最初、僕は独学でした。

 

 

そのため、
自分の周りに助けてくれる人は
誰もいませんでした。

 

 

だから、起ったリスクは
すべてを自分で経験して
覚えてきました。

 

 

例えば、新しい商品を
ヤフオクで取り扱ったある日、
突然アカウントが停止されてしまった
とうことがありました。

 

 

かなり焦りました。

 

 

なぜ停止になったのか
理由を尋ねましたが、
ヤフオクから回答してもらえませんでした。

 

 

おそらく
取り扱った商品が
良くなかったのかもしれません。

 

 

そのとき最悪のシナリオを
想定していなかった僕は、
大きな不利益を被ることになりました。

 

 

身に染みて覚えるとは、
そういうことです。

 

2.既に知っている人からリスクを全て教えてもらう。

 

既に経験している人から、
リスクとその対処方法をあらかじめ
全て教えてもらえば、

 

 

痛みを伴わず、
損をすることなく
精神的にも不安を抱えることなく
リスクを確実に回避することができます。

 

 

効率がいいし、
安全な方法です。

 

 

昔の教えにこのような言葉があります。

 

 

知者は歴史から学び、
愚者は経験から学ぶ

 

 

これを言い換えると、

 

 

賢いものは、経験者から学び、
愚か者は自ら経験して学ぶ

 

 

誰も教えてくれる人がいなかった
当時の僕は、完全に後者でした。

 

 

自ら失敗し、痛みを伴い、
辛い思いをして、
ようやく学びました。

 

 

昔から賢い人たちは
教育を重要視しています。

 

 

お金持ちや成功者は
教育にものすごく
お金をかけています。

 

 

教育とは一丸に
現在の学校教育のことを
指すわけではありません。

 

 

本質的には
「学び」に対しては、
先にお金を払ってでも得ようとします。

 

 

なぜならそっちの方が
効率がいいし、確実だし、
安全だからです。

 

 

もちろん、
独学で新しい道をみつけられれば、
第一人者になれるという
とても大きなメリットがありますが、
それはときにいばらの道だったりします。

 

賢い人はメンターからカンタンに効率よく全て教えてもらうことができる、ということです。

 

 

どちらの方法が良いかは
人それぞれですが、

 

 

まだ誰も知らない未知の領域
ではなく既に誰かが知っていること
に関して言えば、

 

 

わざわざ独学するより、
既に知っている人に聞いた方が
理にかなっていると思います。

 

 

とくにリスクに関しては
あらかじめ対処方法を把握し、
自分の中の想定内にしておくことが、
確実に生き延びる確率を上げる上で、
とても大切です。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です