「頑張る」と「がんばる」の違い

 

心のことや、

ジェダイの教え的なことを

たくさん書いてきた中で、

よく耳にする言葉がある。

 

 

 

「頑張らない」

 

 

 

人生を常に頑張ってきた意識高い系の人たちが、

何かの拍子で、ふと心の世界へ足を踏み入れたとき、

あるときひょっとしたことから、「頑張らない」

という普段の自分とは真逆の言葉を聞いて、

最初はいろいろと困惑する。

 

 

 

 

怒りだす人もいる。

ありえないと思う人もいる。

反論する人もいる。

頑張らなきゃダメになっちゃうって思っちゃう人もいる。

文字通り受け止めちゃう人もいる。

 

 

 

 

そんで「頑張らない」の意味を深い部分まで理解できないと、

なにか「思ってたのと違う」と思っちゃうかもしれない。

「コレジャナイ感」におそわれてしまうかもしれない。

 

 

 

そうならないよう、

備忘録的にちょっとここに書いておこかな。

 

 

 

 

「頑張る」と「がんばる」の違い

 

 

「頑張らない」の意味を説明できるようにするために、

混乱しないように、分りやすいように、

「頑張る」と「がんばる」に分けてみる。

 

*この「頑張る」と「がんばる」という2つの言葉は、

あくまでこの記事の中で、とりあえず定義しただけ。

この記事の中だけの意味ね。

そこんとこよろしこ。

 

 

 

行為自体は、「頑張る」も「がんばる」も

やってることは全く一緒なんだけれど、

本当はいろいろと違う。

本質が全く違う。

やってる状況が違う。

それをやってる人の心情も違う。

 

 

 

「頑張る」は、苦しい思いをして何かに努力すること。

自分の本心ではないけれど、我慢して、

何かのために時間やお金やエネルギーを費やして、

何かをしようと励む行為。

 

 

 

「がんばる」は、努力してない状態。

カンタンに言うと、熱中・没頭してる状態。

フロー状態とかいう人もいる。

でも、それだけじゃまた、勘違いされる。

 

 

それだけなら、たとえ嫌な仕事とをしていても、

人はときどき「熱中・没頭」できるときもある。

 

 

だから、それだけじゃない。

 

 

「がんばる」は「楽しい」を頑張るってこと。

「ワクワク」を頑張るってこと。

 

 

つまり、たとえば、

ゲーム大好きな小学生の子が、

週末は朝から晩まで、飽きずに

ひたすらゲームに没頭する。

 

で、その子の心情は、

もう「楽しくて楽しくて仕方がない!」

っていう状態。

 

 

 

 

「ゲームを頑張る!」とは言わないで、

ゲームをしてたらなんか知らんけど、

「10時間くらい経ってたわ!」

「なんか知らんけど、極めすぎてたら、

ゲームの国際大会で優勝しちゃったわ!」

 

 

そういうのが「がんばる」ってこと。

 

 

 

 

 

「がんばる」には、

苦悩、苦しみ、痛み、苦痛、

我慢、イライラ、不安、悩み、

そういうのがなくて、

 

 

 

ただただ、

楽しくてワクワクで、面白くて、

飽きなくて、やってるだけで

嬉しくて幸せで、心が

震えていること。

 

 

 

心が震えている

 

 

 

説明じゃないんだ。

言葉じゃないんだ。

あとは感覚なんだ。

 

 

 

 

「心が震えてる」とか

「心が躍る」とか

「ワクワクして眠れない」とか

 

 

 

そういう、体が実際に感じていることなんだ。

(誰だって、1つや2つ、こういう経験あるでしょ?)

 

 

 

この震える感覚をもって

何かに取り組んでいるとき、

頑張ってないんだ。

 

 

 

ただただ、「がんばる」なんだ。

 

 

 

 

 

「頑張る」は意識的、「がんばる」は自然発生的

 

 

何かを頑張るとき、

「ウッシャ!」つって気合い入れる。

そんで「今から勉強頑張るか!」とか

自分で「頑張る」状況を作る。

 

 

 

でも「がんばる」は逆。

「今からがんばりまーす!」

っていう手順ではない。

 

 

 

心震えることをする。

そしたら熱中・没頭が始まる。

もう楽しくて仕方がない。

気づいたら「がんばる」をしていた。

気づいたら「がんばる」の状態になってた。

 

 

「がんばる」は後からくる。

後付け。

自分の意識でそういう風に持っていく、

のではなく、どっちかっていうと

自然発生的な感じ。

 

 

 

 

こんな感じ。

 

 

 

これをわかった上で、

もし今まで「頑張る」を続けていて、

苦しかったり、うまくいかなかったり、

幸せでなかったりしら、いったん、

「頑張る」の方をやめてみるのさ。

 

 

 

そのあと、

「頑張る」が心の中にいなくなった後、

心にぽっかり穴が開くかもしれない。

 

 

 

そしたらそれは、休息のサイン。

だらっとして、

ゆったりして、

思い切り休んで、

自分を癒すんだ。

 

 

 

 

そしたら次に、心がうずうずしてくる。

そのときがきたら、

「楽しい」とか「ワクワク」とか

「心震えること」で人生をたくさん、

埋めていくんだ。

 

 

 

「頑張る」を辞めた後、

不安になって、恐怖を感じて、

心配して、苦しくなって、

そうしているうちに、

お金が無くなり、生活できなくなり・・・

 

 

 

それは心の中に

自分の心が震えるような「楽しさ」「ワクワク」

を入れる代わりに「心配」や「恐怖」ばかりを

入れちゃってるからなんだ。

 

 

 

 

 

そしたらそれは、まだ癒し切れていない状態

かもしれない。

とことん休もう。

 

 

 

そんで、大きなワクワクとか目標とか、

何かすごいことしなきゃ、って思うのではなく、

どっちかっていうと、まずは、

小さなワクワク、小さな幸せを

日々、じわじわ~っと感じて、見つけていく、

ということなんだな。

 

 

 

 

そういうので自分の時間をたくさん

埋めていくとさ、

なんか流れが変わってくるんだな~。

 

 

 

いろいろなことがチョロくなってくるね。

いろいろな人から好かれだすのね。

いろいろと応援されちゃったりするのね。

人生が幸せモードに入っていけるのね。

 

 

 

 

 

ま、そんな感じかな。

そこんとこよろしこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です