一つのことしかできないからだなのだから

 

 

一つのことしかできない世界。

一つのことしかできない体。

一つのことしか意識出来ない自分。

 

 

 

 

「楽しいなぁ」って思ってるとき、

同時に「苦しいなぁ」って思えないね

 

 

 

 

「ありがたいなぁ」って思ってるとき、

「怖いよ~」なんて思ってないね

 

 

 

 

 

山に登ってるとき、

降りてないよね

 

 

 

 

食べているときは

眠れないよね

 

 

 

寝ているときは

食べれないのだ

 

 

 

 

東京ディズニーランドを選んだとき、

同時にUSJに行くことはできない。

 

 

 

 

前へ向いて歩いているときも、

後ろへ向かって逆戻りはできないの

 

 

 

2020年に生きているとき

1990年に生きられない

 

 

 

 

1つのことを1つだけ。

今この瞬間、自分が選べるのは1つだけ。

世界はそのようになっている。

意識的にそのようにしか生きられない。

 

 

 

 

上手くできてるなぁ

 

 

 

 

「過去の方が良かった!」

と後悔すると、今この瞬間は

「悲しい」になる

 

 

 

「あの時は楽しかったなぁ」

って過去を再度味わうと、

今この瞬間も「楽しい」を味わえる

 

 

 

 

「これから先、未来は不安だなぁ」

って思ってると、今この瞬間は

「不安」に包まれる。

 

 

 

「未来のことはわからないし、不安だなぁ」

と思ってても、今この瞬間は

「それでも今は生きていられる。ありがたい」

と思えば、今この瞬間は「感謝」で生きられる。

うれしみ

 

 

 

 

どうやら僕らは、

今この瞬間にしか

生きられないみたい。

 

 

 

そんでもって、

今この瞬間は、

1つのことしか選べないみたい。

 

 

 

であるなら!

 

 

 

 

 

 

このように自分自身に

問うてみる。

 

 

 

 

「自分はどうやって生きたい?」

 

 

 

 

そしたらやっぱり、

「楽しく生きたい」

「幸せに生きたい」

になるよね

 

 

 

 

そしたら今この瞬間、

たった1つしか選べないのだとしたら、

やっぱり幸せになる方を常に選択していきたい。

 

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

 

 

 

今この瞬間に感じられる「生かされてる感」に

気づけば気づくほど、

感謝が生まれるよね

 

 

 

 

今この瞬間に感じられる

味わえるものに気づけば気づくほど、

じわじわと幸せが生まれるよね

 

 

 

今この瞬間に

誰かの幸福を願ったり、

祈ったりする瞬間、

心が軽くなり安心が芽生えるよね

 

 

 

 

今この瞬間、

自分から誰かに声をかけたり、

自分から誰かに親切にしたり、

自分から与えた瞬間、

心が喜ぶよね

 

 

 

 

この瞬間、瞬間に投影される

自分映画の映像を、

自分で好きなように選べる。

 

 

 

 

じわじわと何度も何度も

不安・苦しみ・恐怖を

抱き続けて、日々過ごすのか

 

 

 

それとも、

楽しさ、心地よさ、感謝、嬉しさ、幸福

などなどをいつも意識して

そっちを選ぶように生きるのか。

 

 

 

 

選べる。

 

 

 

そんで、人間は、自然のまま、

無意識でいると、だんだんと

ネガティブな方へ行きやすい。

 

 

 

「自分は幸せになりたい」と意識すると

ポジティブな方へ向けられる。

そして出来る限り、そういう風に意識を続けていく。

 

 

 

 

好きな方を

自分で選べる

 

 

 

 

そんなら、

もう答えは1つだけ。

 

 

 

 

そんじゃ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です