バズるより、あなたらしさのオリジナルで勝負しろ!

 

(´θ`)

あぁバズりたい

 

(´θ`)

毎日バズりたい

 

(´θ`)

一日3度、バズってみたい

 

(´θ`)

あわよくばバズりたい

 

(´θ`)

隙あらばバズりたい

 

(´θ`)

どっかにバズ落ちてねぇかな~

 

(´θ`)

バズ売ってねぇかな~

 

(´θ`)

バズってバズってバズりまくる人生を送りたい!

 

(´θ`)

ば、バズ~

 

 

 

(。☌ᴗ☌。)

どうしたのバズ夫くん?

さっきから、なんか、

バズ、バズって

うなされてるみたいだけど・・・

 

 

バズ夫 (´θ`)

あ、オリジ・ナル美ちゃん。

俺は、バズりたいんだよ~

 

 

 

バズって、お金を儲けたい

バズって、ちやほやされたい

バズってモテたい

バズって、有名になりたい

 

とにかく、なんでもいいから、

バズりたいんだよ~!!

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

まぁ、なんでもいいから

バズりたいだなんて・・・

 

 

あなたは、自分が目立てば、

どんな方法だっていいって言うの?

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

ああ、いいのさ。

バズりさえすれば、

もうなんでもいいさ

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

でも、そんなのまやかしよ。

一瞬、バズったからって、

そんなのバブルよ。

 

 

 

どうせみんな、

すぐに忘れるわ

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

そ、そうかもしれなけどさ、

バズって見たいんだよぉ、俺は!

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

(まぁ、バズ夫さんたら・・・

そうとう、病んでるのね・・・)

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

でも、バズ夫さん、

そんなのって一発屋だわ。

もし一瞬、バズったところで、

次の瞬間、またすぐに、しぼんじゃいますよ。

はじけますヨ。

急落しますよ、崩壊しますよ。

すぐに元の自分に戻りますよ。

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

う、ウーン。。。

 

 

バズ夫 (´θ`)

じゃ、じゃあさ!

 

常にバズってたらいいんじゃね!

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

毎回バズること考えればいいじゃん!

毎回バズるネタ探せばいいじゃん!

毎回いつもバズるタイトル付ければいいじゃん!

毎回バズを意識して生きていけばいいじゃん!

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

まあ、バズ夫さんたら・・・

(こりゃ、いよいよ重症ね・・・)

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

でもバズ夫さん、

そんに必死になって、

誰かのネタを追う人生だなんて、

なんだか疲れないかしら?

虚しくないかしら?

それは、本当に楽しいことなの?

それって、バズ夫さんが、

本当に好きでやりたいことなの?

 

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

(なんてミーハーな人生・・・)

 

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

じゃ、じゃあさ、

ナル美ちゃん、教えてくれよ!

俺は、どうすればいいんだよ!

 

 

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

あら、そんなの簡単よ!

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

私はナル美。

オリジ・ナル美。

 

私はいつも、お父さんに言われてきたの。

 

ナル美、いつも心にオリジナルを持て。

いつもオンリーワンでい続けろって。

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

けっ。

そんなことを言えるのは、

一握りのカッコいい奴だけさ!

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

いいえ、それは違うわ。

 

お父さん、言ってた。

 

みんな生まれつき、

心にオリジナルを持っているって。

 

みんな、心の底にある

「本当の好き」を隠し持っている。

 

それを正面から見つめることが怖くて、

みんな、オリジナルであることを、

いつの日か、辞めちゃったの。

 

 

でも、最初は、

子どものころは、

みんな心に1つ1つ、

オンリーワンのオリジナル、

光輝く星を持っていたの。

 

 

 

 

 

れ、

大人になるにつれ、

それを忘れて、

誰かの光にすがるように

なってしまったの。

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

お父さんは、そのことを

十分よく知っていたから、

小さい頃から、私の心に

オリジナルの星が

輝いたままでいられるよう、

ずっと希望のある言葉を

投げかけてくれていたと思うの。

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

だからバズ夫さん、

思い出して!

 

バズ夫さんの

心の底にある光輝く星を!

 

 

それって、バズ夫さんが、

心の底から好き!って言える

ワクワクや好奇心なはずよ!

 

 

 

ナル美 (。☌ᴗ☌。)

私は信じてる。

バズ夫さんも、

きっとそれを思い出すって、

ナル美、信じる!

 

 

 

 

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

な、ナル美ちゃん!

なんか、今日はとても熱心に

話してくれたけど、

なんか俺、

大切なことを忘れかけていたような

気がするよ・・・

 

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

お、オリジナルか・・・

お、オンリーワンか・・・

 

心の中に、光り輝く星。

 

俺にも、それがある。

 

すっかり、忘れてしまったけれど、

きっと、まだ心の奥底で、

かすかに光を放っているはずだ・・・

 

(ゴクリ)

 

 

 

 

バズ夫 (´θ`)

俺はバズ夫。

俺はオリジナル。

俺の体も心も、

存在全てが、

オリジナル。

 

 

 

そして光り輝く星は、

この世界中にいる

全あなたの中にも1つ1つ、

存在してる

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です