心のコンパス

 

 

「ねえねえ、朝は、ごはんとパン、どっちがいい?」

(ワタシ、がんばって作るよ?)

 

 

 

 

「う~ん」

 

 

 

「バイブスが上がる方⤴」

 

 

 

「ねえねえ、オセロと将棋どっちで遊ぶ?」

 

 

 

 

 

「う~ん・・・バイブスが上がる方⤴」

 

 

 

 

「カレー味の〇〇〇と、〇〇〇味のカレー、どっちか選べ」

 

 

 

「う~ん・・・バイブスが上がる方⤴」

 

 

 

 

 

「あ、ちょ、ま! 何その選択!?究極すぎでしょ・・・」

 

 

 

 

 

「目玉焼きはさ、ソースとケチャップどっちがいい?」

 

 

 

 

 

「う~ん・・・バイブスが上がる方⤴」

 

 

 

 

「きのこの山とたけのこの里っつたらどっち?」

 

 

 

 

「そりゃ、バイブスが上がる⤴方っしょ!」

 

 

 

 

「スターバックスとドトールならどっちがいい?」

 

 

 

「そりゃ、スタバっしょ!」

「あ、いや、やっぱバイブスが上がる⤴方っしょ!」

 

 

 

 

 

「お昼は、マクドナルドかドムドムバーガーどっち行く?」

 

 

 

「え?何その二択?」

「たくさんある選択肢の中からなぜドムドムバーガーを選んだの?」

「てゆーか、ドムドムバーガー知ってる人たぶん、めっちゃ少ないよ?」

「ま、普通に考えたらマックだけども、、、この流れていくと、、、バイブスが上がる方⤴」

 

 

 

 

「武田信玄と上杉謙信っつたらどっちがいい?」

 

 

 

 

「え?何その質問。ちょっとよくわかんないけど、

とりあえず、バイブスが上がる方⤴」

 

 

 

 

 

「じゃあさ、武田信玄と武田鉄矢っていったらどっち?」

 

 

 

 

「え?だから何その質問?」

「とりあえずテツヤっしょ」

「バイブスがアゲな方でしょ」

 

 

 

 

 

心のコンパス

 

 

忙しさとか、

損得勘定とか、

目先の利益とか、

利害関係とか、

恐怖心とか、

不安とか、

悩みとか、

情報ばかりに追われているとか、

選択肢が多すぎて判断がつかないとか、

 

 

 

そういうものに

心奪われ続けている

忙しい現代社会。

 

 

 

 

そんなことが日常茶飯事になってきて、

それらが当たり前になってくると、

 

 

 

だんだん心のコンパスが

曇ってくる。

コンパスの針が錆びついてくる。

 

 

 

やがてコンパスは、

狂いだし、正確な道筋を示さなくなり、

最後には動きが止まる。

 

 

 

 

心のコンパスは、

あなたをありのままに自然に導く

自然が生み出した機械のようなもの。

 

 

 

心のコンパスを失った時、

あなたはあらゆるすべてを

人工的にプランし決定し、決めていかなくてはいけない。

自分の意識(顕在意識)だけで、すべてを決めていかなくてはいけない。

 

 

 

それはとてもエネルギーを使い、

とても疲れることで、

とても神経をすり減らす。

 

 

 

 

バイブス上がる方⤴

 

 

心のコンパスを取り戻そう。

 

 

 

錆びついた心のコンパスに

オイルをさして、

再び動かそう。

 

 

 

 

心のコンパスは、

感情で動く。

 

 

 

 

心のコンパスは、

今この瞬間の判断を下す。

 

 

 

 

心のコンパスは、

今この瞬間、あなたがしたい方、

行きたい方を感じられた時

その先端の針が「ひょこひょこっ!」

って動き出す。

 

 

 

 

あなたが、計算したり考えたりしているとき、

コンパスは動かない。

全く反応しない。

 

 

 

 

今この瞬間を感じられた時のみ、動くのだ。

 

 

 

 

だからこそ、

常に、心地よく感じる方を選ぶ。

楽な方を選ぶ。

楽しい方を選ぶ。

好奇心が止まらないほうを選ぶ。

心が躍る方を選ぶ。

ワクワクするほうを選ぶ。

バイブスが上がる方⤴を選ぶ。

 

 

 

 

そしたら、ほら、

また心のコンパスが

正常に自然な動きを見せてくれるようになる。

 

 

 

さあ、今日もテンアゲしていこ⤴

バイブス上げていこ⤴

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です