ありのままになろうとすると2つの世界に分岐してしまう件

 

 

 

 

今日はさ、

ちゃけていいかな?

 

 

 

 

 

ちゃけるとさ・・・、

 

 

 

 

あ、いや、

 

 

 

ぶっちゃけるとさ、

 

 

 

 

 

「ありのまま」ってなんだ?

 

 

 

 

ってことなんだわ。

 

 

 

 

ありのまま

 

 

 

ありのまま

 

 

 

アリノママ

 

 

 

ARINOMAMA

 

 

 

アリのママ。

 

 

 

 

蟻のママ?

 

 

なんだこれ

 

 

 

 

 

 

あなた

偏ったままでいいの

 

 

 

 

あなた

そのままで

 

 

 

 

あなた

間違いだらけでいいの

 

 

 

あなた

嫌われっぱなしでいいの

 

 

 

 

あなた

偏ったままで

傾いたままで

 

 

 

 

 

 

 

あなたは今のあなたのままで

ありのまま。

 

 

 

 

 

 

どっちが正解なの?

 

まっすぐ平らな状態はありのまま?

傾きを認めることがありのまま?

 

 

ありのままに物事を見られることがありのまま?

今の状態をありのままに受け入れることがありのまま?

 

 

 

どっちも正解じゃね?

そんな気がする。

どっちって言われたら、

どちらも、「そうだね」

って感じする。

 

 

 

 

 

物事をありのままに観察すること

が得意な人たちって、

たとえば、数学者とかお坊さんとか、

が近いんじゃないかな?

例えばね。

あるいは他にももっといるかも?

 

 

 

物事を優れた観察眼でとらえ魅力的に表現する

が得意な人たちって、

例えばクリエイターとか芸術家タイプ

な人たちなのじゃないかな?

 

 

 

 

 

世界をありのままに見ていくことと、

ありのままの自分になっていくこと。

 

 

 

2つの世界。

 

 

 

ありのままに観察すると、宇宙になっちゃう

 

 

 

あなたが、この世界を、

1ミリの狂いもなく、

ありのままにとらえようとすること。

 

 

 

それすなわち、自然を正確に観察し、

この世界を理解していくこと。

この世界の事象をありのままにとらえていくこと。

 

 

 

すると、

あなたはやがて、溶けていく。

あなたはやがて、自然と一体になっていく。

 

 

 

 

あなたという個が消え、

あなたらしさが消えていく。

 

 

 

数学がこの世界をもっとも正確に測れるツール、

かどうかは誰も証明できないけれど、がしかし、

「かなりの物事をありのままに近い状態」

に観察することができる素晴らしい発明。

 

 

 

あるいは、数学じゃなくて、

自分の感覚器官だけで自然現象を察知できる

お坊さんみたいな存在もまた、

「かなりの物事をありのままに近い状態」

で感じることができるのかもしれない。

 

(数学者もお坊さんも、アプローチの仕方は違うけれど、

割と同じところに行き着くのがおもしろい)

 

 

 

がしかし、

ありのままの状態を観察するほど、

あなたの中からあなたらしさという

もう1つの「ありのまま」が消えていく。

 

 

 

あなたは溶けていく。

この世界と一体化していく。

あなたはあなたでなくなり、

あなたと自然が合体していく。

 

 

 

あなたも世界も数字。

あなたも世界も波動関数。

あなたも世界もエネルギー。

 

 

 

万物すべてがエネルギーへと、還元されていく。

 

 

 

 

あなたらしさ=あなたフィルター

 

 

今度は逆に、ありのままのあなた

を出していく。

 

 

するとさ、自分の内側のありのままを重視して、

自分の中の観察眼を磨いていくとさ、

徐々にフィルターがかかるんだよね。

 

 

 

あなたがあなたらしさを出すほど、

物事をあなたフィルターで見るように

なってしまうんだよね。

 

 

 

だんだん傾いていく。

だんだんと偏っていく。

「傾き・偏り」とはそれすなわち、

 

 

 

あなたの視点。

あなたの見解。

あなたの考え。

あなたのアイデア。

あなたの表現。

あなたの世界観。

あなたの言葉。

あなたの着こなし。

あなたのしぐさ。

あなたの動き方。

あなたの行動パターン。

あなたらしさ。

 

 

 

それが、

「あなたフィルター」

 

 

 

 

フィルター越しで世界をみると、

ありのままに物事を見ることができなくなる。

 

 

 

クリエイターは、ありのままに

自分が思うまま、

自分の感性を通して、

世界を表現する。

 

 

 

ここで言う「クリエイター」とは、

作品を作る人とか芸術的なことをする人、

だけではなく、文字通り、「創造主」

である神のことを意味する。

 

 

 

『神』に対する呼び方は、

「神」でも「創造主」でも、

「あなた」でも「プログラマー」でも、

「世界の始まり」でも、「ビックイベント」でも

「アーキテクト」でも、何でもいいのだけれど、

もし、この世界をクリエイターの手によってつくられたのなら、

 

 

 

クリエイターという存在がいたとすると、

「クリエイターと世界」

というように、この世界と、それを作った人、

という2つの概念に分断されてしまう。

 

 

 

そしたらさ、クリエイターは、

世界(自然)の一部になれなくなる。

自然と一体化できなくなる。

 

 

 

自然でも宇宙でも、

言い方は何でもいいのだけれど、

クリエイターがいないと、この世界、

すなわち、この世のすべてのこと

は作られない、生まれない。

 

 

 

世界をありのままに見ていくと、

エネルギーになってすべてが1つになっていくけれど、

創造主であるクリエイターの存在だけは、世界と切り離されてしまう。

 

 

 

クリエイターをお空にいる神としてもいいし、

内側にある自分を神と見立ててもいいけれど、

クリエイターという存在が「ぽっ」と突然現れると、

あなたという「個」が浮き彫りになっていく。

 

 

 

世界は「我」が思うと現れる。

世界はインスピレーションによって生まれる。

世界はあなたの(神の)意識によってつくられる。

 

 

 

 

 

ありのままが2つ存在している!!

 

 

 

 

あれれれ・・・

 

 

 

世界とは、エネルギーなのかそれとも意識なのか?

世界とは論理なのかそれとも感情なのか?

 

 

 

 

エネルギーがないと意識は働かない。

しかし意識しないとエネルギーの存在が生まれない。

 

 

 

つまり、もっと具体的に言うと、

エネルギーがないと、あなたは、脳みその中で

頭を働かせて意識することすらできない。

しかし同時に、クリエイターがいなけば、意識しなければ、

世界を作るビックバンは起こらなかった。

ゆえにエネルギーも生まれない。

 

 

 

 

どっちが先なの・・・

鶏と卵のようにどっちが先なの・・・

 

 

 

 

世界とはいったい・・・

 

 

 

 

ありのままをそれぞれ2つのアプローチで

付き進めていくと、世界も2つに分岐してしまう。

 

 

 

 

 

あれれれ!!

 

 

 

 

それじゃさあ、

ありのままというものが

「2つの側面」でとらえられちゃうね。

 

 

 

世界をありのままに見ること

あなたがあなたらしくいること

 

 

 

ありゃりゃりゃりゃ・・・

どっちが正解なのでござる?

 

 

 

 

正直ワカンネ

 

 

 

 

知らんけど、

もう、

どっちも正解、

っつーことでいいんじゃね?

 

 

 

 

前者がいい。

後者がいい。

両方いい。

両方とも違う。

 

 

 

 

 

それら全てが含まるんじゃじゃね?

 

 

 

 

人間は完璧な「ありのまま」の状態にはなれない

 

 

だとしたらさ、

それでいいんだよ。

にんげんだもの。

 

 

 

 

そんなことより、肉を食いたい。

腐っとるやないかーい!

 

 

 

 

 

人は見たいものを見る

 

人は見たいときに見たいものを見る。

それが人間。

 

 

取りたいときに取りたいほうのポジションを取る。

 

 

 

片方を取ったら、

片方は手放す。

 

 

片方を見たら、

もう片方は見えない。

 

 

登っているときは

降りることはできない。

 

 

 

降りているときは、

登ることができない。

 

 

 

温度が上がっているとき、

温度は下がらない。

 

 

 

温度が下がっているとき、

温度は上がらない。

 

 

 

フタを開けたとき、シュレーディンガーの猫は死んでいるかもしれない。

ふたを開けたとき、シュレーディンガーの猫は生きているかもしれない。

 

 

ヒカキンTVを見ているとき、セイキンTVは見れない。

セイキンTVを見ているとき、ヒカキンTVは見れない。

 

 

 

ゆみちゃんと結婚したら、かなちゃんとは結婚できない。

かなちゃんと結婚したら、ゆみちゃんと結婚できない。

 

 

 

楽しさを感じているとき、恐れていない。

恐れているとき、楽しさは感じられない。

 

 

 

両方同時にはできないのだけれど、

片方ずつ、交合に見ていくことができる。

 

 

それはね、昔、こっちのブログで書いたね↓

矛盾が統合されていく・・・

 

 

 

 

どっちも正解なのだよ。

 

 

 

あなたは完璧にならなくていいのだよ。

 

 

 

あなたは少しずつ、

両方の世界を行き来しつつ、

前に進んでいくことだけは可能なのだから。

 

 

 

そんじゃ。

 

 

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です