あなたの短所は私の長所

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、人見知りなんだな」

 

 

(´ω` )

「私は、ガツガツうるさい人より、物静かな控えめの人のほうが好きだな」

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、実はすぐイライラするんだな。」

 

 

 

 

( 。´iωi)σ

「センパイ、それって、何かに情熱を持って取り組んでいるってことっすよ!」

「思い通りにならないと、イライラする事もありますけど、それだけ、熱心なんですね!」

「そんなに情熱持てるものがあるなんて、才能ですよ!」

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、実はよく怒るんだな」

 

 

 

ρ(・ω・、)

「そりゃ、君、何かを必死に守ろうとしている証拠だな。」

「守ろうとするモノ、人、考え、なんでもいいけど、そういうものを持っているのはステキなことだ」

 

 

(o´▽`o)

「私は、いつも、本当は怒りたくても、怒れない性格なの。

言いたいことあるけど、いつも我慢しちゃうの。

怒れる人、うらやましい!」

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、でも、理屈っぽって言われるんだな。自分でもそう思うな。」

 

 

 

(∀ `*)

「理屈で考えられる人は貴重です。

私、すぐ感情で動くから、いつも後先考えず、

失敗が多いの。理屈がこねられたら私もいいのに。」

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、優柔不断なんだ。直したいんだな。」

 

 

 

 

(。・ω・)

「君それは、1つ1つの選択肢を大切にしてるってことなんだ。

人生を良くしたい、うまく生きたい、っていう思いがある、

だから、1つ1つ人生の選択を丁寧に、慎重に行ってる。

だから君は、自分の人生に精一杯、大切に生きている証拠なんだ。」

 

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、怖がりなんだな。」

 

 

 

(´□` )

「それは、あなた、やっぱり、必死に生きようとしている証です。

失敗しないように、痛みや怖さを伴わないように、

真剣に考えているんです。

立派に生きようとして、頑張っている証拠です。」

「恐怖を感じない生物は、危険とそうでないものの区別がつかないから、下手するとすぐに死んじゃうんです。あなた、恐怖をちゃんと感じられる。

立派に生きているんです。」

 

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、実はニート何なんだな・・・」

 

 

 

 

(゚д゚;ノ)

「え!?そりゃ、うらやましーぞ!

自由人じゃんか!!

俺は一日18時間働いていて、睡眠4時間で、

最近、うつ病で、もう死にそうだぞ・・・」

 

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、いつもくよくよしてばかりなんだな・・・情けないな」

 

 

 

(・ェ・。`

「それだけ、自分の身に起こった出来事を、何度も何度も見直している、

過去を何度も何度も回想している、

それって、つまり、やっぱり、何度も言うけど、

あなた、生きることに真剣なんだな!

過去を悔やんで、何度も何度も反省している。

それって、やっぱり、いい人生を送りたい、

次は良い未来にしたい!って真剣に思っているのさ」

 

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、頭良くないんだな」

 

 

 

 

(○・∀・)

「私、なんか頭いい人苦手。

とっつきにくい感じ・・・

オイラくんは、普通に話していてなごむよ!」

 

 

 

(◉ɷ◉ )

「あのね、おれ、学歴、小学校卒。以上。

で社長なんだけど、俺、頭めっちゃ悪いよ!

でもさ、そのおかげでさ、頭いいやつが、

俺の代わりにテキパキ動いて仕事してくれて、

お金を稼いできてくれるんだよ!

俺、頭悪くて良かったなぁ、ってつくづく思うよ!」

 

 

 

 

オイラ (´;◞౪◟;)

「オイラ、悲観的で、ネガティブで、ウジウジしてて、

良いところなんてなにもないんだな!」

 

 

 

(ↂↄ̫ↂ)

「僕、投資家なんだけどね、

悲観的でネガティブな人大好き。

君らみたいな人種は、損を出しにくいんだよ。

楽観的で、無頓着で、大金突っ込んでお金を溶かしてしまう、

ギャンブラーみたい連中とは、一緒に投資したくないな。

投資の世界では、悲観論やネガティブな態度は、ときに歓迎されるのさ」

 

 

(;;;՞;ਊ՞;;)

「ウジウジしてたってええやん!

アヘアヘして、自分にうぬぼれていて、

人の話聞かないナルシストより、

よっぽどええやん!

僕は、自分に謙虚な人のほうが好きやん!」

 

 

 

 

 

短所=長所

 

 

 

短所と長所はコインの表裏

 

 

あなたが短所と思っている部分は、他人にとっては長所

 

 

 

短所も長所も曖昧なものさ

 

 

 

 

沢山の人に出会い、沢山の人と交流していけば、

あなたのコインの裏も表も、

どんどん見えてくる。

 

 

いろいろな人に出会うのだ。

地球上には、いろいろな考えの人が

星の数ほどいるのだ。

 

 

あなたとは全然ちがう環境、生まれ、

違う考え方。

 

 

 

そしたら、あなたの短所は、

相手にとっての長所でもあるのだ。

 

 

 

相手全員がすべて、長所と思わないかもしれない。

 

 

でも、絶対に、最低一人でも、

あなたの短所が「うんにゃ、それ長所やん!」

って思ってくれる人がいるはずだ。

 

 

 

人に会えば合うほど、

人を知れば知るほど、

あなたの短所に光が当たり、

 

 

 

それはやがて、

長所だったんだ!

という新しい認識となって

再発見される。

 

 

コインを両方の視点から眺められたら、

人生なんて、なんとも、気軽になれるのさ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です