ヤフオク取引ナビの使い方とやり取り一連の流れをはじめから詳しく解説

どーも、Koichiです! 
 

「ヤフオクを始めて実際に商品が売れたのだけど、この次に何をしたらいいの?」 
 

という疑問をお持ちの方のために、落札後のやり取りの流れをはじめから順を追ってご説明したいと思います。 
 

取引ナビとは

 
 

ヤフオクでは商品が落札された後は、「取引ナビ」という連絡フォームを使って落札者とのやり取りを行います。 
 

掲示板のように、時系列に下から上に向かってコメントを積み重ねていきながらやり取りをするようになっています 

(詳しくは下記の画像で順を追ってご説明いたします) 
 

取引ナビには、現行バージョン旧式の2タイプが存在します。 
 

普通に出品している場合、任意に旧式の取引ナビを選ばない限り、通常は現行バージョンの取引ナビが適用されますので、ここでは現行バージョンの取引ナビの使い方をご説明していきたいと思います。 
 

ヤフオクで「取引ナビ」と言えば、この現行バージョンのことと思って頂ければと思います。 
 

☆現行バージョンの取引ナビのポイント 
 

現行バージョンの取引ナビでは、出品者は出品する前から事前に出品者の情報や銀行口座の情報などを登録しておきます。 
 

そのように事前に落札者の情報を登録しておくことによって、落札される度に落札者に毎回自己紹介をしなくて済みます。 
 

そのため、旧式の取引ナビよりもスムーズにやり取りができるようになりました。 
 

*ちなみに、出品者情報の事前登録がまだ済んでいない方は、 

Yahoo!プレミアム会員登録方法をはじめから詳しく解説」 

の記事より登録方法をご参照頂けます。 
 

 
 

*また、銀行口座の情報を登録していない方は、 

【低資金の輸入転売】ヤフオク! 落札代金受け取り用の銀行口座の登録方法をはじめから解説」 

の記事より登録方法をご参照頂けます。 
 

 
 

取り引きの手順

 
 

取り引きの最初のターンを握るのは落札者の方です。 
 

落札者がお届け先の情報を入力するまでは、こちらからは取引を開始することできません。 
 

落札者からの連絡後の流れは次のようになります。 
 

ヤフオクのトップページより、「マイオク」をクリックします。 
 

torihikinavi1

 
 

マイ・オークションの画面に移動します。 
 

次に「出品終了分」をクリックします。 
 

torihikinavi2

 
 

出品終了分の画面に移動します。 
 

該当する商品タイトルの列(画面右側)にある「取引連絡」をクリックします。 
 

torihikinavi3

 
 

取引ナビ画面に移動します。 
 

「閉じる」をクリックします。 
 

torihikinavi4

 
 

まず出品者の最初のターンとして、商品の送料を連絡します。 
 

「送料を連絡する」をクリックします。 
 

torihikinavi5

 
 

「送料(円)」の欄に商品の送料を入力し、「確認する」をクリックします。 
 

torihikinavi6

 
 

最後に記載されている内容を全て確認します。 
 

一度決定ボタンを押すともとに戻せませんので、確認には注意してください。 
 

問題が無ければ「決定する」をクリックします。 
 

torihikinavi7

 
 

*ここから先は落札者のターンになりますので、落札者の支払いを待ちます。 
 

落札者が落札額と送料の支払いを済ませると、取引のバトンは再び出品者側に渡されます。 
 

取引ナビにいくと「落札者が支払いを完了しました。入金確認後、商品を発送し落札者に連絡してください。」と表示されていることを確認できます。 
 

商品を発送したら、「発送連絡をする」をクリックします。 
 

torihikinavi8

 
 

出荷依頼した荷物に追跡番号がある場合は、「追跡番号」欄に入力します。 
「配送状況確認ページURL【任意】」に配送状況を確認できるサイトのURLを任意で入力します。 
 

*毎回、決まった配送業者に荷物の出荷を依頼している場合は、予め業者のサイトのURLを落札者に教えてあげると親切です。 
 

最後に「確認する」をクリックします。 
 

torihikinavi9

 
 

この後は、落札者が商品を受け取とるまで待ちます。 
 

その間に落札者を評価することができますので、「落札者を評価する」をクリックして、評価を送ります。 
 

torihikinavi10

 
 

落札者から商品の受け取りの連絡がきたら、落札者を評価します。 
 

最後に落札者から商品の受け取り連絡がきたら、取引完了です! 
 

このように、ここまでの流れにおいて、落札者と出品者が文章でやり取りをしないくても取引が済むようになっています。 
 

文章でのやりとりをしたい場合

 

もし、落札者と直接、文章でやり取りをしたい場合は、取引メッセージにてメッセージを伝えることができます。 
 

伝えたい内容を空欄に入力し、「送信する」をクリックします。 
 

torihikinavi11

 
 

すると、このように掲示板形式でお互いのメッセージをやり取りすることが可能です。 
 

torihikinavi12

 
 

文章でのやり取りをする理由

 
 

ヤフオクは、アマゾンと違い、ユーザーとのコミュニケーションが図りやすい仕組みになっています。 
 

そのため、円滑なコミュニケーションを意識しながら落札者と取引を進めていくと、トラブルを回避できたり、スムーズな取引をして結果良い評価をもらえたりすることができます。 
 

また、取引の途中で、例外的な対応が発生したり、質問やわからないことなどが出てきたら、すべて取引メッセージにその内容を伝えることができます。 
 

円滑なコミュニケーションを通して、落札者と良い関係を作ることができれば、次回もリピーターとなってくれる場合もありますので、この取引メッセージも、ぜひ活用してみてください。 
 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました! 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です