アメリカが一番な理由とセルフイメージのお話

 

 

 

突然ですが・・・

アメリカがなぜ一番なのか。

世界一位なのか。

なぜトップなのか。

 

 

 

 

YOUはその答えを考えてみたことはある?

 

 

 

 

アメリカが一番な理由はね、

 

 

 

きっと経済学者なら経済学者なりの答えを持っていて、

きっと歴史家なら歴史家らしい答えを持っていて、

きっと実業家なら実業家らしい答えを知っていて、

きっと日米ハーフなら日米ハーフなりの答えを知っている。

 

 

 

 

 

と思ふ

 

 

 

 

 

 

そんでこれはワタシが実際に見て聞いて体験して感じて、

そして「きっとこうなじゃないかな?」

と思ったことなのだけども、

 

 

 

 

 

たぶん、

セルフイメージ

と密接に関係している。

 

 

 

 

 

と気づいたよ。

 

 

 

 

 

ワタシ、アメリカに何年か住んだり、

何度か行ってみたことがあったのだけども、

 

 

 

 

当時はね、なんでアメリカが一番なのか、

なんて1ミリも考えたことなかったよ

 

 

 

 

 

「We are No1 !」

とか平気でドヤ顔で言っちゃうような、

アメリカ人とか、

 

 

 

何にも根拠がないのに

やたらに自信満々で偉そうなところとか、

 

 

 

 

当時はね、そーゆー

アメリカ人っぽさに

うんざりしてたし、

 

 

 

正直「うぜぇなコイツら」

と感じるところもあった。

 

 

 

もちろん、そーゆー部分、

同時に好きでもある。

 

 

 

 

奴らのあの「陽キャ感」は、

一緒にいるだけで気分が良くなる。

 

 

 

 

ただ、一緒にい過ぎると、

疲れてくることもあるw

 

 

 

 

 

そんで、今、当時を振り返ってみて

気づいたのだけども、

 

 

 

 

そもそもの幼少期からの教育から

生活から、態度から、

あらゆるすべてが、

「肯定感」で満たされている、

ということに気づいたよ。

 

 

 

 

 

小さい子供のころから

「お前はできる子!」

「お前はスゴイ!」

 

 

 

 

という親の溺愛ぶりが、

割とあっちでは普通だし、

(当時はそれがウザく感じたけども)

 

 

 

 

振り返ってみると、

自己肯定感が半端ない。

 

 

 

心理セミナーとかで

自分を褒めましょう、

自分を癒しましょう、

とか言って、自己否定してしまう自分を認めて、

そして許していく、

というワークなどがあって、

 

 

 

 

 

自分を認められずに苦しいと感じてる人たち、

そーゆーワークをやったりする。

 

 

 

 

 

でもね、そういえば、今こうやって、

思い返してみれば、

アメリカの子ども達にとっては、

自分を褒めるということ、

それが「当たり前」のようにできていた。

 

 

 

 

もちろん全てのアメリカ人がそうであるわけじゃない。

もちろん、個人差はあるし、

アメリカ人だからって全員が陽キャじゃないし、

自己否定ばかりして苦しんでしまう人もいる。

 

 

 

 

 

でも、なんとうか、

全体的に、文化的に、国全体で、

みんなセルフイメージが

「幼少期の頃からめっちゃ高い」

 

 

 

 

ということに気が付いた。

 

 

 

 

日本人から見たら、

アメリカ人は自信過剰に見えるときもあるし、

偉そうで嫌な印象を持つこともあるかもしれない。

 

 

 

 

逆に、そんなアメリカ人のことを、

明るくて陽気で、楽しい雰囲気があるな、

と感じることもあるかもしれない。

 

 

 

 

 

「あいつら、陽キャだなぁ」とか

「あいつら、ときどき偉そうでムカつくな」とか

「あいつら、何でも挑戦するから面白い奴らだな」とか、

「あいつらと一緒にいると楽しいなぁ」とか、

 

 

 

 

ワタシ、いろいろなことを

その都度その都度の感情で測って、

なんとなく意味付けしているだけだった。

 

 

 

 

そして「セルフイメージ」という言葉を知るまでは、

そーゆーことを考えたことすらなかった。

なんでアメリカが1番なのかとか。

 

 

 

 

でも、なんとなく、

気づいた気がする。

 

 

 

 

そっか、やつらデフォルトで、

幼少期からセルフイメージ

めっちゃ高いまま育っているんだ。

 

 

 

 

「ああ、だからアメリカはNO1なのか」

「なっとくなっとく。」

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

 

 

 

 

 

これはあくまで、

ワタシの体験を通して感じたこと。

ワタシの意見。私のワールド。

 

 

 

 

これが正解とは限らないし、

これ以外にもいろいろな要因がきっとあるだろうし。

 

 

 

 

そしてそれを証明しようとも思わない。

ただ自分自身で、

「ああ、なるほろね」と、

なんか頭でなっとくしてスッキリしただけ。

 

 

 

 

 

この「ああ、なるほろね」という

「アハ体験」を

ワタシ、本や人の話やデジタルな情報からではなく、

 

 

 

自分の感覚器官とアナログデータ(自然現象)を通して、

増やしていきたいなぁ、

と思っている今日この頃でございやす

 

 

 

 

そんじゃ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です