愛されたい認められたい可愛がられたいスゴイって言われたい

 

 

 

愛されたいのぅ~

 

 

 

認められたいのぅ~

 

 

 

可愛がられたいのぅ~

 

 

スゴイって言われたいのぅ~

 

 

オイ、このやろう、

道をどけ。

そこで寝るんじゃねぇ

 

 

 

なんだチミは?

スゴイって言われないと

ボクちん、動けないシステム

 

 

くそシステムだな!

いいからそこをどけ、

どかないと食うぞ

 

 

うふ~ん、食べたいだなんて、

ボクちん、今、

求められている!

 

 

 

それってボクちんが、

必要とされているってこと?

 

 

 

なんだそれ。

知らんけど、いいからどけや。

 

 

 

ボクちん、スゴイって言われないと

次のイベントが発生しない設定。

 

 

 

(なんかややこしいヤツに出会ってしまったなぁ)

うるせ、わかったよ。

 

 

スゴイ!

 

 

 

 

!?

 

ほらどけ。

ただちにどけ。

さっさとどけ。

今すぐどけ。

(ピキッ)

 

 

 

ハイッ!

 

 

 

ヒヨコ「ということでね、」

ネコ(急に元気だなオイ)

 

 

 

 

ボクちん、なんか

元気が出たんだわ~

 

 

 

つーかなんで、

道端で寝てんの?

アホなのしむの?

 

 

 

いやー、

ボクちんは近頃、

愛されたい病なの

可愛がられたい病なの

認められたい病なの

スゴイって言われたい病なの

 

 

 

ネコ「重症か」

「満たされなさすぎだろ」

 

 

 

いや~、なんか知らんけど、

ときどき、そんな風になるのね、

知らんけどね

 

 

見た目によらず、病んでるわ~

どんだけ、人から求められたいんだよ

 

 

 

 

うんとね、

例えばね、

 

 

 

ボクちんが、紙にね

「ちくわ」ってサインをしたとするよね

 

 

 

ヒヨコ

「そんでそれを誰かにあげてね、

それをもらった人が、」

 

 

ありがとうございます!!

一生の思い出です!!

家宝にして先祖代々受け継がせます!!

 

 

 

っていうくらい、

必要とされたいのね

 

 

 

お前誰じゃ!

なるか、あほか!

 

 

 

 

 

 

だってボクちんは、

こ~んなにも

ステキなんだから!

 

 

ネコ「は?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってボクちんは、

こ~んなにも

ステキなんだから!

 

 

 

 

2回言いましたね。

 

 

 

 

だってボクちんは、

こ~んなにも・・・

 

地獄か!

やめろ!

 

 

 

フォ~フォッフォッフォッ

 

 

 

ウサギ「」

 

 

 

フォ~フォッフォッフォッ

 

 

 

 

 

ウサギ「フォ~フォッフォッフォッ」

 

 

 

いや、シカトかーい!

 

 

 

 

あ~ゴメンでちゅ

いたんでちゅか?

あんた誰?

 

 

 

通りすがりのウサギじゃ。

 

 

 

あそ

 

 

ヒヨコ「なんかよう?」

ネコ「あ、ガチで気づかんかった」

 

 

 

 

ウサギ「いや~、わかるぞ、わかる。」

「わし、おぬしの気持ち、わかるぞ~」

 

 

 

 

ウサギ

「おぬしな、病気なんだわ。病気。」

ネコ

「ほら!」

 

 

 

ウサギ「愛されたい病と可愛がられたい病と、

認められたい病とスゴイって言ってもらいたい病」

ウサギ「いろいろと、こじらせすぎじゃ」

ネコ「ほら!お前ワロス」

 

 

 

だってボクちんは、

こ~んなにもステキなんだから!

 

 

 

ほら、4回目。

お前バロス。

 

 

 

ウサギ「おしおし、かわいそうに。

そんなに認めてもらいたいんじゃな」

 

 

 

だが断る!

 

 

 

ヒヨコ「ウサ公、こんにゃろー!カスぅ」

 

 

ウサギ「あのな、お前さん、その病気を治したくはないのか?」

ウサギ「そんなに苦しんで道路で寝込むくらい、つらいのじゃろ?」

 

 

 

ヒヨコ「貴様になにがわかる」

ネコ「ああ、もとにもどっちゃったよ」

ウサギ「き・さ・ま!?(驚」

 

 

 

ヒヨコ「ま、その通りだよ。そこの通りすがりの貴様の言う通りさ」

ネコ「やっと認めやがった」

ネコ「よく言った。お前さんは、いろいろこじらせすぎじゃ」

 

 

ヒヨコ「そんじゃ、直し方教えてくれよ」

 

 

ウサギ「いいじゃろ」

 

 

ウサギ

「あのな、まずはな、

みんなから認められたい、必要とされたい、

っていうのを思っちゃうのはさ、

おぬしがおぬしのことを認めてないし、

自分で自分のことを乱暴に扱っているからなのだよ」

 

 

 

ウサギ

「まずはな、おぬしがおぬしのことを、

愛して、可愛がって、認めてあげて、

どんな些細なことでも、スゴイってほめてあげることじゃ」

 

 

 

は?子供だましかよ

そんなで治るかよアホかよ

 

 

人に教わる態度じゃねーw

 

 

 

ま、これは即効薬じゃないからな。

毎日、地道に少しずつ、継続してやっていくしかないな

 

 

 

 

そしたら、ある瞬間から、

流れがかわるときがくるよ。

みんながおぬしを認めてくれるようになる、

という不思議現象がそのうち起こるはずじゃ。

 

 

 

ウサギ「ま、通りすがりの、

じじいウサギのたわごとじゃ。

興味があればやればいい。

じゃ、ワシは帰るぞー」

 

 

ヒヨコ「なるほろねと。」

ヒヨコ「そんじゃ、やってやるか。しかたねー」

 

 

ネコ「おいコラ、仕方ねぇとか言うなし」

 

 

 

 

だってボクちんは、

こ~んなにも

ステキなんだから!

 

 

おい、ソレ、やめろ!

 

 

 

こっちもおすすめ↓

「自分LOVEは人生最強☆イージーモード!」

「人から好かれたければ、逆に好かれようとしない。つまり自分を・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です