現実を見て理想を持ち続ける(世の中の不条理を知ってしまったとしても)

 

 

頑張る教

「オラ!きさま、

ふわふわすんな!

ゆらゆらすんな!

ちょろちょろすんな!

ふにゃふにゃすんな!」

 

 

「カチッとしろ

ピシッとしろ

シャキッとしろ」

 

 

 

 

「具体的になれ!

正確にやれ!

現実を見ろ!」

 

 

 

 

とゆー、

がんばる教にはならないで、

そんな

頭でっかちにならずに、

 

 

 

 

あなたはあなたのまま、

あいかわらず、

ゆるゆる、ふわふわしてていいのだ

 

 

 

幸せさんでいいのだ

シェアハピしていればいいのだ

 

 

 

 

 

 

がしかし、

 

 

 

 

今日は真面目な話をすっぞ

 

 

 

 

現実を見ること

 

 

 

 

現実を見よう!

しっかりその目で!

黙認しよう!

サル「じー。」

 

 

 

 

 

そうそう、

ありありとまじまじと

具体的に詳細に

現実を直視するのだ!

 

 

 

 

 

ゆるゆるしたまま、

ふわふわしたまま、

ふにゃふにゃしたまま、

 

 

 

 

そのままのゆるーい

あなたでいいから、

 

 

 

 

でも、現実は

直視するんだ!

 

 

 

 

頑張る教にはならずとも、

幸せなあなたのままでいいから、

それでも現実は直視するのだ!

 

 

 

 

 

恐怖も、リアルも、

数字も、プロセスも、

事実も、現状も、

 

 

 

 

すべてハッキリ、

ありのままを直視するのだ!

 

 

 

 

 

無慈悲なまでに、

自然なのだ

ありのままなのだ

 

 

 

 

それが現実なのだ!

 

 

 

 

不条理なリアリティ

 

 

この世界は、例えていうなら、

複数の構造体が、同じ時間、同じ場所に

「重なり合った状態」

で多数存在している、ようなもの。

 

 

 

レイヤーのように何層にも折り重なり、

いろいろな世界観が入り混じる、

それが今の世界。

 

 

 

 

世の中には、

このブログでもおなじみ「ジェダイの教え」

のように、与えて与えて与え続け、

好奇心と希望と共感と幸せを作っていく、

そんな世界がある

 

 

 

そして、同時に、

奪って奪って奪い続け、

恐怖と競争と罪悪感と無慈悲さを

植え付けていく、そんなダークサイドな

不条理の世界もまた同時に存在している。

「傘をくださーい!!!」

 

 

 

 

映画や小説や怪しい宗教の話じゃないよ

 

 

 

 

実際にこの現実世界に存在すること。

リアルに存在している。

 

 

 

 

そんで、もっともっと

たくさんの世界があって、

それらがたくさん重なり合って、

 

 

 

 

その世界たちは、それぞれに

繋がり合っていて、

ものすごい情報の量が

その世界と世界の間を駆け巡る

 

 

 

 

ほとんど揺らぐことが無いような、

「絶対的な巨大な不条理の事実」を知り、

知った人は、いったい、どれほど怒り、

絶望し、落胆し、孤独を感じただろうか・・・

 

 

 

 

遠い外国の話でもあるし、

あなたのいる国の話でもあるし、

今この時代の話でもある

そしてこのダークサイドはいろいろな場所にある

 

 

 

もし、あなたが知らないだけだとしたら・・・?

 

 

 

 

 

大嘘がまかり通る社会だとしても、

幻想をずっと見続けさせられている世界だとしても、

 

 

 

 

現実(恐怖)を直視する

 

 

「現実を直視する」ということを説明する上で、

「恐怖」の話を例えとして話すとわかりやすいかも。

 

 

 

 

このブログでは心のことをたくさん書いているね。

そんで「恐怖」の対処方について書くならば、

 

 

 

 

恐怖を克服するには、

恐怖から逃げずに、

「直視する」ということ

 

 

 

恐怖のことを認めること

 

 

 

すると継続していた恐怖は、

やがてちいさくなり、

勢いが消え、

最後には無くなっていく

 

 

 

 

 

それと同じで、

現実を直視することも

同じことなのだ

 

 

 

 

 

ふわふわしててもいいし、

がんばらなくてもいいし、

ゆるゆるのやさしいあなたでもいい

 

 

 

 

でも、現実を直視するのだ

 

 

 

ふわふわしてもうまくいかないときは、

具体的なプロセスを無視しているとき

(その逆もまたしかり)

 

 

 

ゆるゆるしててうまくいかないときは、

カチカチとした正確な論証が必要なとき

(その逆もまたしかり)

 

 

 

ちょろちょろしててうまくいかないときは、

揺るがないデータが解決するとき

(その逆もまたしかり)

 

 

 

心は平和のまま、

現実を直視するのだ

 

 

 

現実は無慈悲。

現実は自然。

自然は現実。

それが自然のありのまま。

 

 

 

 

そして不条理は絶対に存在する

(摂理)

 

 

 

 

それを見ないふりをするのではなく、

見るのだ

真正面から見続けるのだ

 

 

 

なぜなら、

見た上で、はじめて、

その先の道が見えてくるから

(見ようとしなければ、永遠に道は見えない)

 

 

 

現実を見て理想を追い求める

 

 

現実主義は今を生きる

現実主義は健全なのだ

 

 

でもでも、

現実主義だけなら、

それはゾンビなのだ

アニマルなのだ

 

 

 

まるで生きる意味が無いのだ

 

 

 

現実を見て、不条理な摂理を理解し、

その上で、なお、

理想を選び続けることはできるだろうか?

(これは能力の問題ではなく勇気の問題)

 

 

 

 

現実を知り、不条理を知り、

それを見続けていくうちに、

人々は埋もれていく。

現実を生きるゾンビと化していく。

(結局最後は、勇気が持てなかったのだ)

 

 

 

 

だけどもあなたは違う。

あなたは、現実をありありと見続け、

そしてその様を認めることができる。

受け入れることができる。

 

 

 

 

だけども、

あなたは、決して

ダークサイドに落ちない。

(妥協して「これが世の中ってもんなのよ!」つって、屈したりしない)

 

 

 

 

現実を逃げずに直視できる勇気と、

現実を認める(受け入れる)勇気と、

さらにその上で理想を見続けられる勇気。

 

 

 

あなたにはこの3つがあるから。

 

 

 

 

だからこのブログでもおなじみ、

ジェダイの教えの方を向いていこう

 

 

 

 

常に光の方を見続けよう

 

 

 

 

だってね、

この世界はレイヤーみたいな

多重構造になっていて、

それらの中から、

あなたは自分が好きな方を、

選んでいけるのだから。

 

 

 

 

 

でも、その多重構造のこのリアルな現実の世界を

まじまじと観察し続けよう。

(大丈夫、あなたはダークサイドに飲み込まれない)

 

 

 

 

そして、その上で、

いつもジェダイサイドを見続けていこう

 

 

 

 

 

そんじゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です