輸入ビジネスの銀行口座オススメ一覧!

 

どーも、Koichiです! 

この記事では、ヤフオクで輸入ビジネスを始めて実際に売り上げが出たときに、お金を受け取るための銀行口座について解説していきたいと思います。 
 

インターネットでビジネスをするにあたって、必須となってくる銀行口座とはズバリ、「ネットバンク(ネット銀行)」のことです。 
 

ネットバンクとは 

ネットバンクとは、オンライン上で決済ができる銀行のサービスのことで、インターネットに繋がっていれば、いつでもどこでもパソコンやスマートフォンなどの端末から、入金・出金・振込み・入金確認などが行えます。 
 

ネットバンクの利点 

ラクちん、便利! 
 

24時間好きな時間にいつでもどこでも取引ができる。 
わざわざ営業時間内に銀行の窓口やATMに足を運ぶ必要がないので、 
移動のための無駄な時間も体力も使わず、非常に効率的です。 
 

管理がラク! 
 

取引記録がすべてオンライン上のデータで保存されているのでいつでも確認できる。 
(一部保存期間が設けられているところもあります) 
 

取引記録をダウンロードすれば、エクセルファイルなどでデータをまとめたり編集したり、複製しやすい。 
 

手数料が安い! 
 

窓口の銀行員さんやATM機の電気代などもかからず、その分安くできる。 
 

輸入ビジネスでネットバンクを選ぶ理由 

利点でも書いたように、いつでもどこでも取引ができるので、大変便利ということです。 
 

例えば、パソコンを持ち歩いて、移動中や旅行先、昼夜関係なく入金確認、出金、振込み、などができます。 
 

つまり「ネットバンクを利用すればするほど時間を大幅に節約できる!」ということです。 
 

なお、売上金の流れとして、まずはヤフオクで売り上げがでると、売上金は一時的にヤフオクが預かってくれます。 

そのあとヤフオクから自分の口座へお金を移す必要があります。 

ここではヤフオクでの輸入ビジネスで最適の銀行口座をご紹介していきたいと思います。 
 

ヤフオク輸入でオススメのネット銀行 

ゆうちょ 
 

ゆうちょ銀行は、実店舗ももちろんありますが、オンライン上で決済ができるネットバンク、「ゆうちょダイレクト」というサービスがあります。 
ヤフオクユーザーは、ゆうちょ銀行を使っている人が多い。 
ゆうちょ銀行同士の送金は振込手数料が無料! 
 

三菱東京UFJ銀行 
 

同じく、実店舗を兼ね備えた日本最大のメガバンク。 
「三菱東京UFJダイレクト」というネットバンキングのサービスを行っています。 
 

ジャパンネット銀行 
 

実店舗を持たないネットバンク。 
ジャパンネット銀行の口座をYahoo!ウォレットの受け取り口座に登録すれば、落札者様がYahoo!かんたん決済で支払った代金を土日祝日、夜間問わず受け取りができます。 
 

ビジネス用の口座 

最後に、輸入ビジネスを行う上では、普段使っている個人用の銀行口座とは別のビジネス用銀行口座を新たに用意しましょう。 
 

個人とビジネス用の口座を分けておかないと、普段の買い物の記録と、輸入商品の仕入れの記録などがごちゃまぜになってしまい、損益の計算がかなりめんどくさくなってしまいます。 
 

僕は最初にそれをやってしまい、確定申告前の決算書作成にかなり泣かされました(>Д<;) 
 

ビジネス用の銀行口座を用意しておくことを強くオススメします。 
 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です