メルカリ転売*キーワードリサーチからのデータ分析をはじめから解説

どーも、Koichiです! 
 

この記事ではメルカリ無在庫転売における商品リサーチの方法についてご紹介したいと思います。 
 

無在庫ビジネスでは、有在庫ビジネスと全く異なる考え方をもとにリサーチを行いますが、例外的に、メルカリの無在庫転売においては、一部に有在庫プレイヤーが行うリサーチと同様の手法を用います。 
 

メルカリ無在庫転売では、主に下記の2つの商品リサーチ方法をご紹介します。 
 

1.キーワードリサーチからのデータ分析 
2.セラーリサーチからの相乗り 
 

この記事では、「1.キーワードリサーチからのデータ分析」に焦点を当ててその手順を順を追ってご説明したいと思います。 
 

「2.セラーリサーチからの相乗り」についてはまた別の記事でご紹介したいと思います。 
 

ちなみに無在庫ビジネスにおけるの商品リサーチの考え方について詳しく書いた記事もありますので、よろしければこちらもご参照ください。 
 

それではいってみましょう! 
 

仕入れ先での商品探し 

まず仕入れ先のサイトにいって売れそうな商品を探しに行きます。 

仕入れ先はどこでもいいですが、ここではメジャーなアマゾンのサイトに行きたいと思います。 
 

 

検索にて商品のキーワードを何か入力してみます。 
例:ここでは「パステルカラー」と入力し検索マークをクリックします。(またはEnterキーを押します) 

 

 
検索結果が表示されたら、調べてみたい任意の商品を選び、商品タイトルをクリックします。 

 

商品の詳細ページへ移動します。 
このままスクロールダウンして画面の下まで移動します。 

 
 

スクロールダウンすると、商品ページの下の方に「ASIN」という番号が表示されていますのでこの番号を確認します。 
*ASINとはアマゾンが独自に発行している商品管理番号のようなもので、アマゾンに出品されている商品1つ1つにすべてこの番号が割り当てられています。 
 

 

ASIN番号を覚えたら、次にこの番号を使ってデータ分析を行います。 
 

モノレートでのデータ分析 

商品の需要を調べるにはモノレートを使用します。 
 

モノレートで商品需要を調べる方法についてはこちらの記事をご確認ください。 
 

データ分析をして商品需要があり、かつ利益が取れそうだと判断した場合、次のステップとしてメルカリでの供給状況をリサーチします。 
 

メルカリで商品の供給状況を調べる 

まずメルカリのトップ画面へ移動し虫眼鏡マークをタップします。 

 

 
検索欄が表示されるので「パステルカラー」と入力し、スマホキーボードの「検索」をクリックします。 

 
 

検索結果が表示されますので、スクロールしながらアマゾンで調べた商品がすでに出品されているかどうかを確認します。 

 

 

他にも、並び方を「新しい順」や「いいね!順」に切り替えながら、アマゾンで調べた商品が出品されていないかどうかを確認します。 

 

 

「いいね!順」の並び方↓ 


 
 
それぞれの検索結果にアマゾンで調べた商品と同じものが見当たらなければ、この商品はまだ誰もメルカリで出品していないと判断できるので、新たに出品することができます。 
 

もし、すでにたくさんの出品者が同じ商品を出品していたら、供給過多で今から出品しても売りづらいので「今回は出品を見送る」という判断ができます。 
 

以上、キーワードリサーチからのデータ分析の手順になります。 
 

どうでしょうか? 
 

一度手順を覚えてしまえば、あとはこの作業の繰り返しだけです。 

数をこなして根気よくやっていけば、必然的にまだ誰も見つけていないお宝商品に出会う確率も上がります! 
 

ぜひ試してみてください! 
 

「なるほどやり方はわかった!」 
 

「でも」 
 

「どんなキーワードで商品を探していいかわからない!」 
 

なるほど。はじめはそういうこともあるかもしれませんが、それはただ単に頭の中の商品データが少ないだけに起こる現象です。 

数をこなせば自然にキーワードもたくさん脳みそに蓄積されてきます。 
 
この方法は無在庫寄りの考え方です。 
 

ただ、 
 

ずっと有在庫でやってきた人にはこの方法がなかなか慣れないかもしれません。 
 

そういう場合は、データ通り、需要の高い商品順からリサーチする方法もありますので、こちらの記事をよろしければご参照ください。 
こちらはキーワードではなく需要からの商品リサーチがメインとなります。 
どちらかというと有在庫寄りの考え方になります。 
 
 

メルカリの無在庫転売では需要ありきの有在庫寄りの考え方を紹介している方も多いみたいですが、本来、無在庫というのはどちらかというとテール商品を扱う考え方になります。テール商品についてはこちらの記事で詳しく説明していますので、ご興味があれば合わせてお読みください。 
 

僕はあまりせこせこ忙しく動きたくない派なので、需要重視、スピード重視の戦略をそれほど多くとりませんが、出品する商品量より、需要や売れるスピードを重視される方は、メルカリ無在庫転売においても、有在庫寄りのリサーチ戦略を取られるのが良いかと思います。 
 

どちらも一長一短ですのが、ご自身のプランに合った戦略を採用してください。 
 

次回は「2.セラーリサーチからの相乗り」の方法についてご紹介したいと思います。 
そういえばこの方法も有在庫寄りなリサーチになりますね。 
 

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です