好きなこと起業ステップ1:MMを手に入れろ!

昨日の夜は、僕の心の友ORG(仮名)に会いに行ってた。

ORGと嫁のMちゃん(仮名)に、自分が作った曲の試作品を

ピアノで披露したくて、わざわざ時間を取ってもらったのだ。

 

 

前回のブログでも書いた通り、

ORGは僕の100%全てを肯定してくれて、

僕がパソコンで起業していることも、

音楽家として活動していることも、

すべてを全力で応援してくれている

僕にとって宝物のような存在なのだ。

 

 

 

全然知らんかったけど、この前、ORGの家に

遊びに行ったときに、

 

 

ORG「うちにピアノあるよ〜。」

 

 

って行ったので、

この前完成した曲を是非とも、

披露したくなったのだ。

 

 

見た目、でかくて、超筋肉モリモリで、

超オープンマインドなORGの家に、

まさかピアノがあるなんて、

あまりにも意外すぎて、

ずっと知らなかったw

 

 

 

それで、実際にORGの家のピアノを

触らせてもらった瞬間、

自分好みのタッチだったので、

 

 

「これいい!!」

「このピアノちょー好き!」

 

 

って思わず、写真を撮ってしまった。

 

 

 

 

Koichi「じゃ、今から新作、披露するね」

 

 

ORG「おう、いつでもいいぞ!」

 

 

ポロロン、ポロロン、

ポロポロポローン♪

 

 

ORG「うわぁ、ヤバイ、超好きだわこれ!」

「マジ癒やし!!」

 

Mちゃん「ほんと良かった〜!」

 

 

ORG「これを今度、披露するんだな?」

「こりゃマジで、全力サポートすっぞ!!!」

 

 

 

こんな感じで、昨日の夜遅くに、ORGの家のピアノ

で、自分の作品を二人に披露しました。

 

 

 

もう、僕は本当に本当に、幸せ者なんです。

 

 

 

僕が何か、新しいことを始めようとして、

もし不安になったり、怖くなったり、

あるいは意見を聞きたくなったりするときは、

真っ先にORGとMちゃんのところへ行きます。

 

 

 

 

自分ひとりじゃ、「やっぱ無理かな〜」

「怖いなぁ〜」って思ってることも、

二人にあえば、そんなネガティブな気持ちは、

吹き飛んでしまいます。

 

 

 

 

 

好きなこと起業ステップ1「MM」を手に入れろ

 

 

MMとはマスターマインドのこと。

 

マスターマインドっていうのは、

一言で言うと、

 

 

「仲間」

 

 

 

 

MMとは、ただ、だべって、

居心地が良くて、非生産的で、

惰性的でただ単に「つるむ」

っていう間柄のことじゃなく、

 

 

 

 

1つの夢・目標・願望に向かって、

協力し、ともに進んでくれる仲間のことです。

 

 

 

 

*本当はマスターマインドっていう言い方を

したくはないんだけど、

(だって音楽家になるずっと前から、ORGとは友達だから)

 

 

 

でも、このブログを読んでる方に、

わかりやすく体系的に伝えるために、

この言葉を選びました。

 

 

 

MMは、あなたに力を貸してくれる。

MMは、あなたに沢山の人を紹介してくれる。

MMは、あなたの代わりに、あなたの苦手なことをやってくれる。(彼らにとって得意なこと)

MMは、あなたの心を支える

MMと一緒になれば、あなたの仕事の〇〇倍以上の結果が生まれる。

 

 

 

 

 

あなた一人で目標を達成しようとすると、

あなたはあらゆる全ての問題をたった一人で解決しなければならない。

 

 

 

 

MMがいれば、あなたに変わって、

あなたが抱えている問題を解決してくれる。

よって、あなたは、あなたがしたいこと

(好きなこと)だけに集中することができる。

 

 

 

 

「でもコミュ障な自分じゃ、そんなん無理です」

 

 

 

 

大丈夫、全国のぼっちーズ代表の一人である、そこのあなた!

(僕もわりとぼっちーズな時間が多いですよ?)

 

 

 

「自分の夢、好きなこと、願望に

素直に従って生きて、一人のときから、

コツコツと行動していれば、

ある日突然、MM的な人が現れる」

 

 

 

まじで、RPGゲームのストーリーみたいに

そういう重要キャラが自分の人生において、

本当に出てくるからワロスw

 

 

 

僕も、ORG以外にも、

この前、地元で活動していたら、

新たなMMっぽい人が、いきなり

ペッって現れたんですよね、ウケるw

(今後の進展が楽しみだなぁ♪)

 

 

 

 

MM探しの注意点

 

 

実は、昔、僕はORGと距離を置いていたんですよ。

 

 

音楽じゃなくて、自分のインターネット物販に夢中になっていたとき。

 

 

その時は、ORGから遊びの誘いがあっても、

 

 

Koichi「あん?遊び?俺は、ビジネスで忙しいんだよ!」

 

 

って、そんな態度だった昔。

 

 

 

で、その頃の僕は、

「ビジネス仲間」っていう連中とつるむようになっていました。

 

 

僕は主に、インターネット物販で

起業していたのだけれど、

自分以外にも、同じようなことをしている人たちを見つけて、

そういう人たちとよく、情報交換をしていました。

 

 

 

でも、彼らはMMじゃない。

 

 

 

彼らの目的は、情報交換。

彼らの目的は、どうやったらもっと稼げるか、

っていう方法、ノウハウ、テクニックを、

あなたから聞き出したい。

 

 

 

そして、あなたも同様。

彼らから、いかに、稼げる情報を

手に入れられるか。

 

 

 

ただそんだけの関係。

 

 

 

だから、本当の友達じゃない。

 

 

 

 

そりゃあ、たまには一緒に飲みに行ったり、

遊びに行ったりするかも知れないけど、

もしお互いに、「ビジネスでのメリット」

を感じられなければ、

もう連絡をとろう、という動機は生まれない。

 

 

 

 

 

でもMMは違う。

 

 

 

 

お金がなくても、

実績がなくても、

有名じゃなくても、

 

 

 

 

そして、

 

 

 

お金を儲けても、

実績を積んでも、

有名になっても、

 

 

あるいは、

 

 

上手くいっても、

失敗したとしても、

 

 

 

どちらにせよ、

ずっと友達、ずっと仲間。

 

 

 

失敗したら責めるとか、

責任を取るとか、

そういう関係じゃない。

 

 

 

何があろうと、ずっと心の友、ずっと仲間。

 

 

 

だって、友達でいたい目的っていうのは、

 

 

 

〇〇といると楽しいから

〇〇のことが好きだから

〇〇の夢、目標、やっていることに、共感できるし、

応援したい。

 

 

 

そんだけ。

 

 

 

心の繋がり以外になにもない。

 

 

 

 

 

MMといるときは、

損得と利害関係って、

全くいらない。

 

 

 

 

単純に、好きか嫌いか。

感情の世界だから。

 

 

 

 

MMとの付き合い方

 

 

もう、言うまでもなく、

MMとは利害関係、損得勘定は、

一切抜きにすること。

 

 

 

僕は、MMが困っていたら、

全力で助けたいと思う、

 

 

 

逆に、僕が困っていることは、

全然遠慮せず、MMに相談する。

 

 

 

 

そして、

「願望達成、目標達成の目的のため」

っていう意識でMMとは接しないこと。

 

 

 

 

たとえ、そういう願望があっても、

相手をコントロールしない。

 

 

 

正直に自分のやりたいことを伝え、

正直に助けを求める。

 

 

 

その上で、MMがあなたを助けてくれたら、

MMには、めちゃくちゃ、感謝し、

自分ができる範囲で、MMを最大限喜ばせる。

 

 

 

*MMが欲しいものを

もしあなたが与えることが出来たらいいけど、

あなたがやっていることに対してMMが

好きで、それを応援してくれているのなら、

 

 

 

あなたは、自分の好きなことを

一生懸命やって、MMを喜ばせればいい。

 

 

 

MMを最大限喜ばせることが、

自分にとっての喜びとなれば、

もう、好きなこと起業ステップ1は、

心配することは何もない。

 

 

 

いつも、愛情やら、助けやら、

心の支えなど、必要なものはたくさん、

もらってばかりの僕だけど、

 

 

 

MMには、本当に心の底から、感謝です。

 

 

 

たった一人では、修行しても、

せいぜい「かめはめ波」くらいしか打てない。

 

MMがいれば、かめはめ波が、

元気玉レベルになる。

 

 

 

それくらい、あなた一人の力より、

仲間の力は絶大なのだ。

 

 

 

 

その日の午後

 

 

前回のブログでも書いた通り、

ORGはめちゃめちゃ人脈が広い。

 

 

 

ORGは誰からも愛されている。

なぜならORGは基本的に、人にやさしい。

 

 

 

これはもう1ヶ月も前から相談していたことなんだけど・・・

 

 

Koichi「ORG、あのさ。」

「これから、本格的に音楽活動をする上で、営業って必要だと思うんだよね。

そんでさ、いろいな場所、回れるように、たぶん車とかあった方がいいんじゃね?」

 

 

 

ORG「ああ、それなっ!やっぱ車、必要っしょ!!」

 

 

 

みたいな会話を1ヶ月前からしていたのだ。

 

 

 

なんと、1ヶ月前、なんとなく話した内容をORGはずっと覚えていてくれて、

昨日の夕方、ORGの知り合いの車屋さんのところへ、急遽連れて行ってもらうことになった。

 

 

 

ORGが車屋のオーナーに、

僕がどういう活動をしているのか、

僕がこれからどうして車が必要なのか、

どうすれば手に入るか、

 

 

 

そいういことを、ORGは、事前に、

事細かに話をつけておいてくれたのだ。

 

 

 

 

しかも驚いたことに、

その車屋のオーナーは、

まぎれもないジェダイだった・・・

 

 

 

スターウォーズの世界みたいに、

実は、この現実社会にも、

ダークサイドとジェダイサイドの教え

が両方存在する。

 

 

 

車屋のオーナーは言った。

 

 

オーナー「あのね、ウチの車よりね、

〇〇で探したほうがね、安く変えるね。

ここで探すと良いよ!」

 

 

 

オーナー「あとね、車買った後、陸送するよね?

そんときね、うちの場所使っていいからね。

そしたらね、陸送が業者価格で頼めるからね。」

 

 

 

オーナー「あとね、中古車の見方教えるね」

 

 

 

って言って、従業員の方に

車の点検方法まで、事細かに教えてもらってしまった!!!

 

 

 

 

ちょうど、営業所に置いてあった、

営業用の車のエンジンを見せ、

細かな車選びの方法を伝授してくださったのだった!!

 

 

 

ORG「よかったな!活動のための車が手に入るな!」

 

 

Koichi「うん!っていうか、いいの?

あの人達、自分たちの利益を度外視して、

めちゃくちゃ親切にネタバレみたいな感じで、

いろいろ教えてくれてるよ!まじ感激だぞ!!!」

 

 

 

この日、もう、

いろいろな方の親切心、愛情を

たくさん受けて、僕は本当に

心がゆらゆらしっぱなしっだったし、

感激のあまり、嬉しすぎて、

目からエンジンオイルがダダ漏れするかと思った!!

 

 

 

 

僕は、音楽活動用として、もう1つ、自分のブログを

運営しているのだけど、そっちのブログが成長したときは、

ぜったいにこの店を、宣伝してやる!!

 

 

って思えた!!!

 

 

(余談:しかもなんと、このオーナーから、

自分の夢・目標に進展する意外な機会を、まさか

得ることができたのだけど、それはまた別の機会に・・・)

 

 

最後に

 

巷によくある怪しい謳い文句。

 

 

「クリック1つで〇〇万円!」

「楽して稼ぐ方法!」

「〇〇で稼ぐなんちゃらステップ」

 

 

みたいな。

 

 

 

それらの中には、100%詐欺もあるし、

真面目にやってる人たちもいて、

ちゃんとそれなりに結果が出せるものもある。

(個人体験より)

 

 

 

しかしながら!

 

 

それらを提供している人たちとは、

MMになれない。

なれてもビジネス仲間止まり。

 

 

 

もちろん、そういう人たちと協力すれば、

〇〇倍って成果を出せることさえある。

 

 

 

でも、MMの関係にはなり得ない。

ずっとビジネス友達止まり。

 

 

彼らは好んで、

ダークサイド・マーケティング

手法を利用する。

 

 

 

それぞれの目的が達成したとき、

または、目的が達成できない、と判断したとき、

関係は自然に切れる。

 

 

 

なぜなら、彼らの根底にある目的は、

利潤追求だから。

 

 

 

でも、MMと一緒にいると、

あなたは決して騙されない。

関係は生涯ずっと続く。

 

 

 

あなたは全力で愛されるし、

たくさんの恩恵や援助を受けられる。

 

 

 

MMといると、

素のままの自分でいられるし、

ずっと安心感を得られる。

 

 

 

利益目的になって、

「MMいねがぁあ?」

っていう風にMMを探してはだめですよ?

 

 

 

自分の夢・目標・願望に正直に生き、

他の人々へは心で接して、

自分のやりたいことをひたすら追い続ける。

 

 

 

そしたら、ある日、

RPGのゲームのイベントみたいに、

「MMが突然現れた!」

って状況が来る!

 

 

 

じゃ。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です