輸入資金を効率よく回転させるクレジットカード活用術!

どーも、Koichiです! 
 

この記事では輸入資金を効率よく回転させるためのクレジットカード活用術についてご紹介したいと思います。 
 

有在庫モデルの輸入ビジネスを行う場合、最初に商品を仕入れるためのお金が必要になります。 
 

ビジネスを始めたばかりの段階では、資金のいらない無在庫モデルのビジネスをお勧めしていますが、ある程度資金が溜まったら、有在庫ビジネスを取り入れて、資金力を利用したビジネスの方法を取り入れることが可能になります。 
 

その際にクレジットカードを使って資金力を強めていきます。 
 

そうすることによってクレジットカードがレバレッジとなり、大きな仕入れを行うことができるようになります。 
 

例えば、商品の仕入れに使える自己資金が50万円あるとします。 
 

その状態で普通に商品を仕入れても、50万円分しか仕入れることができません。 
 

しかし、毎月の利用限度額が50万円のクレジットカードが1枚あれば、自己資金の50万円、クレジットカードの50万円、あわせて100万円分の仕入れを行うことができます。 
 

この場合、クレジットカードを利用することにより、2倍の資金力で輸入ビジネスを回転させていくことが可能となります。 
 

 

このやり方について、もう少し詳しく見てみたいと思います。  
 

時間差を利用した資金術 

まず、クレジットカードを使った仕入れを行う場合、注意しなければいけないのは、利用額の締日と翌月の支払い日です。 
 

例えば、クレジットカードの締日を月末日、支払日を翌月の27日とします。 

 
 

ある月の初日にクレジットカードを使って商品を仕入れたとします。 
 

その場合、翌月の27日にクレジットカードの利用額分を支払わなければなりません。 
 

つまり、支払日まである月の初日から翌月の27日までおよそ57日あります。 
 

その場合、57日間で仕入れた商品を売りさばき、売上金を回収しなければなりません。 
 

商品を売って売上金を手に入れたら、翌月の27日の支払日にクレジットカードで利用した分を支払います。 
 

そして余った分が利益となります。 
 

このようにクレジットカードの請求日までの執行猶予を利用して、その間に利用できる分だけ資金を活用させます。 
 

例えば、海外から商品を仕入れた場合、購入してから手元に商品が届くまでに2週間程度かかります。 
 

それをヤフオクに7日間出品して、3週間。 
 

数日から1週間程度で自分の口座へ入金が入って4週間。 
 

合計で30日程度でクレジットカード利用分の資金を回収できる目安となります。 
 

このように逆算して考えば、請求日までの57日間という期限までに間に合う計算になります。 
 

自己資金だけより、クレジットカードも利用したほうが資金力がぐんと上がりますので、それだけ利益も上げていくことができます。 
 

ちなみに商品はヤフオクに出品しておけば、商品を1円から出品することができます。 
 

1円出品の場合、オークション終了日までにほぼ必ず落札されますので、資金を回収できる日をあらかじめ逆算することができます。 
 

もし1円ではなく定額で出品した場合、商品がいつ売れるかわかりませんので、クレジットカード請求日までに資金が回収できない恐れが出てしまいます。 
 

クレジットカードを利用する場合は、その点も考慮に入れ、確実に回収できる日数を最初に求めてから商品仕入れを行うようにします。 
 

 

 
 

デビットカードで更に資金力を上げる 

 

クレジットカードとあわせてデビットカードも利用すると、さらに素早く資金を回すことが可能になります。 
 

例えば、クレジットカードを使って仕入れた商品が売れた後、回収した売上金をデビットカードに入金します。 
 

そのまますぐにデビットカードを使って新たな商品を仕入れます。 
 

(デビットカードは口座に残高がある分だけ利用することができますので、回収した売上金はすぐに口座へ移します) 
 

利益が大きくなればなるほど、使える資金が増してきますのでさらに効率が上がります。 

 
 

このようにして資金を効率よく回していけば、より大きく、より早く利益を上げていくことが可能となります。 
 

初心者の方は、まずは自己資金がいらず、赤字リスクがない無在庫の輸入ビジネスから始め、慣れてきて利益が作れるようになってきたら、自己資金とクレジットカードを利用した有在庫の輸入ビジネスも取り入れることをお勧めいたします。 
 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です