心を整えるといいこと6選

 

 

 

心を整えてください

 

 

 

 

 

 

はい、スタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

じー。

超正座。

 

 

 

 

 

 

ぼー。

ガチ正座。

 

 

 

 

 

 

 

しーん。

正座の中の正座。

 

 

 

 

 

 

 

は☆い

整いました。

 

 

 

 

 

 

心を整えるとは、

 

 

 

 

それすなわち、

自分の外から雑音を

いっさい消すこと。

 

 

 

 

 

それすなわち、

自分の内側の声に

耳を傾けること。

 

 

 

 

それすなわち、

ブレている思考を

ピンポイントに

チューニング(調整)していくこと。

 

 

 

 

それすなわち、

自分の中心へ戻ること。

 

 

 

 

 

 

1.悩んだら、心がぶれているとき。

2.心配したら、心が落ち着いていないとき。

3.緊張していたら、心が怯えているとき。

4.忙しいかったら、心を忘れているとき。

5.イライラしたら、心が乱れているとき。

6.無気力になったら、心を無くしているとき。

 

 

 

 

 

そんなときは、

心を整えて、

本来のあなたを取り戻そう。

 

 

 

 

 

心整えると・・・

 

 

 

心を整え始めると、

またすぐに心が顔を出す。

 

 

 

 

落ち着きと冷静さを取り戻し始める。

安心が芽生え始め、心に余裕が生まれる。

 

 

そして物事に動じなくなり、堂々とした態度で、

ありのまま見つめていく。

 

 

 

すると、今まで

見えていなかったものが見えてくる。

 

 

 

 

気づき。

新しい視点。

別の解決策。

思いもよらない方法。

 

 

 

 

悩んでいたことは狭い範囲で短期的視野なものだったんだ、ということ。

怖いと思い込んでいたのは幻想だった、という事実。

執着していたのものは、本当は要らないものだったんだ、という気づき。

自分で自分に禁止の呪いをかけていたという思考パターン。

 

 

 

あるいは、目の前にあるどうしようもない現実、

手に負えない途方もない、実際に起きた出来事に対して、

堂々とありのまま見つめられる安心へと近づける境地。

 

 

 

すべて大丈夫だ、と思える

ブレない安定した心を取り戻す。

 

 

 

 

あなたが自分で、

自分の心を整える、ということは、

あなたにとって一番大切なこと。

 

 

 

 

考えるより先に、整える。

 

 

 

整えた末に、考えが浮かぶ。

あるいはそれは気づき。

 

 

 

 

落ち着きを取り戻した末の気づきは、

怯えて必死に考えていた答えよりも

最適解に近い。

 

 

 

 

だから考えるより、

真っ先に整える。

 

 

 

 

 

例え何も出てこなくても、

何も解決しなくても、

最後に残るのは、

常に安心していられる堂々としたブレない心。

 

 

 

 

これだけは絶対に大切なもの。

 

 

 

 

問題は時間が解決するかもしれないし、

誰かが解決を持ってきてくれるかもしれない。

 

 

 

 

だからこそ、

心を整え、いつ何時も

堂々と構えていられるあなた自身が、

一番大切なこと。

 

 

 

どんな状況でも

常に安心を取り戻せれば、

あなたはいつだって、どこにいたって、

うまくやっていけるのだから。

 

 

 

 

さあ、今日も整えていこうね。

ぶひー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です