紙にやりたいことを書いただけで50万もらった方法

どーも、Koichiです。

 

 

先週の出来事でした。

 

 

久しぶりに
普段あまり利用しない
銀行口座を確認して見たら、

 

 

どこかの誰かから
50万円が振り込まれた
記録がありました。

 

 

それを見た瞬間、
どこからだろう、、、
と思いつつも、

 

 

ラッキー!
と思ったのですが、

 

 

振込先を確認して見たら
「セ゛ンコクシヨウコウカイレ」
と表示されていました。

 

 

そういえば
去年応募した
助成金が

 

 

今月になって振り込まれいた
ということでした。

 

 

実は毎年、
小規模事業者持続化助成金
という

 

 

助成金制度があるのですが、
去年それに
初めて応募しました。

 

 

これは
国が提供している
助成金制度なのですが、

 

 

起業をして事業をしている
人に対して
毎年開かれています。

 

 

助成金の申請を受けたい場合、
今やってる事業の売り上げを
どうやって伸ばしていくか、

 

 

また、

 

 

今やっている事の延長として
何か新しいことを取り入れて

 

 

アイデアや事業計画を
紙に書いて
それを申請します。

 

 

内容が優れていれば
助成金を受けられる対象として
採用されるのですが、

 

 

嬉しいことに
僕が書いた内容が
見事採用され、

 

 

晴れて助成金を
国から頂きました!

 

 

紙に自分のやりたいことを書いて
お願いする。

 

 

たったこれだけでしたが、

 

 

お願い事が届くと
後日お金となって
自分に返ってきました。

 

 

でも実は
こんなに簡単に願いが叶ったのは、
商工会の方の熱心な
アドバイスのおかげでした。

 

 

お願い事にも、
正しいやり方があります。

 

 

願望にも
上手い伝え方があります。

 

 

実はお願い事を書こうとした時、
最初かなり躊躇しました。

 

 

なぜなら、
申請書の用紙が何種類もあって、
内容を見たら

 

 

助成金初心者の僕には
用紙に書かれている内容が
かなり、ちんぷんかんぷんでした。

 

 

何をどうやって書いていいのか
全くわからん・・・(^ ^;)

 

 

初めはそんな状態で
「どうしよう」と思いましたが、

 

 

解決方法として
詳しい人に聞いてみることにしました。
商工会の方々です。

 

 

僕は何も知らなかったですが、
助成金の申請書の書き方や
お願い内容の精査など、

 

 

商工会の人が
親身になって相談に
乗ってくれました。

 

 

これはちょっと無理があるかな、
というような内容も、
臨機応変、柔軟迅速な対応で

 

 

ベテランの商工会の方が
なんとかして
問題を解決してくれました。

 

 

その甲斐あって、
見事採用されたのでした。

 

 

商工会の方には
本当に感謝です!

 

 

そして
お金をもらえたことは
とても嬉しかったですが、

 

 

何より、
僕がやろうとしている
新しいビジネスが国から認められた

 

 

ということが
とても嬉しかったです!

 

 

今はそのビジネスの準備中ですが、
もうすぐ始まります!

 

 

これからがとても
ワクワクです!

 

 

今後は、
この助成金制度の申請方法や
採用のされ方など、

 

 

僕が経験して学んだ情報も
余すことなくブログなどで
お伝えしていこうと思います。

 

 

それではお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です