ヤフオク*輸入商品の仕入れ先をそれぞれ詳しく紹介

どーも、Koichiです!

 

 

この記事ではヤフオク輸入のための輸入商品の仕入れ先をご紹介いたします。

 

 

輸入転売といっても、

世界中には、たくさんの仕入れ先が存在します。

インターネットを介せば、

それら世界中の商品を仕入れることができます。

 

 

その中でも特に初心者の方でも稼ぎやすいのは中国輸入です。

 

 

また、一回の取引で大きな金額を取り扱えるのは欧米輸入です。

 

 

中国輸入商品の利点とは、

なんといっても商品の利益率と価格です。

 

 

商品自体が安価で、かつ利益の出る商品が多いので、
手元の軍資金が少ないビジネス初心者でも
最初から大きなリスクをかけずに始められます。

 

 

欧米輸入の利点は、
なんといっても商品の取引額の大きさと、
中国輸入にはない質の良さや商品に対する人気です。

 

 

「輸入」というだけあって、
外国語でのコミュニケーションが必要な場合もありますが、
殆どの場合、必要最低限の簡単な単語や言い回しで、
取引ができますので、
「輸入」と聞いてしり込みする必要は全くありません。

 

 

一度使い方を覚えさえすれば誰でもできるものです。

 

 

自身の転売方法や戦略によって、
そのプランに合った仕入れ先が決まる場合もあります。

 

 

まずはそれぞれの仕入れ先について詳しくご説明しますので、ぜひご覧ください。

 

 

タオバオ(淘宝)

 

中国でも最大級の大手ECサイト(ショッピングサイト)です。

 

 

日本でいう楽天市場のようなところと思っていただければ幸いです。

 

 

タオバオは日本の楽天同様、個人消費者向けに商品が販売されています。

 

 

取り扱っている商品数は8億点以上あり、ユーザー数は5億人を超えると言われています。

 

 

洋服やカメラから豆電球1個に至るまでありとあらゆる商品の取り扱いがあります。

 

 

仕入れと言っても、1つから購入可能なので少ない資金でも始められる利点があります。

 

 

基本的にタオバオは中国語オンリーなので、金額や商品名など最低限の中国語の理解が必要です。

 

 

ただしタオバオを利用する日本人の輸入転売プレイヤーのための代行業者も数多く存在します。

 

 

別途手数料はかかってしまいますが、日本の代行業者に購入を依頼する場合は、日本語でのやり取りができます。

 

 

アリババ

 

 

企業間取引(BtoB)が主な中国のショッピングサイトです。

 

 

販売側は卸問屋や工場である場合が多く、
仕入れ側も会社や店舗など、対ビジネス向けとなります。

 

 

そのため、最低限仕入れられる量も多いです。

 

 

一度に100個とか1000個とかロットで仕入れをするため、
取引の金額が大きくなります。

 

 

資金がある場合は有効な取引先となりますが、
資金の少ない初心者には、始めはあまりお勧めできません。

 

 

このサイトは中国語と英語に対応してます。

 

 

また商品を輸出している多くの中国人のほとんどは英語が使えますので、英語でのやり取りが可能です。

 

 

アリエクスプレス

 

 

Aliexpress(アリエクスプレス)は個人向け(CtoC)のショッピングサイトです。

 

 

タオバオは中国国内向けに提供されているサービスですが、
アリエクスプレスは中国から世界中へ向けて提供されたショッピングサイトですので、
世界各国の言語表示に対応しています。
もちろん日本語にも対応しています。

 

 

ただ、サイト内のメニュー表記や定型文など
決まった文言のみ言語対応されているのですが、
商品説明などはグーグルの自動翻訳機を利用して表示したものに過ぎないので、
まだまだストレスなく日本語でやり取りができるというレベルにはなっていません。

 

 

ただ、「ボタンを押して住所を入れて購入する」

 

 

のような一連の流れを一度覚えてしまえば最低限の仕入れはできます。

 

 

交渉したり返品対応したりなどもう少し高度なことをしたい場合は、
多少、英語でやり取りする必要がありますが、
最低でも仕入れさえ覚えられれば利益を上げることは十分可能です。

 

 

タオバオ同様、1つから注文できますので、
少ない資金からでも取引をすることができます。

 

 

また輸入商品なのにほとんどの商品が関税がかからないケースなのが特徴です。

 

 

 

以上が中国輸入における仕入れ先一覧です。

 

 

続いて欧米輸入の仕入れ先です。

 

イーベイ

 

イーベイは現在で世界最大のオークションサイトです。

 

 

海外版ヤフオクみたいな感じです。

 

 

有名ブランドや人気商品、最新テック商品、アンティーク品など、
中国にはない魅力的な商品がたくさんあります。

 

 

値段が高いものもたくさんありますが、
その分、1回の取引だけで得られる利益も大きいです。

 

 

以上、輸入商品のメジャーな仕入れ先になります。

 

 

タオバオ向けには代行業者など日本語対応のサービスがたくさんあるので、
言語の障壁が低くなります。ただし多くの日本人ユーザーもいるため、
同じ商品の取り合いなど競争も激しくなります。

 

 

アリババは資金力がある場合は有効な仕入れ先となりますが、
金銭的な余裕がないと厳しいですし、大ロットで仕入れるため、
大量の在庫を抱えるというリスクが存在します。

 

 

アリエクスプレスは日本ユーザーは少ないですが、多少の英語が必要になりますし、
商品価格がタオバオやアリババに比べ高い場合があります。

 

 

イーベイは、取引額が大きいですが、その分仕入れ額も大きくなります。
始める前に手元にある程度の資金があったほうが有利です。

 

 

4つのサイトはそれぞれに一長一短がありますので、
自身の販売戦略によってうまく使い分けると良いでしょう。

 

 

他のサイトではない商品が別のサイトではある、ということもよくあります。

 

 

そういう「差」を見つけられれば、
他の人が仕入れていない商品を転売することもできるわけです。

 

 

ビジネスにおいて、このような「差」を見つけることが利益へと繋がっていきます。

 

 

ちなみに、、、、

 

 

実は、この3つのサービスともアリババグループという中国の企業が運営しています。

 

 

アリババグループは中国の電子商取引を行う会社で、
2014年にニューヨーク証券取引所に上場したことや、ソフトバンクの孫正義さんが
この会社の株で手元の資金を4000倍近くまで上げたことでも有名な会社です。

 

 

ここ数年、右肩上がりで急成長をし続ける大企業です。

 

 

 

以上、輸入商品の仕入れ先についてのご紹介でした。

 

 

仕入れサイトの詳細な使い方についてはまた別の記事で詳しくご説明したいと思います。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です