輸入商品の関税を計算する方法を詳しく解説

 

どーも、Koichiです!

 

この記事では関税について
詳しくご説明していきたいと思います。

 

 

関税は輸入ビジネスにおいて
必須の知識になってきますが、
個人レベルの輸入においては
そんなに難しい内容ではありませんから、
この機会に覚えて頂けましたら幸いです。

 

関税とは何か?

関税とは海外から日本に商品が入ってくる際に、
その商品に対してかけられる税金
のことです。

 

 

関税を課す目的は、

 

 

主に国の財源として税を徴収するためと、
外国産の安い製品などから国の産業や製品を保護するため

 

 

の2つの目的があります。

 

 

また、商品の種類によって、関税の税率が細かく分けられています。

 

 

個人で行う輸入ビジネスにおいては、
仕入れた商品に対して関税がいくらくらいかかるのか?

ということだけわかっていればいい
ので、
関税についての詳細な説明に関してはここでは割愛します。

 

 

個人輸入ビジネスに適用される関税

 

輸入を行う場合、
個人輸入商業輸入

 

2つの規模に分類されます。

 

 

個人輸入と商業輸入でそれぞれに税率が変わってくるのですが、
個人で始める輸入ビジネスにおいては、
商業輸入については無視していただいて結構です。

 

(商業輸入については、取引量が増えて、
本格的な貿易を始めるようになってから覚えれば大丈夫です)

 

 

輸入する商品が「個人利用目的」と
判断される場合には、個人輸入とみなされます。

 

 

どのように判断されるかは、税関が決めることなのですが、
極端に仕入れる量が多くない限り、個人輸入として取り扱われ、
それに見合った関税が適用されます。

 

 

この記事では個人輸入の関税の算出方法について書いていきたいと思います。

 

 

個人輸入における関税の計算方法

 

関税の計算方法は下記の通りです。

 

関税 = 課税対象額(商品代金+送料)の 60% × 関税率

 

 

例えば、

 

 

18,000円の靴(送料2,000円)の場合、
課税対象額は20,000円の60%、
つまり12,000円です。

 

 

この12,000円に税率を掛けた額が関税です。

 

 

*ちなみに、商品と送料の合計が
1万円以下の場合は、
免税扱いとなります。(無税です)

 

 

簡易税率一般税率

 

税率には
簡易税率
一般税率
2種類あり、それぞれに税率が変わってきます。

 

 

もし、仕入れた商品の総額が20万円以下だった場合、
簡易税率が適用される場合があります。

 

 

(ただし商品の種類によっては
総額が20万円以下でも
一般税率が適用される場合があります)

 

 

簡易税率と一般税率は
税関の公式サイトにそれぞれ載っていますので、
仕入れる商品の関税が気になる方は、
サイトで確認してみると良いでしょう。

 

 

簡易税率のページはこちら
一般税率のページはこちら

 

 

税率に関しては、商品ごとにバラバラなので、
最初は10%程度など、
ある程度多めに見積もって仕入れを行えばいいかと思います。

 

 

慣れてきて自分が取り扱う商品ジャンルも絞り込めてきたら、
その商品に関する税率はすでにわかるので、
より正確な売り上げ予測が立てやすくなります。
経験して数をこなすほど売り上げ予測が立てやすくなってきます。

 

 

注意:革製品に関しては、
税率がかなり高めなので革製品を取り扱う際は、
仕入れを行う前に税率をしっかり確認してください。
心配な場合は、税関に直接問い合わせをしてみると良いです。

 

輸入品にも消費税はかかる!

たとえ海外から輸入した商品でも、
日本に入る時点で、日本国の消費税が加算されます。

 

 

消費税の税率は日本国内と同じ8%ですが、
仕入れた商品全体にかけられるわけではなく、
課税対象額に対して8%かけられます。

 

 

つまり

 

 

輸入品にかかる消費税 = 課税対象額(商品代金+送料)の 60% × 消費税 8%

 

最初は関税の計算が難しく感じるかもしれませんが、
実際に始めてみるとだんだん慣れてきます。

 

 

税率はきちんと調べればわかることですし、
消費税も決まっています。

 

 

あとは仕入れ額と送料さえわかれば、
売り上げの予想が立てられますので、
いきなり仕入れをして赤字を出さないよう、
十分準備をしてから仕入れをしてみてください。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です