商品画像の作り方(MAC編)を始めから詳しく解説

どーも、Koichiです!

 

この記事では、
ヤフオク輸入で出品するための商品画像を
macで作る手順ついてご説明いたします。

 

 

商品画像作成の最も簡単な方法においては、
パソコンの初期状態に掲載されているソフトですぐに作れます。

 

 

スマートフォンの場合は
アプリをダウンロードするのでひと手間かかりますが、
やり方自体はカンタンです。

 

 

Windows(ウインドウズ)
Mac(マック)
Android(アンドロイド)
iPhone (アイフォン)

 

 

どれを使って画像は作成できますので、
一つ一つその使い方を順を追ってご覧ください。

 

商品画像作成手順

 

まずは欲しい商品画像のページをブラウザで開きます。

 

 

次にキーボードの「command」キーと
「Shift」キー、「4」キーを
同時に押します。

 

 

画面上のカーソルが矢印からターゲットマークに変わります。

 

ターゲットマークのカーソルのまま、
切り抜きたい画像の範囲をドラッグします。

 

 

範囲を選択後、
クリック一回でドラッグをリリースします。

 

 

それと同時に選択範囲の写真(スクリーンショット)が撮れます。

 

 

撮れた写真(スクリーンショット)は
デスクトップ上に保存されます。

 

 

 

画像作成方法は以上となります。

 

 

ただの画像切り抜きだけであれば、
一度手順さえ覚えてしまえば、
数秒程度でできてしまいます。

 

 

Windowsでやる画像作成方法はこちら
Androidでやる画像作成方法はこちら
iPhoneでやる画像作成方法はこちら

 

 

画像作成については、
アプリなどを駆使すれば、切り抜きだけでなく、
ネットショップの商品写真のような
より高度で完成度の高いものも
個人でも十分作れるようになります。

 

 

もちろん無料アプリでも十分作れます。

 

 

より高度な画像編集方法につきましては
説明もかなり長くなってしまいますので、
また別の記事にてご説明したいと思います。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です