商品画像の作り方(iPhone/iPad版)を始めから詳しく解説

この記事では、ヤフオク輸入で出品するための商品画像の作り方についてご説明いたします。

 

 

「画像作成」と聞くとめんどくさそう、とか難しそうなイメージがあるかもしれませんが、
最も簡単な方法においては、パソコンの初期状態に掲載されているソフトですぐに作れます。

 

 

スマートフォンの場合はアプリをダウンロードするのでひと手間かかりますが、やり方自体はカンタンです。

 

 

Windows(ウインドウズ) 
Mac(マック) 
Android(アンドロイド) 
iPhone・iPad (アイフォン・アイパッド) 

 

 

どれを使っても画像は作成できますので、 
一つ一つその使い方を順を追ってご覧ください。 

 

 

【iPhone, iPad編】 

 

まずは欲しい商品画像のページをブラウザで開きます。 
imagemaking_iphon1

 

次に、iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に押して画面全体の写真(スクリーンショット)を撮影します。 

imagemaking_iphon1-1

 

 

iPadの場合も同様、電源ボタンとホームボタンを同時に押して全体の写真(スクリーンショット)を撮影します。

 

imagemaking_iphon1-2

 

 

次に画像編集用のアプリをダウンロード/インストールします。 

ここでは「背景透過」という画像編集アプリ使います。 

App Storeを開き、検索欄に「背景透過」と入力し、検索します。 

imagemaking_iphon2

 

背景透過のアプリが表示されますので、「GET」をクリックします。 

 

imagemaking_iphon3

 

次に「INSTALL」をタップします。 

imagemaking_iphon4

 

ご自身のApple IDを入力し、「OK」をクリックします。 

iTunes Storeにサインインができると、自動的にアプリのダウンロードおよびインストールが開始します。 
imagemaking_iphon5

 

インストール完了後、背景透過アプリをタップします。 
imagemaking_iphon6

 

 

アプリのトップ画面より編集対象の写真を選択します。 
ブラウザから撮影した写真なので「アルバムから選ぶ」を選択します。 
imagemaking_iphon7
 

 

「カメラロール」をタップします。 
imagemaking_iphon8
 

 

先ほど撮った写真(スクリーンショット)をタップします。 
imagemaking_iphon9

 

 

編集画面より、画像の切り抜きたい範囲を選択します。 
選択するには縦横斜めそれぞれの矢印をドラッグして範囲を指定します。 

 

 

指定したら画面右上の「OK」をタップします。 
imagemaking_iphon10

 
切り抜きした画像を確認できます。 

 

カーソルを移動すると画面上に拡大された部分が表示されます。 

 

 

画像を保存する場合は、画面右上のメニューにある「出力」をクリックします。 

imagemaking_iphon11

 

保存する画像の背景を選択します。 
「透過」を選択すると背景が切り取られたバージョンで画像が保存されます。 
「白」を選択すると背景はそのままの状態で保存されます。 

 
この例ではとりあえず「白」を選択します。 

 

次に、画面下にあるオレンジ色のボタンをクリックします。 

 
このボタンなのですが、無料アプリのためか、 
ボタンの上に思いっきり猫の広告がかぶさって邪魔してきます(笑) 

 

 

広告の下にオレンジ色のボタンがはみ出ているのが見えるでしょうか? 
ちょっと押しづらいですが、この隙間部分をタップして保存は完了です。 
imagemaking_iphon12

 
 

最後にカメラロールに行って編集した画像を確認します。 
ちゃんと切り抜きができていることが分かります。 
imagemaking_iphon13

 
画像作成方法は以上となります。 

 
ただの画像切り抜きだけであれば、 
一度手順さえ覚えてしまえば、30秒程度でできてしまいます。 

 

 

Windowsでやる画像作成方法はこちら 

Macでやる画像作成方法はこちら 

Androidでやる画像作成方法はこちら 

 

 

画像作成については、アプリなどを駆使すれば、切り抜きだけでなく、 
ネットショップの商品写真のような 
より高度で完成度の高いものも個人でも十分作れるようになります。 

 

 

もちろん無料アプリでも十分作れます。 

 

より高度な画像編集方法につきましては説明もかなり長くなってしまいますので、 
また別の記事にてご説明したいと思います。 

 

 
今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です