HTMLファイルを簡単に作る方法をはじめから解説

どーも、Koichiです!

 

この記事ではHTMLファイルを簡単に作る方法について初めからご説明いたします。

 

 

商品ページをつくる際に、
HTMLファイルのつくり方を知っておくと
いろいろと便利です。

 

 

もちろん、HTMLファイルを作ってくれる
無料ツールもありますが、

 

 

ある程度、全体の体裁やデザインが決まっていたり、
いちいちツールを立ち上げないといけないため、
たくさん商品を扱うようになると、かえって面倒になります。

 

この記事ではHTMLのファイルのつくり方だけです。

 

 

テーブルを入れたり、
文字を編集したり、
などはまた別の記事でテーマごとに分けて
ご紹介いたします。

 

 

また今更HTMLファイルについての記事は
ネット上に山ほどありますし、
ビジネスでお金を稼ぐために
HTMLの技術的な細かい知識は
一切必要ありません。

 

 

ですので、この記事では
HTMLについての技術的な内容は一切書きません。

 

 

あくまで
「輸入ビジネスで使う商品ページを作る」
ということだけに重点を置きます。

 

HTMLファイルとは

 

ウェブページを作るためのHTMLという言語を使ったファイルです。
輸入ビジネスに全く必要ないので技術的なことは一切書きません。
(興味がある方は自信で検索してみてください)

 

ここでは「HTML=商品ページ」です。

 

以上。

 

HTMLファイルのつくり方

 

まずテキストエディタやメモ帳を開きます。
*ここでは「サクラエディタ」という
無料のエディタを使います。

 

ちなみにサクラエディタのインストール手順はこちら

 

 

エディタになんでもいいので文字を入力します。

 

例:「これはエディタです」

 

 

次に「ファイル」をクリックし
出てきたメニューの「名前を付けて保存」をクリックします。

 

 

「ファイル名」に保存するファイルの名前を入力し
「ファイルの種類」から「すべてのファイル」を選択します。

 

 

保存するファイル名の後ろの「.txt」という文字を
「.html」に変更し「保存」をクリックします。

 

例:「これはエディタです.txt」→「これはエディタです.html」

 

 

「これはエディタです.html」
という名前のファイルが作成されました。
*これがHTMLファイル、つまり商品ページとなります。

 

 

このファイルを右クリックし、
「プログラムから開く」を選択し
「Google Chrome」(グーグルクローム)
をクリックします。

 

 

*Google Chromeをインストールしていない方は
こちらの記事よりインストールが行えます。

 

 

グーグルクロームで
「これはエディタです」
と書かれたページが表示されます。

 

このファイルを実際にウェブ上にアップロードすれば、
ホームページなどのウェブページとして機能します。

 

 

 

HTMLとか言語ファイルとか、
難しい言葉を使わなくても
実は簡単にウェブページが作れてしまいます。

 

 

輸入ビジネスではこれを使って商品ページを作ります。

 

 

「でもページのデザインもないし、文字に色もないし、ただ文字列が表示されただけじゃん」

 

 

そうかもしれませんが、
とりあえずこのページでは
簡単なHTMLファイルのつくり方のみご説明しました。

 

 

デザインを付けたり色を付けたりするのは
また別の記事でその手順をご紹介いたします。

 

 

HTMLファイルを無料ツールで作ってもいいし、
この記事の手順を見て自分で作って
そのテンプレートをずっと使いまわししてもいいです。

 

 

僕は無料ツールよりこっちのほうが
早いし商品が売りやすいので
この方法を使っています。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

商品説明文の体裁をHTMLで整える手順を詳しく解説
商品ページに画像やリンクを挿入する手順を詳しく解説
テーブルのつくり方を詳しく解説
サクラエディタのインストール手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です