中国輸入仕入れサイト*タオバオ(taobao)の使い方を1から解説

どーも、Koichiです! 
 

この記事では中国輸入仕入れサイト*タオバオ(taobao)の使い方を1から解説していきたいと思います。 
 

タオバオとは 
 

中国のアリババという会社が運営するショッピングサイト(ECサイト)の1つで、主に消費者向け(BtoC)と位置付けられています。 
 

中国国内の様々なネットショップがタオバオに登録をし、商品を販売しています。 

例えるなら日本の楽天のような場所で、中国国内に住んでいる人が主に利用するサービスとなります。 

取り扱っている全部で8億点以上と言われており、商品は洋服から家電までありとあらゆるモノが日々売買されています。 
 

タオバオを介して流通する金額の総額は20兆円を超え、今後もこの数は伸びていくものと思われます。 
 

タオバオの利点 
*中国国内の物価で商品をオンライン上で購入することができる。 

*取り扱っている商品数が膨大なので、タオバオだけでもありとあらゆる商品を輸入して仕入れることができる。 
 

タオバオの欠点 
*商品は中国国内にしか配送できないため、日本や中国国外から商品を購入する場合は、代行業者に商品の転送を依頼する必要がある。 

*サイトのほとんどが中国語表記になっている。 
 

タオバオは消費者向け(BtoC)オンライン市場なので、個人でもパソコン1台あれば商品を輸入することができます。 

タオバオは中国輸入のメジャーな仕入れルートとなっています。 
 

タオバオサイトの基本 

 

まずタオバオのトップページへ移動します。 

 

 
 

商品検索欄 
 

検索欄にて商品のキーワードを入力し、商品を探します。 

*タオバオは中国語専用のサイトのため、キーワードも中国語で探します。 

(英語も使えますが検索でヒットする数は減りますので、現地で最も多くの人に使われている言語で検索するのが一番商品を探しやすいです。) 

 
 

商品カテゴリ 
 

トップページの「商品分?」というところに、衣類、家電、ホーム用品など、商品のカテゴリが並んでいます。 
 

探したい商品のカテゴリをクリックすると、更に細かなカテゴリが表示されますので、カテゴリを選びながら目当ての商品ジャンルまで絞り込んでいきます。 

 
 

とりあえずなんでもいいので画面上の商品をクリックするか、検索欄で商品を探して商品タイトルをクリックします。 
 

するとその商品の詳細ページが表示されます。 
 
 

商品詳細ページ 
 

商品詳細ページの各項目は下記のとおりです。 
 

1.商品タイトル 
 

2.取引記録| 累積評価 
 
 

3.販売価格 
オレンジの数字が中国元。JPYは日本円。 
*中国元と日本円の換算レートはこちら 
 
 

4.販売者名(お店の名前) 
 
 

5.数量 
購入したい個数を欲しい分だけ決めます。 
 
 

6.在庫数 
*残り2136個 
 
 

7.今すぐ購入 
 
 

8.カートへ入れる 
 
 

ざっとこんな感じです。 
 

中国のショッピングサイトといっても、ある程度は日本の楽天やヤフオクなどのサイトと似ている部分もあるかと思います。 
 

検索欄があって、商品カテゴリがあって、購入ボタンがあって・・・ 
 

こういう基本的なパーツといのは、世界各国のECサイトどこでも共通であります。 
 

あとは金額とか、販売者名とか、配送日時なども世界各国、どのECサイトでも共通して表示される必要最低限の情報です。 
 

これらは単語レベルですので、翻訳サイトや自動翻訳で1回だけ覚えてしまえば、あとは毎回同じ手順で商品を購入すればいいのですから、言語の壁をそれほど怖がる必要はありません。 
 

特に日本語と中国語で共通する漢字がありますね。 

今日つする漢字から、なんとなく予想して理解できそうな部分も結構あったりします。 
 

その他の細かいところは、翻訳サイトやグーグルクロームの自動翻訳機能を使えばさらに内容が分かりやすくなると思います。 
 

翻訳サイトについては、 
グーグル翻訳 
エキサイト翻訳 
 

グーグルクロームの自動翻訳についてはこちらの記事でご紹介していますのでよろしければ合わせてご参照ください。 
 

海外のECサイトもしょっちゅう見ていれば、慣れてきますから怖がらずにどんどん翻訳しながら研究してみてください。 
 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です