【低資金の輸入転売】インターネットでどうやってお金を稼ぐのか?

 

どーも、Koichiです!

 

 

この記事では輸入転売ビジネスを始める前の基礎として、
「インターネットでどうやってお金を稼ぐことができるのか?」
という疑問について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

この質問に対して、まずはじめに
「どうやってお金を稼ぐのか?」という問いを
本質まで落とし込んでご説明したいと思います。

 

お金はどうすれば稼げるのか?

 

なんだか気になるタイトルですが、
そもそも「お金とは何か」と考えるところからはじめてみます。

 

色々な答えがあるかと思いますが、ここでは分かりやすく、

 

 

お金とはエネルギーみたいなもの

 

 

という感じで覚えておいてください。

 

 

あくまで、例えとして「お金=エネルギー」という感じです。
ところで、私たちの住む物理世界でもエネルギーがあります。

 

 

熱とか、電気とか重力とか。

 

 

物理世界のエネルギーは、自然界の法則に従って空間を流れています。

 

 

実は面白いことに「お金のエネルギー」も
物理世界のエネルギーと同様に
ある法則によって流れています。

 

 

それは経済界に存在する「高低差」によって生まれる法則です。
すごく当たり前なことを言っているかもしれませんが、
熱は温かいトコロから冷たいトコロへ流れていきます。
水は高いトコロから低いトコロへ流れていきます。

 

 

それと同じように、

 

 

お金は知識の低いところから高いところへ流れていきます。
お金は需要のあるところから供給するところへ流れていきます。

 

 

この法則は輸入転売ビジネスに限らず、
あらゆる全てのジャンルの商売において当てはまります。

 

 

それでは、輸入転売ビジネスにおける「知識」とはなんのことでしょうか?

 

 

また「差」とはなんでしょうか?

 

輸入転売ビジネスにおける知識の差

 

「輸入」と聞くと「外国のものを売る」と連想します。
海外から国内に商品を流通させる、と連想したり、
国外に外貨を流通させると連想するかもしれません。

 

 

その解釈は正しいと思います。

 

 

次にもう少し本質的に見てみたいと思います。

 

 

輸入ビジネスでは、
人々の間に存在する輸入商品や仕入れに関する知識の差を見つけ、

 

知識のないところ(人)から知識のあるところ(人)へお金の流れを生む、ということ。

 

 

そしてその知識の差を活用し、
商品を仕入れたり、需要を作ったりし、

 

 

需要のあるところ(欲しい人)から供給するところ(人)へお金を流すこと。

 

 

という様に考えることができます。

 

知識のないところからあるところへお金が流れる

 

もう少し分かりやすく言うと、

 

 

何かしら商品を買いたい、と思っている人は、
自分では「商品や仕入れに関する知識」がないため、
自分の代わりに誰かにお金を払って自分の欲求を満たしたり、
問題を解決したりします。

 

 

「商品や仕入れに関する知識」とは

 

 

ある人にとっては、「その商品は自分で仕入れできることを知らない」
ある人にとっては、「その商品がもっと安く仕入れられることを知らない」
ある人にとっては、「外国語を知らない」
ある人にとっては、「インターネットで海外から商品を買う方法を知らない」
ある人にとっては、「関税や外国の法律など知らない」
ある人にとっては、「国外の商品をクレジットカードで買うことが安全であるかどうかを知らない」

 

 

など。

 

 

「知らない」と「知ってる」の間には差が生まれます。
「知らない」から「知ってる」へ向かってお金が流れます。

 

 

これがお金が生まれる法則です。

 

需要のあるところ(欲しい人)から供給するところ(人)へお金が流れる

 

そして「知識の差」がやがて需要まで発展していきます。

 

 

「輸入商品なら安全な日本人の業者から買いたい」
「リアル店舗では売っていない商品だからここで(ネットで)買う。」
「商品について詳しくしない、他で安く買える術を知らない、
そもそもそれを調べる時間がない。だからちょっとくらい高くてもこのお店から買う。」

 

 

など。

 

 

「知識の差」が「需要」に繋がっていきます。

 

 

このように、資本主義ではあらゆるところに「経済の歪」
のようなものが存在していて、
それは絶えず生まれては消える水の泡のように
次々に発生します。

 

 

そのような「差」を見つけ出し、
その差を埋めることができれば、
お金は自然と、差を埋めた人のところへ流れるようになっています。

 

 

今回の記事のテーマ

 

 

「インターネットでどうやってお金を稼ぐのか?」

 

 

という問に答えるのなら、
先程説明した「差」(あるいは経済の歪)
をインターネット上で見つけ出し、
その差を埋める。

 

 

というのが答えになります。

 

 

輸入、国内転売、輸出、アフィリエイト。

 

 

インターネット上において、
「差」はどこにでも存在しますが、
このブログでは「輸入」において
その差を見つける方法と差を埋める方法、
をお教えしています。

 

 

今はパソコン1代あれば、
世界中どこにいようと輸入ビジネスをして
正しい手順を行えば、リスクを追わず、
誰でも比較的簡単にお金を稼ぐことができる便利な時代となりました。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です