稼ぐ人のお金の正しい使い方

どーも、Koichiです!

 

 

この記事では稼ぐ人がやっている
お金の正しい使い方について
詳しく解説していきます。

 

 

お金の正しい使い方とは
お金を使い、使った分以上に得る
ということを意味します。

 

 

お金を使ってお金を増やす

 

 

このことを知らない
あるいは興味がない場合、

 

 

その人にとってお金とは
ただ単に使うものであり
使うと減るもの

 

 

というように認識しています。
それがその人にとっての常識
となります。

 

 

しかし逆に、
投資やビジネスをする人にとって
お金は使えば増えるものであり、
それがその人の常識です。

 

 

お金を使って
お金を増やすことは
可能です。

 

 

しかしそうするためには、
お金を使ってお金を増やす考え方
を知っておく必要があります。

 

投資・消費・浪費

 

お金には
「投資・消費・浪費」
3つの使い方が存在します。

 

 

投資とは

 

お金を使い
使った分以上の
お金や価値を得ること

 

 

消費とは

 

お金を使い
使った分と同等の
価値を得ること
(等価交換)

 

 

浪費とは

 

お金を使い
使った分より少ない
価値を得ること

 

 

投資

まず投資と聞くと、
株式投資とか不動産投資など
想像するかもしれません。

 

 

あるいは

 

 

投資は危険とか
投資はギャンブルだ
と思うかもしれません。

 

 

実際に投資とは

 

 

株式や不動産も含め、
もっと広い範囲で
お金を有効に活用することを
意味します。

 

 

例えば、

 

 

良い大学に出て
良い会社に就職するために
良い学校、塾、教材などに
お金を使うことがありますが、

 

 

世間ではよく
教育は先行投資だ、
なんて言われたりします。

 

 

良い会社に入り
大学の学費以上に
お給料がもらえたら、

 

 

学費に使った以上のお金を
給料として得続けるのですから
これも投資になります。

 

 

あるいは、

 

 

ある女性が
メイクや洋服やエステなどに
多額のお金をかけて
自分磨きをしていたとします。

 

 

それで毎週のように
パーティーやイベントに参加し
たくさんの人と交流し
人脈を作るとします。

 

 

ある日、

 

 

彼女は自分の目標にしていた
理想の男性と出会い、
結婚し目的を達成します。

 

 

彼女にとっては、
自分磨きに使ったお金は、
理想の結婚相手を得る、
という立派な投資になります。

 

 

なぜなら

 

 

彼女にとって理想の相手が
使った分以上の価値
であったからです。

 

 

あるいは、

 

 

空を飛ぶことが夢である人が
小型のプロペラ機に乗って
海外の島々を飛行する

 

 

というサービスに
お金を払って
体験したとします。

 

 

人生で初の小型プロペラ機。
上から地上を見下ろしたり、
空中を飛行機で回転したり、

 

 

日常では味わうことができない
有意義で素晴らしい体験を
得ました。

 

 

その人にとっては

 

 

空中飛行に支払ったお金は
それ以上の価値だったのですから
彼にとってこれは投資になります。

 

 

投資とはお金を使い
使った分以上の
お金や価値を得ること

 

なのです。

 

 

消費

次に消費についてです。

 

 

消費は普段から
日常的に行われています。

 

 

お金は使ったら減るもの
という常識が定着している理由は
多くの人がお金を消費として
使っているからです。

 

 

スーパーで食材を買ったり
家賃を払ったり
水道代を払ったり。

 

 

消費はいわば
等価交換のようなものです。

 

 

手元にあるお金を

 

 

スーパーの大根に交換する
ガソリンに交換する
家賃という名の
「住まわせてもらえる権利」
と交換する

 

 

現代において、
日本を含め世界中の国々で
未だに多くの国民は

 

 

「投資家」ではなく
「消費者」として
国を挙げて教育されています。

 

 

小学校の算数で教わる例題は
大根をいくらで買ってお釣りはいくらか
というような消費についての問題です。

 

 

投資については
学校ではほとんど学べません。

 

 

小さいうちから
消費者として教育され
「お金は使えば減るもの」
という考えがベースにある以上、

 

 

多くの人は
消費者意識から
なかなか抜け出すことができせません。

 

 

浪費

最後に浪費についてです。

 

 

浪費とは
お金を使って
価値の低いものを得ることです。

 

 

「価値の低い」とは

 

 

金銭の損失
感情的価値の損失
機会損失

 

 

の3つがあります。

 

 

金銭の損失は、

 

 

例えばある日、
街先の店でなんとなく
洋服を見ていたら、
店員さんに商品を勧められ、
そのまま買ってしまう、

 

 

というようなことです。

 

 

いっときの感情で
必要ないものを買い
金銭を損失することです。

 

 

感情的価値の損失とは、

 

 

例えば

 

 

お昼ご飯を食べに
知らないお店に入ったら、
注文した料理がまずかった。

 

 

というようなことです。

 

 

払ったお金に見合う
満足感(感情的な価値)
を得られず損をすることです。

 

 

そして上の2つの例には
それぞれ「機会の損失」という
第三の見えない損失も含まれています。

 

 

もし洋服を買っていなかったら、
もしまずい昼ご飯を食べなかったら

 

 

そのお金を違うことに使って
もっと有意義に過ごせたかもしれない。
価値ある使い方ができたかもしれない。

 

 

これが機会損失です。

 

 

このようにお金には
「投資・消費・浪費」
3つの使い方があります。

 

 

今までは

 

 

ただなんとなく
お金を消費したり、浪費したり
あるいは貯金したり
していたかもしれません。

 

 

しかし、

 

 

お金を増やしていくには
お金の使い方を理解し、
増やす使い方をしていく必要があります。

 

稼ぐ人のお金の正しい使い方

 

稼ぐ人は、
投資・消費・浪費を把握し
お金の使い方をコントロールしています。

 

 

稼ぐためにはまず始めに
浪費をできる限り無くます。

 

 

次に消費を必要最低限にとどめます。

 

 

そして
残りを全てを
投資に回します。

 

 

ちなみに貯金は投資ではありません。
貯金は活用しないお金(死に金)と呼ばれます。

 

 

貯金は
投資でも消費でも浪費でもなく
ただ不活性のまま眠っているお金です。

 

 

残り全てを投資に回す!?

 

 

投資と聞いて
恐怖を連想する人は
全てを投資に回すことは
信じられない行為と思うかもしれません。

 

 

そういう人は
投資ではなく貯金を行う傾向にあります。

 

 

ただ、

 

 

投資とは全額を
株式や不動産、FXにつぎ込んで
博打を打つ

 

 

ということでは決してありません。

 

 

冒頭にも書きましたが、
塾や学校も投資ですし、
自分磨きも投資です。

 

 

お金を効率よく増やすには
ギャンブル的なことにお金を使う
ということではなく、

 

 

教育や自分磨きなど
自己投資にお金を使う
ということです。

 

 

稼ぐ人は毎月の収入から
最初に投資の分のお金を確保します。

 

 

例えば

 

 

収入が入ったら例えば
3割は必ず最初に
投資用のお金として確保します。

 

 

そして残りの何割を貯金
あまりを生活費

 

 

という感じに
最初に投資のお金を確保し
次に貯金や消費のお金
を確保します。

 

 

このような優先順位が大切です。

 

 

最初からその月の
お金の使い方を
きっちり分けてしまいます。

 

 

こうすれば最初から
浪費が入ってくる余地は
なくなります。

 

 

そして投資のお金を使い
賢くお金を増やしていきます。

 

 

しかし

 

 

投資と聞いて、
一体どうやって
そのお金でお金を増やすんだ?

 

 

と思われるかもしれません。

 

 

次に投資のお金を使って
お金を増やす人と、
投資のお金を使って
お金を減らす人の違い
について解説いたします。

 

投資をしてお金を増やす人、減らす人

 

まず初めに
投資のお金を使って
お金を減らす人

 

 

こういう人は
株、不動産、FX、ビジネスなど
知識、経験がないうちから手を出し

 

 

やら方を知らずに失敗し
お金を失います。

 

 

いきなりこういうものに
お金をつぎ込んでは危険です。

 

 

正しい投資の仕方や
正しいビジネスの仕方

 

 

これらを覚える前に
いきなりお金を使い
そして失います。

 

 

一方で

 

 

投資のお金を使って
お金を増やす人は
投資用に貯めたお金を使って
自己投資を始めます。

 

 

自己投資とは
自分の頭への投資です。

 

 

お金に関する知識、
投資やビジネスの知識
問題解決の考え方
成功哲学

 

 

など

 

 

これらを
自分の頭に入れ
学んでいきます。

 

 

自己投資の方法は沢山あります。

 

 

その分野の本を読む。
その分野に関連しない本も読む。
その分野のセミナーに参する。
その分野で実績がある人に聞く。
コンサルを受ける。

 

 

良い会社に就くために
大学や塾や教材に
お金と時間をかける

 

 

これと同じですね。

 

 

そして自己投資をしながら
少しずつ小さく始め
経験値を蓄えていく

 

 

このステップが大切です。

 

 

なぜなら、
知識のインプットだけでは
意味がありません。

 

 

学んだら、次にそれを
大きな失敗をしない程度に
小さく少しずつ実践してみることです。

 

 

これが鉄則です。

 

 

下の表に
稼ぐ人の正しいお金の使い方と
そうでない方のお金の使い方
について表でまとめました。

 

 

表の左側から右側に行くほど
お金が増え、
下から上に行くほど
お金が活用されます。

 

 

一番お金が増えないのは、
左下の消費浪費のみを行う人です。

 

 

すべてのお金が
消費浪費に消えるため、
投資や貯蓄のためのお金がありません。

 

 

右下の人は
消費浪費を抑えるため、
貯金するためお金は増えます。

 

 

しかし投資をしないので
お金を活用できず、
貯金という死に金として眠り続けます。

 

 

左上の人は消費浪費を抑えますが、
余ったお金を自己投資せず、
いきなり株や不動産など、
金融商品に投資をしたり、
何かしらビジネスを始めますが、
知識も経験もないため失敗してお金を失います。

 

 

右上の人は消費浪費を抑え、
余ったお金を自己投資に使い
その後、金融商品への投資や
ビジネスを起こすなどをして
お金を増やしていきます。

 

 

この表を参考にし、
ぜひ今手元にあるお金を
有効にご活用いただけましたら幸いです。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です